Pocket

現在日本代表の監督を務めるバヒド・ハリルホジッチ監督

やはり日本人ではないためか、我々から見ると非常に変わった性格に思えますよね

感情を抑えることが出来ず、独裁的で変わり者―

そんなイメージを持つ人も多いかもしれません

しかしこのようなイメージはまさにハリル監督の核心をついたものであり、2017年8月31日に行われた日本対オーストラリア戦では通訳を払いのけ審判に激高するシーンがありました

ハリルを制止するために通訳を増員?

ハリルホジッチ監督は日本代表の監督に就任してからサッカーへの理解も深いと言われている樋渡群さんを自身の担当通訳として抜擢してきました

しかし2017年3月16日に行われたW杯アジア最終予選B組のUAE戦とタイ戦に向けた日本代表25人を発表する際にハリル監督の通訳を務めたのは樋渡通訳でなく羽生直行さんだったようです

就任から2年間も務めてきたのに、急な交代だったわけですが、一体何があったのでしょうか?

実はこの通訳交代はハリル監督の“有事”に備えた人事であると言われており、試合中にあまりにも熱くなりすぎるハリル監督の制御役として抜擢されたようです

というのもご存知の方も多いかもしれませんが、ハリル監督は感情をモロに表に出すタイプであり一度激高すれば相手が審判であろうと喰ってかかります

時にはピッチの中に入ろうとして日本代表スタッフが総出で止めに入ることも・・・

そんなハリル監督の姿勢を危険に思った日本サッカー協会は過去にアギーレ監督の通訳を務めた際、見事に“有事”を乗り越えた羽入通訳を抜擢したということです

一方で樋渡通訳は指導者の経験もあり非常にハイスペックな人材ではあるものの、ハリル監督と同じく熱くなってしまう傾向にあったといいます

そのため監督の制御役として樋渡通訳よりも羽入通訳の方がぴったりだったわけですね

ある日本代表スタッフは「樋渡通訳は指導者としての経験もあり、とても優秀な人材。しかしハリル監督と一緒に熱くなってしまう傾向があった。一方の羽生通訳は、解任されたアギーレ監督の通訳として“有事”を乗り切った経験がある」と指摘。新たに就任した羽生通訳はハリル監督の制御役も兼ねるというわけだ。

ハリル監督がコミュニケーションで使う主な言語はフランス語と言われていますが、羽入通訳は短期間でそのフランス語を習得するという有能ぶりを見せたそうです

この交代を受けてハリル監督は「選手も代われば、通訳も代わります。次は私が交代しましょうか? 皆さん(報道陣が)喜ぶでしょう」と皮肉たっぷりのジョークを飛ばしたそうですよ^^

スポンサードリンク

通訳を払いのけ猛抗議!!

2017年8月31日に埼玉スタジアム2002で行われた『W杯アジア最終予選、日本-オーストラリア』にてハリルホジッチ監督が試合中にエキサイトし、通訳を務める樋渡群さんを払いのける一幕がありました

日本の左サイドで、日本ボールのスローインになったかのように見えた場面で、審判はオーストラリアボールと判定

この判定にハリル監督は激高し審判に詰め寄りました

あまりにもしつこく抗議すると退席処分になることもあるため、通訳である樋渡さんは必死に止めに入りましたが、ハリル監督はそれを払いのけ審判に怒りをぶつけました

この時の動画がこちらです

※配信元の都合により動画のリンクが切れている場合があります

12秒頃に樋渡通訳を払いのけ、一瞬ほど睨み付けていますね

先ほどの記述とは違い樋渡通訳は冷静にハリル監督を止めに入ったわけですが、簡単に払いのけられてしまいました(-_-;)

実はこの場面ばかりが有名となっていますが、最初の時点でもスタッフを突き飛ばしています

個人的に見ていてこの場面のあの判定1つでここまで怒るのはどうだろうとも思いましたが、やはりそれだけ掛ける思いも大きかったのでしょう

日本人と比べて外国人は感情表現が豊かで怒りなどの感情を表に出しやすいという話はありますが、ハリルホジッチ監督はどこの国で見ても少し特殊なのではないでしょうか?^^;

スポンサードリンク

ついたあだ名は“恐怖のジャムおじさん”?

ハリルホジッチ監督といえば以前からアインシュタインに似ているとよく言われていますよね

ネット上にはこのような比較画像まであります

しかしすぐに激高するところやベンチ前で立ちながら叫んでいるところを見ると、とても科学者というような雰囲気には見えません

そんなハリルホジッチ監督にネット上では“恐怖のジャムおじさん”というニックネームを付ける人がいるようです(笑)

確かに少し似ていますよね^^;

面白かったので取り上げてみましたが、言い得て妙といった感じで非常に面白かったです

外見だけを見ると一見温厚そうで「優しいおじいさん」というような雰囲気が出てますもんね

しかし一旦スイッチが入るともう止まりません

もしかしたら日本にはこのような感情を表に出すタイプの監督が必要なのかもしれませんが、会社の上司にハリル監督みたいな人がいたら少し嫌でしょう(苦笑)

とは言え現時点では一時は厳しいと言われたW杯アジア最終予選を見事に突破してくれたのですから、その手腕は信じて良いと思います

これからも冷静な戦術眼と熱いスピリットで日本を勝利に導いてくれることを期待しています^^

スポンサードリンク
Pocket