Pocket

2016年に大ブレークして以降、並み居る先輩タレントを上回る活躍ぶりを見せる岡田結実さん

高校生とは思えないほど大人びたルックスと、父親譲りのトーク力で人気ですよね^^

多くの美形タレントがいる中、高校生ながら岡田結実さんが多くの番組で起用されるのも納得です

しかし結実さんは破竹の勢いで人気を伸ばしているものの、父である岡田圭右さんとの共演は未だありません

結実さんは順調に人気を伸ばすものの、岡田家は別居騒動などあまり家庭事情はよろしくないようですが、父と娘に不仲説などでもあるのでしょうか?

今回はなぜ売れっ子芸人である父・岡田圭右と売れっ子タレントである娘・岡田結実さんが共演しないのかについて詳しく見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

結実と圭右は共演NGなのか?

父娘ともに売れっ子となった岡田圭右・岡田結実親子

圭右さんの方は言わずと知れた「ますだおかだ」のツッコミとして、長年芸人として活躍していますよね

一方結実さんの方は子役時代から活動していたものの、ここ数年で一気に知名度をあげ今では圭右さんを超えるほどの人気を誇っています

そんな人気親子タレントですが、実は2人はこれまでに共演したことがないのです

まぁ今の時代二世タレントはそれほど珍しいものでもなくなってきましたが、ここまで売れっ子の2人に共演がないのは謎ですよね(-_-;)

しかも俳優と俳優、女優と女優などお互い役者であればまだしも、芸人とタレントとお互いバラエティ番組を主戦場としているため共演するのはかなりハードルが低いでしょう

例え親子共演を狙っていなくとも、圭右さんと結実さんにそれぞれにオファーがきてもおかしくなさそうですし・・・

このように考えると岡田親子はこれまで偶然共演が無かったのではなく、明らかに“意図的に”共演を避けているように思えます

結実さんの人気が上がっていくにつれ、共演を期待したファンも多かったのですが、あまりに共演するという噂が出てこないため次第に疑問に思うようになってきたようです

そのような噂が大きくなるにつれて、どうやら岡田親子に関しては父である圭右さんが結実さんとの共演をNGにしていることが分かりました

結実の父である圭右も数多くのテレビ番組に出演しているが、2人がテレビカメラの前で並び立ったことはない。

「最近では結実も公言しているが、2人は共演NG。結実は1歳のころからジュニアモデルとして活躍していたが、かなり長い間、圭右の娘であることは隠していました。これは父親の方針」(芸能プロ関係者)

やはり2人に共演がなかったのはたまたまオファーが来なかったからではなく、オファーを受けなかったからのようです

しかもオファーを断ったのは結実さんではなく圭右さんだということですね^^;

ではなぜ圭右さんは愛娘である結実さんとの共演を避けているのでしょうか?

共演NGは父・岡田圭右の親心!!

まず断っておかなければならないのは、圭右さんと結実さんに共演がないのは決して2人の仲が悪いからではありません

むしろ父である圭右さんの娘を思う心から来ているようです

とはいえ父娘の仲が悪いわけではない。むしろ父親として娘のことを考えているからこそだ。

では一体圭右さんが親として結実さんに配慮していることは一体何なのでしょうか?

実はそこには二世タレントとして甘やかしたくはないという気持ちがあるようです

というのもここ最近は大物である親の威光だけでデビューし、すぐに姿を消してしまう二世タレントが多いですよね

彼らは自分の力でデビュー出来たわけではないのに、「自分の力だ!!」と勘違いすることが非常に多いようです

圭右さんは結実さんにそのような勘違いを芽生えさせたくないため、『自分の力でやっていきなさい』と最初から手を貸さずにようにしているといいます

確かに最近はトーク力もなく、特に個性があるわけでもない二世タレントは多いような気もします

彼らのようなタレントの実力はメッキであり、親の威光だけで表舞台に出てきたと分かってしまうとすぐに衰退してしまいますよね^^;

圭右さんは結実さんがそのようになってしまわないように、可能な限り娘への手助けはしないようにしているようです

「娘が芸能界でやっていくと決めた以上『自分の力でやっていきなさい』という考え。“親の七光”を利用すれば最初は有利なポジションに立てるが、実力がなければすぐにメッキがはがれ消えていく。圭右はそれをよく分かっており、娘がそうならないように自分との“セット売り”はしないと決めている。一見すると厳しいが、娘のことを考えた親心」(同)

