Pocket

長年大御所として不動の人気を誇っているコンビ・ダウンタウン

浜田さんのツッコミも松本さんのボケもどちらもまさに“天才技”であり、才能ひしめく芸能界でも彼らを追随するようなコンビは未だ現れていません

50歳を超えた今でもその人気は一向に衰えを見せず、これからもまだまだ第一線で活躍することを期待させてくれます

そんな伝説のコンビ“ダウンタウン”ですが、以前から一部では不仲の噂はあるものの非常に仲が良いコンビだとファンからは言われてきました

両者とも笑いに関しては度胸があるものの、極度の照れ屋で仲が良い所は見せたがならないのですが実はかなり仲が良いと言われており、なんでも仲良しエピソードがネット上には蔓延しているのだとか・・・

テレビで見ていてもダウンタウンの2人は互いに遠慮することがなく、本当に気を許し合っているという印象が強いのですが、プライベートでもそのような関係なのでしょうか?

今回はダウンタウンのコンビ仲についてネット上にある情報をもとに詳しく見ていきたいと思います

スポンサードリンク

「仲が良さそうなコンビ芸人」で見事1位に!!

2016年12月26日に放送された『ヒルナンデス!!』では『20~50代男女に聞いた「仲が良さそうなコンビ芸人」 TOP10』というランキングが発表されました

そのランキングの結果がこちら

1位ダウンタウン
2位キャイ~ン
3位くりぃむしちゅー
4位おぎやはぎ
5位さまぁ~ず
6位サンドウィッチマン
7位タカアンドトシ
8位博多大吉・華丸
9位バナナマン
10位チュートリアル

2位のキャイ~ンに関しては仲が良いことで知られていますし、くりぃむしちゅーは上田さんが有田さんの事を良く言っていることが知られています

しかしそんな仲良しコンビを差し置いて、ダウンタウンは見事1位を獲得したのですね^^

ですが以前松本さんが小椋さんからコンビ仲について尋ねられた際には、「別に仲は良くないよ」と答えていました

松本は「仲、別に良くはないよ」と返答。率直な言葉に小椋が「え?本当ですか」と驚くと、松本は「ただ、違う…うち、ペア組んでもう35年経つから(笑)。どっちが前か後ろかもよう分からん」とバドミントンのペア、前衛と後衛に例えて話し、笑わせた。

ちなみにこの時横にいた浜田さんは軽くうなずいてそうです^^

しかしこの「仲が良くない」という回答には疑いの目を向けるファンが多いようで、先程のランキングで見たように長年ダウンタウンには「不仲説」ならぬ「仲良し説」が囁かれてきました

ダウンタウンの2人は両者とも非常に恥ずかしがり屋のため、中々そのような本音を吐露することはありませんが、ダウンタウンのコンビ仲は実際にはどうなのかについて見ていきたいと思います^^

浜田は松本を実は尊敬している!?

ダウンタウンの2人を見ていると一見浜田さんの方がシャイで本心を見せることを嫌うような印象がありますが、実はコンビ仲について問われた際には浜田さんの方が松本さんをリスペクトする言葉を多く語っています

そのような一面が最も強く出ているのが、とあるポスターで浜田さんが発した言葉だと思います

このポスターの撮影は終始和やかな雰囲気で進んだようで、現場では松本さんがふざけたポーズを取り、それを浜田さんへ促したりとダウンタウンは仲睦まじい様子だったといいます

ちなみにポスターでは2人が手を繋いでいますが、このカットは写真撮影のラスト30秒で生まれたものだそうで、カメラマンから「じゃぁ、手を繋いでみましょうか」と言われ、「恥ずかしい!!」と言いながらもガッチリ手を繋いでくれたのだとか・・・^^

そして最後にはポスターのコピーである『ダウンタウンとは○○である』というコメントを考えなければならなかったのですが、松本さんは「浜田に任せるわー」と言い残して先にその場から退出

すると浜田さんは「どうしよかなぁ」と悩みながらも、過去のインタビューなどでも発していた『松本がいてのダウンタウン』という一節から『ダウンタウンとは松本である』というコメントを出したのです^^

おそらく謙遜ではない本心からの言葉なのでしょうが、浜田さんの松本さんに対するリスペクトの気持ちが最もよく現れた一節なのではないでしょうか?

