Pocket

大物にも屈しない毒舌と頭の回転の速さを活かしたMCでずば抜けた人気を見せている有吉弘行さん

普通の毒舌芸人は大御所や権力者には媚びがちになるところでも、有吉さんは志村けんさんに向かって「エロハゲ様」と言ったり、みのもんたさんには「油ガエル」というあだ名をつけるなど芸人離れしたメンタルを見せています(笑)

黒柳徹子さんにあだ名をつけることを求められた際には「クソババア」と言ってしまい、黒柳さんがキレそうになるなど、かなりマズイ状況になったそうですが何とか芸人生命は絶たれずにすんだようです(笑)

まぁ時には怒られることもあるかもしれませんが、その一方で視聴者からは大人気で今や見ない日はないほどの活躍ぶりを見せていますよね

しかしそんな“毒舌王”有吉さんですが、実は実際に毒舌を吐かれた芸能界の仲間からも非常に評判が良いようで、身内からも大人気なんだとか

その理由はかなり単純で、有吉さんが“超”が付くほど優しい性格だからだといいます

実は彼の毒舌はあくまでカメラの前でのみ行われるものであり、プライベートでは毒舌どころかかなり優しい心の持ち主だと言われています

今回は実際にネット上で語られている有吉さんの“いい人エピソード”をもとに有吉さんの素顔に迫っていきたいと思います^^

スポンサードリンク

ネット上に溢れている有吉の“いい人エピソード”

今回は有吉さんの“優しさ”に焦点を当て、彼の素顔に迫っていこうという内容ですが、まず驚かされたのが彼のいい人エピソードの量の多さです(笑)

「まぁ優しいといってもエピソードは数えるほどしかないだろう・・・」と思っていましたが、実際に調べてみるとそのようなエピソードは溢れており、思わず面を喰らってしまいました

時間がかかっても少しずつまとめていこうと思いますが、これにはかなり時間がかかりそうです(笑)

しかしあれほど強烈な毒舌を吐きながらも、有吉さんが常にテレビ局から必要とされ、多くの仲間から愛されている理由が少しわかったような気がします

ちょっと調べてみただけでもこのような結果ですから、今回の記事は相当長くなるかもしれません^^;

毒舌を吐いた後には絶対にフォローを欠かさない

有吉さんの毒舌エピソードに関して、一番最初に目についたのは「番組中に毒舌を吐いても、その後は必ず謝罪へ行く」というものでした

なんでも有吉さんは番組中に毒舌を吐いた場合にはその後にきっちりとフォローをするようです

もちろん相手がいじられることに慣れていない若手だった場合はフォロー、大御所であったり年上である場合は謝罪などその対応は異なるかもしれませんが、とにかく有吉さんは毒舌を吐いても“言いっ放し”にはしないとのこと

このような対応は非常に芸能界の中では評判が高いようで、一説によると有吉さんのこのような楽屋フォローは伝説になりつつあるのだとか^^;

さらに有吉さんはこのような毒舌は絶対にプライベートでは吐かないようで、「自分に返ってくると嫌だから」という理由で陰口などは言わないと決めているのだといいます

また“自分がされて嫌だったことは、せめてしないでおこう”と決心しているとのことなので、この辺りが同じ毒舌でも評判の悪い坂上忍さんとは異なるところなのかもしれませんね

スタッフやアナウンサーからも好感!!

有吉さんは番組中となるとどんな美しい共演者でも毒舌を吐くイメージがありますよね^^;

まぁ本人曰く「気が小さい」とのことなので、本当にヤバい人には言わないのでしょうが、基本的には分け隔てなく毒舌を吐く印象が強いと思います(笑)

しかしそんな有吉さんはカメラが回っていない所では非常に優しいようで、『ぶらぶらサタデー・有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)のロケに参加したスタッフは以下のように語っています

「カメラが回っていない所では何気にショーパンの荷物を持ったり、真夏のロケ時には、スタッフ分も含めアイスノンや冷たい飲み物を用意している」

カメラが回っている時にはショーパンであれ水卜アナであれ毒舌を吐くのかもしれませんが、カメラが回っていないとなると共演者やスタッフのために非常に細かい手回しをしているということです

このような気配りは実際の企業にも注目されているようで、とある企業では研修の際に有吉さんのフォローを仕事場での気配りの参考例として取り上げているのだとか・・・

そのような細かい気配りがあるため、収録後も当事者同士でトラブルに発展するなどということは一切起こらず、番組プロデューサーやスタッフサイドも「また有吉を使おう」と思うようになるといいます