そのおかげか分かりませんが、個人的に結実さんには凄く自立しているという印象を受けます

バラエティ番組での振る舞いを見ていても、高校生だからといって周囲に甘えるような印象は全くありませんし、むしろ周囲をコントロールしているようにすら見えます(笑)

結実さんが売れっ子になった原因は整った顔立ちとトーク力、そして視聴者からの好感度が抜群に高いなどということが挙げられるのでしょうが、あの若さでこれほどの実力を身に着けた背景には父である圭右さんの良い意味での“放任主義”があったのかもしれません^^

確かに二世タレントは「テレビに出るレベルか?」と思ってしまうようなトーク力のない人や、敬語や礼儀を使いこなせていない人が多い印象ですよね

最近ではむしろ“二世タレント”と聞くだけで懸念してしまうような気さえします(笑)

その点結実さんの場合はしっかりとした立ち振る舞いも出来ますし、高校生ながらトークも非常に面白いと、間違いなくプロフェッショナルだと思います

もしかすると結実さんが売れてきた段階で圭右さんが共演することを選んでいたら、今の“売れっ子・岡田結実”の存在は無かったかもしれませんね

スポンサードリンク

それでもやはり「根回ししたんやろ」と言われる

ここまでの話を見る限り、結実さんは父親が芸能界の権力者である恩恵をほとんど受けていないことが分かりますね

確かに親が有名人だということを公表せずに活動する人も多いですが、逆に親側がこれほどまでに徹底して自身の子供に介入しない例は私の知る限り見たことがありません

普段はおちゃらけた印象の強い圭右さんですが、このような一面を見るとギャップがあり何だかかなり印象が変わってきますね

しかしここまで父親が介入しないにも関わらず、やはり結実さんは芸能人の娘だということで周囲から良く思われなかったこともあったといいます

1歳でモデルとしてデビューした結実さんは、10歳の時芸能界入りを反対する圭右さんに黙って『天才てれびくん』のオーディションを受け、見事に合格したそうです

もちろん父親に黙って受けたので、圭右さんは知る余地もありません

しかしなぜか周囲には圭右さんの娘であることがバレており、「ますだおかだの娘やから通ったんちゃうんか」と囁かれてしまったといいます

そんな周囲の態度にショックを受けた結実さんは「私が頑張ったって、パパの力でしょ。私の力じゃない、私は評価されてないんだ」と言って母親に泣きつき、「パパなんていらない。なんで二世に生まれたんや!!」と号泣したそうです

これはかなりかわいそうな話ですよね(-_-;)

もちろん今の結実さんを見る限り、子役時代からオーディションに受かったというのは十分納得が出来るのですが、当時はまだみんなが団栗の背比べ状態でしょう

そんな中芸能人の子供が合格したら“二世だから・・・”と言われるのも無理はないかもしれません

しかし結実さん曰く、圭右さんが全く介入をしてこない今でも、「(父親が)根回しをしたんだろ」と思われてしまうそうです

このVTRが見て、結実は「頑張って結果を残した仕事でも、受かった仕事でも、“お父さんがいたからやろ”とか“お父さんが根回しをしたんやろ”とか、すごい(思われてしまう)」と、2世タレントの悩みを告白。

ここまで売れっ子になった今でもそのように思われるのは、若干驚きですね^^;

彼女の容姿とトーク力を見れば売れるのは当然のような気もしますが、そうでないと感じる人もいるのでしょうか?

まぁ圭右さんのコメントを知らない層の人から見れば、「親の威光を借りて」という風に見えるのは仕方のないことですし、おそらく二世タレントである限り逃れられない宿命なのかもしれません

しかし「2016年~2017年の年末年始TV番組出演者ランキング」で女性の中ではトップを飾ったり、両親の別居という家庭状況が苦しい中でも笑顔を絶やさずテレビに出演し続けた岡田結実さんは誰が何と言おうとプロだと認めるべきだと思うのですが・・・

スポンサードリンク
Pocket