実際2015年の3月20日放送された番組『してみるテレビ 教訓のススメ』の最終回での企画「昼間からハシゴ酒のススメ」では浜田さんは松本さんについてこのような思いを語りました

象徴的だったのは浜田さんが『ダウンタウンはこの人(松本)の才能でここまで来てるから。そこはもうリスペクトしてますよ』と発言したシーン。

この発言に対して松本さんも『唯一、オレにない部分を持ってる』と応えましたが、その後には『(浜田のことは)尊敬はしてない』『人としても尊敬してない』と言っていました

しかしかつてから松本さんは自著の中では浜田さんに対する尊敬を語っているため、“尊敬していない”という発言はテレビ用のものでしょう

長年付き添いながらも弛まぬ尊敬の念をお互いに抱いているからこそ、ダウンタウンは第一線で活躍しつづけているのかもしれません

スポンサードリンク

コンビ愛が分かる数々の名言

ここではコンビの仲の良さが分かるダウンタウンの名言について見ていきたいと思います

まずはツッコミの浜田さんから

  • 俺はこの先お笑い一本で考えていない。相方が偉大すぎて
  • 松本と別れることがあったら、俺はお笑いはしない。最高の笑いを見続けて来たから、他の笑いなんてできないでしょ
  • あいつの他に誰がおんねん?他の人と笑いはでけへん
  • 松本はハナからエキスパートやったから。ボケというのは持って生まれたもんやからね。その人のキャラクターとセンスでいける。だから「俺がツッコム」と
  • オレは他の誰にも負けへんくらい、松本のファンなんかもしれん
  • (ダウンタウンが解散しても)多分松本は、この仕事をやってるやろと思う。やってなおかしい。あいつはすごいもん。勝たれへんもん。誰もあいつには
  • Q.一番面白いと思う人は? A「当然、うちの相方」
  • 他の人が成功したら、嫉妬するかも知れないけどアイツの成功は本気で喜べる。心から応援している、唯一の人

続いては松本さんです

  • 松っちゃんより浜ちゃんの方が好きと言われればムカツクが、浜ちゃん嫌いと言われてもムカツク
  • 浜田がいい仕事をすれば誰よりも嬉しいし、誰よりもムカツク
  • お前(浜田)のいない人生なんて考えられへん
  • 俺が何か言った時に、客が笑わなくても浜田さえ笑えばそれで満足
  • あんな努力家、俺は他に知らない
  • あいつのことは誰よりもよく知っている。
  • 夫婦みたいなもん。何が気に入っているわけでもないが別れる理由もない
  • Q.一番面白いと思う人は?浜田さんは松本さんの名前を挙げてましたが A「それなら俺やな。あいつが言うなら間違いない」

浜田さんと松本さんは長年表舞台で活躍しているせいか、節々で相方に対するリスペクトを語ってきたつもりでしょうが、今見ると積りに積もってかなりの量の名言がありますね^^

ちなみに浜田さんの最後の名言である『他の人が~唯一の人』というのは、まだ若い頃、お互いに売れ始めてきて、ピンでの番組出演が多くなってきたため不仲説が流れ始めたことを受けて発した言葉でした

そして浜田さんの名言の前には「松本は俺が見つけたんや。誰にも渡さへん。大事な金づるやし」という言葉があったのです

つまり浜田さんは不仲説が囁かれていることを受けて、「松本は金づるや。だからあいつの成功は心から喜べる」と語っていたということです

しかし同時期に語られた松本さんの言葉は「ガキの頃にいっつも一緒に遊んでるやつと、将来大人になっても一緒に仕事できたら人生楽しいだろうなって思ってた。でも実際にそうなると、一切遊ばないようになる。損した気分になるわー」というものでした

浜田さんとは違い松本さんは仕事のパートナーに浜田さんを選んだことにより、友人としての距離感が保てなくなったことを少し憂いているようですね(-_-;)

