Pocket

19歳ながら乃木坂46の中心メンバーとして活躍する齋藤飛鳥さん

小顔が特徴で現在はグングン人気が上がっていますよね^^

最近ではスニッカーズのCMでも良く見ると思います

そんな齋藤飛鳥さんですが、実は日本人の父親と外国人の母親を持つハーフのようです

あまりローラさんやダレノガレ明美さんのような雰囲気は感じられませんので、これは少し驚きですね(笑)

さらになぜか齋藤飛鳥さんについて調べていると“ゴミ”というワードが出てきます

一体これはどういうことでしょうか?

今回は齋藤飛鳥さんの家族、そして“ゴミ”と言われる理由について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

齋藤飛鳥はアジアとアジアのハーフ

冒頭でも紹介したように、齋藤飛鳥さんは日本人と外国人の血が混ざったハーフです

ハーフといえばローラさんやダレノガレさんのような、堀の深い顔立ちを連想してしまいますが、齋藤さんはどちらかというと純日本人に見えますよね^^

しかし良く調べてみるとそれも納得で、齋藤飛鳥さんは日本人の父親とミャンマー人の母親から生まれたハーフのようです

ローラさんやダレノガレさんと違い齋藤飛鳥さんの場合はアジア人の父親とアジア人の母親から生まれているから、ハーフではあるものの日本人のような顔立ちなわけですね

名前もハーフのような要素は全くなく、本名は芸名と同じ“齋藤飛鳥”だといいます

ちなみに齋藤飛鳥さんには2人のお兄さんがいるんだとか

その2人のお兄さんのどちらにも「鳥」の字が入っていたため、彼女の名前は「飛鳥」になったそうです

どちらかというと「飛鳥」というのは男性の名前というような印象が強いのですが、齋藤飛鳥さんほどの美女ともなるとどんな名前でもお似合いのような気がしてしまいますね(笑)

また一部ではお兄さんの名前についてチャゲやライオネスなどという噂もありますが、「鳥」が入っているということから、これはガセだということが分かります

しかし「飛鳥」意外に「鳥」の字が入った名前などあるのでしょうか?^^;

スポンサードリンク

齋藤飛鳥がハーフでゴミだと言われる理由は!?

齋藤飛鳥さんについて調べてみると、なぜかゴミという関連ワードが出てきます

一体これはどういうことでしょうか?

ネット上で調べてみたところ、どうやら齋藤飛鳥さんがセンターになったことによりグループの質が落ちたと感じたファンが多数現れ、そのようなファンが彼女に対してこのような批判を行ったようです

“ゴミ”以外にも齋藤飛鳥さんに関して、ネット上では

  • 齋藤飛鳥がセンターになってから、乃木坂46の品格が落ちた
  • 無能で疫病神

などという批判もあるのだとか・・・

まぁ確かに齋藤飛鳥さんのルックスは万人受けするというよりも、好みが分かれそうですがここまで批判があるのは少々驚きですね

ある程度の人気者であれば批判の声が上がるのは当然で、むしろ批判があることが人気者の証とも言えますが、斎藤飛鳥さんは特にアンチが多そうです

実は齋藤飛鳥さんにここまで批判が集中する背景には、彼女の甘えん坊すぎるエピソードがあるといいます

齋藤飛鳥さんの甘えん坊エピソードはこのようになっています

  • ドライヤーで髪を乾かしている時ご飯を食べさせてもらう
  • 洋服を一人で選べない
  • 缶詰が開けられない

これは確かに甘えん坊ですね(笑)

なんでも噂によるとミャンマーでは子供はとにかく大事に育てられ、特に富裕層は甘やかすことが多いのだとか・・・

もしかするとミャンマーの富裕層では齋藤飛鳥さんのように育てられる子供が多いのでしょうか?

とにかくこのような甘えん坊の性格を暴露してしまったことが、今の大きな批判に繋がっているようです

まぁこのようなエピソードが逆にツボのファンも多いでしょうが、斎藤飛鳥さんは好きな人と嫌いな人が大きく分かれるタイプのようですね^^;

今回のまとめ

齋藤飛鳥さんはどうやら日本人の父親とミャンマー人の母親を持つハーフ美女のようです

まぁハーフとはいっても外見は日本人とそん色なく、普段のテレビ出演でもタメ口を使うようなことはほとんどありません

また彼女に関して相当批判があることも分かりましたが、その背景には甘やかされすぎた生活があったようですね^^

そのため「だらしがない」「品格が落ちる」などと感じるファンが現れ、彼女を攻撃するような言葉が多くネット上で見られたということです

しかしアンチがたくさんいるのはそれだけ注目が高いということすし、甘えん坊エピソード自体も別に悪いことをしていたわけではないため、これからも齋藤飛鳥さんにはそのような独特な個性を保ったまま、どんどん活躍していって欲しいですね^^

スポンサードリンク
Pocket