Pocket

実力と人気を兼ね備えポスト浅田真央として期待されている本田真凜さん

真央2世なんて言われていますが、正直浅田真央さんを越えてしまうのではないでしょうか?

そんな本田真凜さんが人気子役の本田望結さんのお姉さんだということは有名ですよね

本田望結さんも子役とスケートを両立するという離れ業をやってのけています

本田家の兄弟は本田太一さん、本田真凜さん、本田望結さん、そして本田紗来さんと錚々たるメンバーが名を連ねており、かなり優秀な兄弟として期待されています

しかし本田家には実は本田太一さんよりも年上の長女がいたのですね

あまり存在は知られていませんが、他の兄弟と比べて驚くほどメディアに出てきません

一体どうしてでしょうか?

今回は本田真凜さんのお姉さんについて見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

本田真凜の姉の名前は本田真帆

一般的に本田家の家族構成として知られているのが『父・本田竜一、母・真紀、太一、真凜、望結、紗来』だと思います

しかし実は長女に本田真帆さんという方がいられるのです

他の兄弟と比べて全く表舞台に出てこないため、あまり知られていないのですが、なぜここまでメディアに出てこないのでしょうか?

本田真凜の姉には障がいがある?

真帆さんが表舞台に出てこない理由として「障がいがあるからではないか?」という噂が出ているようです

いかにもネット上で創作された噂という感じですね(笑)

この手の噂は多く最も典型的なのが、有名人の子供をダウン症ではないか?と疑うパターンだと思います

うんざりしている人も多そうですね

そして詳しく調べてみたところやはり真帆さんが障がい者であるという噂は根も葉もない噂でした

真凜さんのインスタなどを見ても兄弟として入っているのは常に太一さん、望結さん、紗来さんのいずれかであり、SNSにも真帆さんは一切登場しません

その理由をファンが何となく推測したところ「障がいがあるからか?」という噂が出たのですね

しかし単純に考えてみれば他の兄弟とは違い真帆さんは一般人なわけですから

出てこなくても当たり前ですよね

普通に考えれば一般人がメディアや有名人のSNSに出ないのは当たり前ですが、他の兄弟があまりにも特殊だったため、ある意味普通の真帆さんが変な目立ち方をしてしまったということです

真帆さんは現在(2017年10月17日)は22歳ということなので、普通に就職しているか大学生だと思います

もしかしたら他の兄弟にコンプレックスを感じている部分もあるのかもしれませんが、やはり真帆さんが出てこないのは特別な理由があるからではなくて、単に「一般人だから」と考えるのが妥当でしょう

スポンサードリンク

フィギアスケートのお金はどこから出ているのか?

フィギュアスケートには尋常ではないほどのお金がかかります

道具や衣装、練習場所や遠征費などで月に20万円から30万円はかかると言われています

またレベルが上がればさらにお金はかかる世界で、海外遠征やコーチを付ければ当然出費は増えますよね

トップクラスのフィギュアスケート選手の育成には最低でも年300万円必要だと言われていますし、本当にトップレベルの選手では年間2000万円以上必要だとも言われています

事実真凜さんも憧れる荒川静香さんは5歳からスケートを始めて、オリンピックで金メダルをとるまでの20年間で2億円以上かかったといいます

フィギュアスケートにいかにお金がかかるかお分かりいただけたでしょうか?

本田家の場合は真凜さんだけでなく、長男の太一さん、三女の望結さん、そして四女の紗来さんと4人もフィギュアスケートをしています

最低と言われた300万円で計算したとしても単純に4倍で年間の出費は1200万円ですよね

しかも関西大学経済学部に入学した太一さんの初年度納付金は113万7000円、関西大学高等部に通う真凜さんの初年度納付金は119万8000円、関西大学中等部に通う望結さんの初年度納付金は113万円と莫大なお金がかかっています

さらに望結さんと紗来さんは子役としても活動しているためそこにもかなりのお金がかかっていることでしょう

4人がフィギュアスケートをし、それぞれが有名私立学校に通い、そして下の2人が子役として活動・・・

一体これを実現させるのにどれだけのお金がかかるのでしょうか?

少子化の時代で子供すら産めないという人もいる中、5人も産みそれぞれにこれほどのお金をかけているとなると本田家はかなりの金持ちだということでしょう

ここまでのお金を一体どうやって生み出しているのでしょうか?