決して仲が悪くなったということではないようですが、やはり若い頃はこのようなコンビ独特の距離間に少し悩んだ時期もあったのでしょう

以前は仲が良かったものの、コンビを結成すると仲が悪くなるという芸人特有の職業病を聞いたことはありますが、ダウンタウンにもそのような状況はあったのですね

しかし年月を経るにつれ子供の頃のような関係が少しづつ戻ってきたのか、浜田さんは松本さんに対する“ある思い”を抱いているようです

浜田雅功が語るダウンタウンの未来

浜田さんは年齢を重ねてきたためか、将来について色々考えるようで、2016年に放送された『ダウンタウンなう』では“死”について語りました

松本の父の仏壇の前で号泣

松本さんの父・譲一さんは2014年8月18日に亡くなられたそうです

この事実は同月31日放送の『ワイドナショー』で、松本さん自ら明かされたのですが、松本さんはツイッターにて『オレは悲しまない』と涙は流さないという決意を見せました

しかしこの訃報に涙を流したのが、浜田さんであり松本さんが言うには「葬儀にはこなかったものの1週間後に尼崎の実家に来て、線香をあげその場で号泣したらしい」とのこと

以前から浜田さんは松本さんの家族とも親しいことで知られていましたが、松本さんのお父さんにも感謝の思いや息子の相方として特別な思いがあったのでしょう

松本さんが浜田さんが実家に来たことを知ったのは、母の秋子さんから聞いたようですが、浜田さん本人からの報告はないといいます

そのような話を打ち明けないのはいかにも浜田さんらしいのですが、浜田さんも自分と重ねる部分があったのかもしれません

やはり浜田さんにとって松本さんとの関係は特別なようで、以前「(相方の)どっちかが先に死んだら泣くでしょ」と聞かれた際には「だから先に死にたい」と答えました

松本人志よりも先に死にたい

2016年9月30日に放送された『ダウンタウンなうSP』ではゲストの1人として宮根さんが登場しました

宮根さんは実はダウンタウンと同じ1963年生まれのようで、自身が新米の局アナ時代から冠番組『4時ですよーだ』などを抱えていたダウンタウンの2人に憧れていたといいます

そのせいか番組ではゲストである宮根さんの方がダウンタウンに質問攻めするという、趣旨とは逆のような状態になってしまったのですが、その際宮根さんは2人に向かって「どっちかが死んだらめっちゃ泣くでしょ?」と聞いたのです

この質問に松本さんは「泣きはしないんじゃないですか」と答えるも、坂上さんが「浜田さん泣くでしょ!?」と聞くと、浜田さんは「だから先に死にたいんですよ」と答えました

この回答には全員が感動し、MEGUMIさんからは「やだ~泣いちゃう」などの声が上がりましたが、松本さんは「好感度アップさせてる」とツッコミ、浜田さんの発言は嘘であると言うのです

しかし実はこの「先に死にたい」という思いは過去にも語られており、以前放送された『ガキの使い』の人気企画『○○の100のコト』で『松本人志の100のコト』が放送されたときにも語られていたのです

この放送では松本さんに対して様々な質問が投げ掛けられたのですが、その内の1つに「浜田の好きな所は?」というものがありました

すると松本さんは「俺よりも先に死にそうなところ」と答えたのです

この回答を聞いた浜田さんは「俺逆にそっちの方がエエわ」と語り「遺影の前で『松本~』とか言うの絶対嫌やで」と先に死にたいという思いを明かしました

『ダウンタウンなう』での浜田さんの思いを聞いた宮根さんは「旦那さんと嫁さんみたい」と表現していましたがまさにその通りなのかもしれません

松本さんも浜田さんとのコンビ仲について「夫婦みたいなもん」と語っていますが、コンビを結成して30年以上たち長年付き添ってきた相方は友達よりも特別で不思議な、人生のパートナーのような存在になるのかもしれませんね^^

最後は花月で漫才

浜田さんは以前志村けんさんと熱海に1泊2日のロケに行った際、ダウンタウンの最後について語りました

この放送の企画は志村さんと浜田さんが様々なことについて語り合うというものでしたが、話が進むにつれて話題は『ダウンタウンの最後』に

すると浜田さんはダウンタウンの未来についてこのように語りました

ダウンタウンで最後どうすんねんっていうのは“花月で漫才しよ”って言うてるんですよ。そこは決まってるんです。最後の最後は花月なんですよ。ダウンタウンとしてはね

その放送から11年後の2015年、松本さんは自身が出演する『ワイドナショー』で「芸能人の引退」という話題でトークをしている際、司会の東野さんから「最後はダウンタウンっていう形で漫才するとか、コントするとか。そういうのはないんですか?」と質問されると、「なんか終わり方はあるんやろうね。もし辞めるんやったらね」と返答しました

すると東野さんは「もう一度漫才するとか…。浜田さんはそんなこと言ってましたよ。また漫才もしたいって」と言うと、松本さんは「あいつそんなこと言ってた?」と不思議そうに答えたのです

もしかすると昔に交わした約束を松本さんはとっくに忘れていたのかもしれません

しかし浜田さんがテレビで公言してしまった以上、いつかくるその漫才を楽しみしているファンは多いことでしょう

ファンとしてはダウンタウンの“最後”などは決して見たくないのですが、是非最後には原点に戻り“漫才”という形で有終の美を飾って締めくくって欲しいですね^^

スポンサードリンク
Pocket