もちろん自らの評判を気にしてのこともあるでしょうが、実際に番組に出演している共演者が有吉さんほどの売れっ子からこのような気配りをされれば好印象を持つのはもはや当たり前のことでしょう

カメラが回っていない場所でのこのような優しさを目にした共演者が、実際にカメラが回っている時に有吉さんから毒舌を吐かれてもそれほど傷つくとは思えませんよね

またスタッフが有吉さんを好む理由は他にもあるようで、その理由が「絶対に遅刻をしない」ということ

なんでも有吉さんは絶対に遅刻をしないように入り時間の30分前には現場に入り、早く着きすぎてしまった場合には近くのカフェで時間を潰して待っているのだとか

若手や新人であれば分かるものの大御所にこのような態度をとられてしまってはスタッフ側も頭が上がらないでしょう(笑)

まぁこのような姿勢は一度仕事が無くなりどん底を経験したという過去のトラウマからくるところも大きいのかもしれませんが、それでも番組制作側からしたら『ありがたい』という思い以外の何物でもないと思います

売れっ子になれば多少調子に乗ってくるのが人の常というものなのかもしれませんが、有吉さんには全くそのような一面はなく、このような気配りと謙虚な姿勢が周囲からの評価が高い大きなポイントとなっているようです

スポンサードリンク

ネット上に存在する数々の優しいエピソード

43歳という若さながらすでに大御所と言っても過言ではないような地位に登りつめているせいか、有吉さんと繋がりのある芸能人はかなり多いようです

そんな交流のある仲間たちから次々と優しいエピソードが明かされ、今や有吉さんは“いい人エピソード”の宝庫となっています

ここでは有吉さんの優しいエピソードをいくつか見ていきましょう

指原莉乃

篠原莉乃さんに元カレとのスキャンダルがあったことは記憶に新しいですよね?(そうでもないか(笑))

その時篠原さんは窮地に立たされてしまったのですが、この状況に有吉さんはラジオ番組で篠原さんを竜兵会に受け入れる意思を示し、多くのファンから感謝されたようです

また彼氏とのスキャンダルで坊主頭にまでなって謝った峯岸みなみさんに関しても、番組内でフォローのコメントを公表するなど、普段は『有吉AKB共和国』でいじりながらもこのような辛い場面に立たされた時には心強い味方となってくれたのです

普段の共演では毒舌を吐いて強烈ないじりを繰り返す有吉さんですが、篠原さんや峯岸さんが本当に辛い状況に追い込まれた時にはそのような毒舌は一切見せず、何とかフォローをしようと努めてくれたのですね

このような有吉さんの姿勢には篠原さんも峯岸さんも大いに勇気づけられたことでしょう

まぁそのような優しさを見せたものの今となっては篠原さんのスキャンダルを“黒歴史”としていじり、篠原さんの強敵になっているようですが(笑)

有吉は「ファッションがださくて家出少女みたいだった。あの頃の謹慎明けの指原が1番好き」とさしこの“黒歴史”でいじった。指原は「謹慎はしてないです」と有吉の暴走に返り討ちにあう結果だった。

このようないじりを繰り返しながらも、いざという時には味方となってくれるのは本当に良い関係だと思います^^

千鳥

千鳥のノブ小池さんは有吉さんに関して「相当優しいですよ」と語っており、千鳥の2人が初めて『アメトーーク!』に出演した際には、出演者の中では有吉さんが最もネタを笑ってくれたといいます

当時の千鳥は大阪から東京へ進出してきたばかりだったため、有吉さんはそんな2人の不安を察して、わざと笑ってくれたのでしょう^^

このような細かい気遣いは進出したての芸人にも欠かさないようですね

後輩芸人

有吉さんは特定の“お気に入り”ばかりを可愛がるのではなく、多くの後輩芸人の面倒を見ているようです

事務所関係者によると、有吉さんはよく後輩を連れて寿司屋に行くそうなのですが、その時後輩たちが遠慮しないようにまずは自分が最初に寿司を選び「同じものを食べたいヤツ手を挙げろ」と言うそうです

そんな有吉さんを慕う後輩たちは、有吉さんに食事に連れて行ってもらうことを“有吉さん飲み”と言っているんだとか(笑)

