Pocket

長年日本代表のエースの座に君臨する本田圭佑選手

日本人離れしたメンタリティの持ち主で、今や日本サッカー界のシンボル的存在ですよね^^

そんな本田選手には以前から“目”に関する様々な噂がありました

「目が変わった」「目がおかしい」「(目を)整形した?」「レーシック手術失敗?」などなど、本田選手の目は以前と今では全く様相が異なり、ビフォーアフターを比べると同一人物の目とは思えません

ファッションへのこだわりが強い本田選手とはいえ、まさか整形したとは思えませんが、一体どうして本田選手の目はここまで変化してしまったのでしょうか?

今回はなぜ本田選手の目がだんだん変わっていったのかについて見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

本田圭佑の目が過去と現在で全く違う!!

サッカー日本代表のファンであれば既に多くの人が知っていることかもしれませんが、ここ数年で本田選手の目は大きく変わってきています

ネット上には多くの比較画像があり、その画像を見ると以前と現在で目が全く違うことが分かるはずです

昔はそれほど大きくなかった目も近年ではかなり大きくなっており、ギョロギョロしたような目になっていますよね(-_-;)

また本田選手の目は単に大きくなっただけではなく、プレー中や普段の生活の段階で少し様相がおかしいことも指摘されていました

これはまだ黒髪の頃の、目が正常な頃の画像です

そして本田選手の目が大きくなったと指摘された時の画像がこちらです

やはり目が大きくなっていることが分かりますね

そして目がおかしいと指摘されるようになった画像が以下のものとなっています

左右の目のバランスがおかしいですよね

以前から本田選手は右目がおかしいと言われていますが、やはり左目と比べて右目がおかしいと思います

さらに本田選手の目に関しては「眼球が飛び出ている」という指摘まであります

その様子が分かる画像がこちらです

確かに右目の眼球がおかしいですよね

明らかに飛び出ているように見えます

そして極めつけは2016年7月4日に『NEWS ZERO』に生出演した際の様子でした

これは誰が見ても“ヤバい”ですよね・・・

おそらく子供が見ても目がおかしいと分かるでしょう

これほどまでに目が変化してしまうのは明らかに“病気”などの類でしょうし、このような異様な変化は見たことがありません

芸能人などでもあまり類を見ない例なので、非常に特殊で珍しい症状なのでしょうが、一体なぜ本田選手の目はこのような変化が起きてしまったのでしょうか?

目が変わった原因はレーシック手術の失敗!?

長年多くのサッカーファンが話題にしてきた本田選手の目の問題

当然ながらネット上では色々な噂が出回っています

そんな中、有力な候補の1つとして挙げられるの「レーシック手術に失敗したのでは?」という説です

レーシック手術は当然視力回復のために行う目の手術ですが、実は本田選手は以前目が悪く、とあるクリニックでレーシック手術を受けたことがあるようです

そしてファンの間では本田選手の目の異様な変化に関して「レーシック手術で失敗したから、目が変わったのではないか?」というようになったのですね

しかしこの説に関しては本田選手自身が、レーシック手術を執刀してくれたというSBC新宿近視クリニックの安田佳守臣院長・医師との対談の中で「ガセである」ときっぱり否定しています

サッカー日本代表の本田圭佑選手はレーシック手術で失敗したのではないか――。

インターネットでレーシックについて調べると、こんなうわさ話が出ているが、週刊ダイヤモンド編集部の取材により、本田選手がレーシックで失敗したといううわさはデマであったことが分かった。本田選手のレーシック手術を執刀したSBC新宿近視クリニックの安田佳守臣院長・医師への取材で判明した。

<中略>

司会 ところで本田選手がレーシックを受けたことに対してネガティブな報道が多かったんですがそのあたりをどう感じましたか?

本田選手 僕もそのネガティブな報道については知っていたんですけど、まあ、この結果を見てもらって、僕自身何の後悔もないですから、むしろ助けられている部分が多いですから。

この対談からレーシック手術で失敗したという噂はガセであることが分かりましたね

そもそもレーシック手術に失敗したからといって、本田選手のような症状が出るのでしょうか?

