Pocket

過激な発言で度々話題となるホリエモンこと堀江貴文さん

出典:http://tk.ismcdn.jp

あまりに極端な意見を発することからアンチも多いようですが、一方で強い憧れを抱く若者も多いようです

そんな堀江さんですが、意外と思われる方もいるかもしれませんが実は過去に結婚していた時期があります

まだ捕まる前ですね・・・

当時は彼女ではなく他の女性と結婚したため会社の中ではかなり大きいもめ事になったとか(笑)

その頃の影響も大きいのか今では「結婚にメリットはない」と言い切っています

堀江さんの意見なんか聞きたくないという人も多いかもしれませんが、人格はともかく頭の良さは抜群なのでそこには彼なりの根拠があるのでしょう

今回は堀江さんの結婚観について見ていきたいと思います

スポンサードリンク

堀江貴文は実は結婚をしていた

堀江さんが結婚をしたのは1999年、まだ27歳の時だったといいます

長い交際を経てからの結婚ではなく、付き合い始めてから半年のいわゆる「できちゃった結婚」

とは言え当時多忙を極め、肉体的にも精神的にも疲弊していた堀江さんを癒す存在であり、堀江さんは「話していてリラックス出来る女性で、愛があっての結婚だった」と語っています

出典:https://cdn.camp-fire.jp

しかしもちろん「できちゃった結婚」ということなので、子供もいるわけですが、常に仕事を最優先に考える堀江さんと子供が第一で家庭優先の奥さんでは完全に水と油

結局2年後にはお互い同意の上離婚をすることになってしまったそうです

結婚を巡って元カノと大論争

堀江さんは共にライブドアを立ち上げた彼女がいました

当時は彼女の親から600万円を借り、彼女の親も自分の娘と堀江さんが結婚するものだと思っていただろうと語っています

しかし実は堀江さんが結婚したのはこの女性ではありません

先ほど結婚したとして紹介した女性は、たまたま職を探していたため堀江さんが採用した女性です

共に会社を創業した彼女は結婚できるものだと思っていたのですが、その期待を見事に裏切り他から連れてきた女性と子供を作った堀江さん

当然最初の彼女は大激怒して、堀江さんと婚約者の3人で大論争となったようです

当時の様子を堀江さんはこう振り返ります

「もう、ダダ揉めで。。。半年ぐらい経って、最後、会社が修羅場になって」

付き合っていた彼女なのか、婚約した女性なのかは分かりませんが、いよいよ怒りが頂点に達した時のキレっぷりはかなりのものだったようで、顧客の情報が入ったフロッピーディスクをバキバキにされ、パソコンも粉々に

さらにこの騒動を機に、会社の従業員も10人ほど辞めてしまったといいます

おそらくこのような争いがあまりにも普通の会社とはかけ離れていたために、愛想を尽かして出ていったのではないでしょうか

出典:https://contents.newspicks.com

ホリエモンが語る「結婚にメリットはない」

堀江さんは過去に経験から「結婚にメリットはない」と言い切ります

理由は「結婚すると、女性は安心して態度変わる。」だそうで、さらに「変わるって分かってるのに、また再婚したいって、ただのマゾだと思う」とまで言っていました

要は結婚することにメリットは感じなく、まして再婚するなんて考えられないということですね

まあ全員が全員変わるわけではないでしょうし、もっと言えば態度が変わるのは女性よりも男性のような気もするのですが・・・

何より女性の態度が変わったというのは、結婚したからよりも子供が出来たからだと思います

しかし自由奔放で好き勝手に生きていきたいという堀江さんとしては、家庭優先であったり家族サービスをしなければならないというのは嫌なのでしょう

出典:http://2.bp.blogspot.com

スポンサードリンク

ホリエモンを困らせた“親戚付き合い”

これはおそらく堀江さんが有名人だったからこそ生まれた問題でしょうが、結婚した当時堀江さんは親戚付き合いに非常に頭を悩ませた言っています

結婚に関して「よくわかんない親戚がついてくる」と言い、なんでも「アヤシイ水」を売ってる親戚から、ホームページ作成の依頼がくるんだとか・・・

やはり親戚だということからさすがの堀江さんでも断り難い人も多く、そのような人から依頼が来てしまうのが非常に苦痛だったようです

これは中々凡庸な一般人にはないことかもしれませんが、商売をしたい嫁側の親戚はまさに水を得た魚状態だったのでしょう

親戚に「時代の寵児」とまで呼ばれた堀江さんが入ってきたことに喜びを感じたのでしょうが、堀江さんからすればたまったもんじゃないですよね^^;

出典:http://tk.ismcdn.jp

家族制度は生き残るために作られた!?

堀江さんは過去に家族制度について面白い説を話していました

家族制度っていうのはそもそも太陽の運行に支配されているっていう話があって。これは僕の大学のゼミの先生で、船曳建夫さんという教授が唱えた説なんだけど。近代以前の農耕生活をしていた頃っていうのは、まだ個人っていう概念がないわけでしょ。土地を息子一人で相続していって田畑の分割を防ぎ、年老いて自分では耕せなくなっても野垂れ死なないようにしていた。要は社会で生き残るために、家族制度が必要だった。

昔は家族制度が必要だったけど、今では無理に家族を作る必要はないということですね

出典:hhttp://careersupli.jp

さらに独身でいることにこのような持論も展開しています

今、生涯未婚率が史上最高で、でも40代未婚男性で幸せを感じてる人は36パーセントしかいないっていうデータがあるんだけど、みんなずっと同じ人と一緒にいるってことに縛られすぎだと思うんだよね。

いつも常識に対して疑いの目を持ち、突飛な持論を展開する堀江さんですが、これまた日本人にとっては新たな視点をくれる考え方ではないでしょうか?

しかし少子高齢化が進む現在の日本で、未婚率が増えるのも大きな問題となっています

個人個人の幸せを考えて発言するのももちろん必要ですが、今の状況ではもっと大きな視点を持って意見を発するべきのようにも思えますが・・・

出典:http://netgeek.biz

<こちらの記事もオススメですよぉ~^^>

>>堀江貴文が本田圭佑を絶賛するのは何故!?堀江貴文が新世代に求める人物像とは!?

スポンサードリンク
Pocket