また有吉さんは後輩に仕事が回るようにTVで後輩をネタにして笑いをとってみたり、後輩の単独ライブ等のイベントに出演するといいます

イベントに出演する際には気を遣わせないように、「1000円寄こせ!!」などと言い激安のギャラを必ず支払わせるだそう(笑)

このような背景を知ると、普段テレビで有吉さんに毒舌を吐かれても後輩が嫌な顔をしない理由は、毒舌を吐きながらもその下に隠れた優しい素顔を知っているからかもしれませんね^^

アルコ&ピース・平子

個人的に有吉さんの優しいエピソードで最も感動したのはこのアルコ&ピースの平子さんとのエピソードです

アルコ&ピースの平子さんは有吉さんと同じ太田プロに所属する後輩芸人で、有吉さんは非常に可愛がっているようです

そんな平子さんはある時1歳になった息子を連れてディズニーランドに行こうと計画を立てていたのですが、その直前で楽屋泥棒に遭ってしまい財布を盗まれてしまったそうです

財布の中にはディズニーランド代の4万円が入っていたのですが、平子さんにとっては大金で、無くしたからといって再びすぐに用意出来るような金額ではありません

平子さんは息子に申し訳ないと思いながらも泣く泣く諦めるしかなかったわけですが、この話をラジオで有吉さんに話したところ、有吉さんは大笑いしながらもスッと財布を取り出し「俺が駐車場代として貯めた小銭全部やるわ」とテーブルに大量の小銭をぶちまけたといいます

放送終了後、ネタだと思った平子さんが小銭を返そうとすると有吉さんは「いいよ もう、ヤラセになっちゃうからあげるよ」と言いなんと約7千円分の大量の小銭をそのままくれたそうです^^;

その後仕事で再び有吉さんと一緒になった時、有吉さんは「コレやるからさぁ、子供連れてってやれよ。換金したら多少お金になるだろ」と言って商品券を差し出してきたのだとか

平子さんはその商品券をもらい、言われた通り換金してそのお金で家族の分のチケットを買ったそうです

そのお金で無事に息子をディズニーランドへ連れていくことが出来、息子を悲しませずに済んだと語っています

ちなみに後輩に気を遣わせたがらない有吉さんは、平子さんに商品券を渡す際も「この貧乏芸人が!!」と“優しい毒舌”を添えて渡してくれたといいます

有吉さんにはこれまで紹介したように、隠れた優しいエピソードが多いですが、これはその中でも群を抜いていますね

あれほど強烈な毒舌を吐きながらも、有吉さんの人気が一向に衰えない理由はこのような優しさが番組の節々で出ているからかもしれません^^

結論:やっぱり有吉は優しくていい人!!

以前から世間の傾向として坂上忍さんの毒舌は嫌われるものの、有吉さんの毒舌は好まれるという傾向がありました

個人的には何故なのかよく分かっていませんでしたが、この記事を書いている中でその理由が分かったような気がします

実際に有吉さんの毒舌はスタッフからの評判も良いようで『有吉さんの毒舌には愛があり、相手の事を思って直せばもっとよくなる所を指摘しているようにも見えます。』という声も上がっているようです

さらに一説によるとロンドンハーツで有吉さんが悩んでいる芸能人にアドバイスするというコーナーが出来た背景には、そのような相手のアドバイスとも思える毒舌があったからだという噂もあります

まぁどこまで本当なのかは分かりませんが、少なくとも有吉さんの毒舌はただの悪口として捉えられていないのは確かのようですね^^

このような有吉さんの姿には過去の売れない不遇の時期があったからだと指摘する人も少なくありません

表では毒舌の辛口キャラ、プライベートでは本気で“いい人”の有吉。過去に“仕事ゼロ”のどん底を経験したからこそ、今の姿があるのかもしれない。

過去の全く仕事がない時代から一転、現在は芸能界の大御所ともいえる存在になったのですがそれでも後輩への配慮を欠かさないのは単に性格の問題ではなく、売れないことや仕事がないことへ大きく感情移入出来るからかもしれません

芸能界には多くの売れっ子がいますが、そんな売れっ子の中には有吉さんほどの不遇を経験した人はほとんどいないことでしょう

もしかすると芸人として最も頼りになる先輩は、有吉さんのように売れない辛さを痛いほど分かってくれる先輩なのかもしれませんね^^

スポンサードリンク
Pocket