私自身レーシック手術に詳しいわけではないのですが、失敗したからといって本田選手のような症状が出るとは考えにくいのですが・・・

スポンサードリンク

目がおかしい原因はバセドウ病!!

本田選手の目が変化した理由はレーシック手術での失敗ではないことが分かりました

では目が変わってしまった原因は一体何なのでしょうか?

実は本田選手の目の変化に関して最も有力な説となっているのが「バセドウ病」です

バセドウ病とは甲状腺ホルモンにまつわる病気の一つとされており、甲状腺ホルモンの異常な分泌が原因だと言われています

「バセドウ病」も「甲状腺ホルモン」もあまり聞いたことのない言葉かもしれませんが、男性と比べて女性に多い病気のようです

バセドウ病の患者の比率は男性1人に対して女性4人ほどと言われており、病年齢は、20歳代、30歳代が全体の過半数を占めているといいます

年齢的には本田さんにピッタリですね

そして本田さんの目の変化に関してバセドウ病が噂される最大の理由が、バセドウ病の症状の1つに眼球が飛び出してくることがあるからのようです

顔つきや目つきがきつくなったり、眼が出てくる眼球突出はバセドウ病の代表的な症状ですが、眼球突出をきたす割合は3割程度です。特に喫煙している方に多く、禁煙することが重要です。

サッカーにストイックな本田選手が喫煙していることはないのでしょうが、おそらく本田選手の症状はバセドウ病の眼球突出で間違いなさそうですね

バセドウ病患者の目の状態が分かる画像がこちらです

これは先ほどの『NEWS ZERO』での本田選手の画像と少し似ていますよね

やはり本田選手の症状はバセドウ病と見てほぼ間違いないと思います

さらに甲状腺関係の病気の手術の特徴として、首元の手術痕があるようですが、実は本田選手の首元にも手術痕があるのです

確かに首元に傷がありますね

こちらが一般のバセドウ病患者の手術跡です

本田選手の首元の傷とバセドウ病患者の手術痕は非常に似ています

このような経緯から、本田選手の症状はバセドウ病だと見てほぼ間違いないでしょう

本田選手自身は記者から首元の傷について尋ねられた際、「何もないよ。何でもない」とだけ語り病名と手術時期については明言を避けたとのことですが、これだけ根拠があることからバセドウ病であることは明らかです

また当然ですがバセドウ病には他の症状もあり、その主なものはこのようになっています

  • 甲状腺が膨れる為、太くなったよう見えたりする
  • 眼球が前方に突き出ることがある
  • 脈拍が速くなり、動悸を感じるようになる
  • 新陳代謝が活発化し、汗をかきやすくなる(夏の暑さに耐えられない/冬でも暑い)
  • 大量のエネルギーが必要なので食欲が出すぎる
  • 内分泌のバランスが崩れて精神的に不安定となり、イライラする
  • 手足が震える
  • とても疲れやすくなり、ちょっと動いただけで全力疾走した時のような疲れが出る
  • バセドウ病は複視といって、物が二重に見える症状もある

これはアスリートとしてはかなり辛い症状が多いですね(-_-;)

特に『手足が震える』『とても疲れやすくなり、ちょっと動いただけで全力疾走した時のような疲れが出る』などはアスリートとしては致命的にもなりかねない症状ですし、大きなプレッシャーのかかる試合をこなす本田選手にとっては『内分泌のバランスが崩れて精神的に不安定となり、イライラする』というのも大変な症状でしょう

歌手の絢香さんは以前バセドウ病で2年間歌手としての活動を休止していましたが、やはり歌手を続けるだけでも大変だということです

そんな中サッカー選手として活動している本田選手はまさに化け物だと思います^^;

日本サッカー界のカリスマとして君臨する一方、批判も多い本田選手ですが、病気にも怪我にも負けず努力を続ける姿には正直感服してしまいます

ロシアワールドカップでは再び代表の座を勝ち取り、是非とも活躍する姿を見せてほしいですね^^

スポンサードリンク
Pocket