本田真凜の父親の職業は?

子供の教育に相当お金をかけているということで、真凜の父親の職業は何なのか?とファンの中では長年の疑問となっていました

様々な噂が立てられ「医者、弁護士、パイロット」などネット上には色々な説があります

しかし実際にお金持ちなのは父親である本田竜一さんではなく、実は真凜さんの祖父だったようです

お金持ちは親ではなく祖父だった!!

真凜さんの父親である竜一さんはアスリートである子供たちのサポートのため主だった仕事は出来ないでそうです

ではなぜここまで資金があるのか?

実はその稼ぎは真凜さんたちの祖父のものだったのです

真凜さんの祖父は会社を経営しており年商20億円企業の社長だと言われています

しかも会社を4つ経営するほどのやり手だとか・・・

しかし詳しく調べてみたところ真凜さんの祖父について『「本田味噌グループ」の社長である』という説と『精密機器物流運送サービス会社の会長』であるという説の2つがあるようです

本田真凜の祖父は本田味噌グループの社長!?

まず1つ目の説は真凜さんの祖父が本田茂俊さんという方であり『本田味噌グループ』を経営しているというものです

なんと会社を4つも経営しており、グループ会社の年商は20億円なんだとか・・・^^;

詳しく調べてみたところこのようなデータに行きあたりました

株式会社本田味噌本店(西京(さいきょう)味噌グループ)

設立:1950年7月

代表取締役:本田茂俊

従業員:91名(関連会社を含む)

資本金:1500万円

売上高:26億円6400万(2015年6月)

味噌製造販売やソース、しょうゆ、調味料の販売などをしているようです

さらに本田茂俊さんは周囲に『孫には一人1000万円かかるんや』と話していたといいます

ちなみに本田茂俊さんの画像がこちらです

あまり真凜さんたちとは似ていませんね(まぁ異性だから当然か(笑))

しかし現時点で本田茂俊さんが祖父であるという情報はあくまで推測の段階であり、正式に真凜さんの祖父として公表されているわけではありません

本当は味噌屋ではない?

ここまで紹介した真凜さんの祖父が本田茂俊さんであるという説は週刊誌『女性自身』に取り上げられた際、真凜さんの祖父に関して「4つの会社を経営している」「年商は20億円を超える」と記載されていたことからファンが推測した噂でした

しかしその後『週刊新潮』によってより詳しい情報が公開されたのです

『週刊新潮』によると真凜さんの祖父は精密機器関連の製造から運送やメンテナンス、保管までを行う会社を経営しているといいます

「本田味噌」とは全くジャンルが違うようですね

真凜さんの祖父は運送業者の娘と結婚し婿養子になり、その後通常の運送業から高額な精密機器を運ぶ物流会社に変更したそうです

さらに設置もメンテナンスも請け負うなどかなり仕事の幅を広げたんだとか

精密機械ともなると一台でも何億円もするので、それを運び設置するとなると、一回の取引でも売り上げは数千万にもなるようです^^;

真凜さんの祖父はこのようなシステムをいち早く構築し、現在は関連会社4社で年商20億円にまでなっているということです

現在は真凜さんの父・竜一さんではなくその弟が中心となって会社を経営しているそうです

竜一さんは真凜さんやその他の兄弟をサポートすることに忙しいため、中々このような仕事は出来なかったのですね

そのため竜一さんは会社の役員と株主での収入がほとんだといいます

ちなみにこの運送サービス会社は京都市伏見区に本社を構える「丸一商事株式会社」ではないか?という噂が出ています

「丸一商事株式会社」は取締役会長が本田一三という方に、そして代表取締役が本田淑久という方だと記載されています

さらに関連会社は「アルコム株式会社」「カズテック株式会社」「ゼロワンテック株式会社」と記載されているため、これで「丸一商事株式会社」を合わせると『女性自身』による報道通りに4社ということにもなりますよね

おそらく本田茂俊さんという説よりもこちらの方が信憑性が高いと思われます

まぁ謎が多い中、ほとんど情報がないため色々と噂が立ってしまっていますが、おそらく真凜さんの祖父は本田一三さんという方だと思いますよ^^

スポンサードリンク
Pocket