Pocket

『2017年上半期ブレイク俳優ランキング』1位、『抱かれたい男グランプリ』3位、『結婚したい有名人』3位、など数々のランキングで上位にランクインしている高橋一生さん

さらに彼の活動はドラマや映画だけに収まるのではなく、CMにナレーションや声優業など引く手数多であり、まさに今ノリに乗っている俳優の1人と言って良いでしょう

最近は菅田将暉さんや星野源さんを始めマルチな分野で活躍する芸能人が増えてきましたが、高橋一生さんも間違いなくその1人であり、人気が出るのも当然だと思います^^

しかしそんな高橋一生さんですが、実は以前から人気はあるもののイケメンではないという声が上がっていました

最近は星野源さん、ムロツヨシさん、濱田岳さんなどそれほど端正な顔立ちではないものの人気を博すタイプの俳優が増えてきましたが、実は高橋一生さんもその1人だと言われており、抜群の人気を誇るもののビジュアルはそれほどずば抜けているわけではないと言われてきたのです

一方で彼の容姿を「イケメン!!」「カッコいい!!」という女性ファンも多くいるようで、現時点では“カッコいい派”と“カッコよくない派”で大きく分かれているといいます

もちろん容姿というものは正確に数値化することは出来ませんし、主観によるところも大きいため、一概にイケメンか否かをはっきりさせることは難しいものです

しかし高橋一生さんの場合は普通以上に大きく意見が分かれており、あまりにも肯定派と否定派の意見に差があるといいます

そこで今回はなぜここまで意見が分かれてしまうのか、高橋一生さんは本当にイケメン俳優の仲間入りと言って良いのかどうかについて詳しく見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

本当に高橋一生はカッコいいのか!?

現在人気絶頂中でまさに飛ぶ鳥を落とすような勢いを見せている高橋一生さん

どうやら彼は相当な苦労人のようで、子役時代から鳴かず飛ばずの日々が続いたようですが、今やその鍛錬が実を結び誰にも止められないほどの勢いで人気を伸ばしています

パッと出のスカウト型イケメン俳優とは違い、様々な苦労を経験してここまでたどり着いたのですから、つい応援したくなってしまいます(笑)

しかしそんな高橋一生さんには突き抜けた人気とは裏腹に、“非イケメン説”も浮上しているのだとか・・・

なんでも「バナナマンの日村を痩せさせた時の顔」というような声まで上がっているといいます

「高橋といえば、いまをときめくイケメン俳優として、女性を中心に大人気です。ファッション誌『anan』の今年3月1日に発売された号では、セクシーなヌードを披露し、女性たちからは歓喜の声が上がりました。しかし、SNSを中心に《みなさんには悪いんですが、どこがカッコいいの?》、《別にイケメンじゃないですよね》など、高橋の人気を疑問視する意見も散見されるのです。なかには《バナナマンの日村勇紀を痩せさせると高橋一生になる》と断言するツイートもありました」(芸能記者)

中々厳しい意見が上がっていますね(-_-;)

特にバナナマンの日村さんを痩せさせるとというのは、かなり厳しい意見のような気がしますが、その一方で確かにと納得させられる部分もあります^^;

目が大きくたれ目のところや口の形が似ているような気もしますから

まぁ日村さんが気持ち悪がられるのは、容姿というよりもキャラとおかっぱ頭と太っているということからなのでしょうから、似ていると言われてもそれほど大きく受け止める必要はないでしょう

しかし記事の中にあるように2017年3月1日に発売されたファッション誌『anan』では高橋一生さんのセクシーなショットが披露されたのですが、この号は即完売したようです

なんでもこの『anan』の特集はジャニーズタレントを主に「人気バロメーター」と言われており、人気を測るための基準になると言われています

となると即完売した高橋一生さんの人気はやはり抜群であり、女性たちからの支持は群を抜いていると考えるべきなのかもしれません

また高橋一生さんの場合は、『逃げ恥』で大ブームを巻き起こした星野源さんや、俳優の池松壮亮さんと同じく“塩顔男子”と言われており、典型的なイケメンじゃないと言われているのだとか・・・

「典型的なイケメンじゃないということは非イケメンということではないのか?」と思ってしまいますが、世間では塩顔男子もイケメンになるという風潮があるようです(笑)

つまり高橋一生さんは“典型的なイケメンじゃないイケメン”という非常に曖昧な立ち位置にいるとうことのようで、そのため世間では大きく意見が分かれるのかもしれません^^;

高橋一生はやはり雰囲気イケメン!?

以前高橋一生さんのルックスに関して、大掛かりなアンケートが行われたようです

その結果がこちら

やはり「イケメン」と答える人はそれほど多くはないようで、男女ともに3割程度のようです

どちらかというと女性の方がイケメン票は多いようですが、その一方でカッコよくないという票も多く男性よりも4%も多いですね^^;

男性からしてみれば良くも悪くも「普通の顔」という印象が強く、女性からしてみれば割と人を選ぶ容姿となっているのかもしれません

さらに高橋一生さんのルックスについて各世代にごとに調査したところ、若い世代ほど支持率が高い傾向にあることが分かったようです

若い人ほど支持率が高いことが分かりますね^^

しかしそれでも最も高い20代女性でさえも42%ですから、やはり彼は意見が分かれるタイプであるということでしょう

ちなみに2018年2月9日に『女子SPA!』により発表された「雰囲気イケメンランキング」でも高橋一生さんは2位だったようです

そのランキングがこちら

1位綾野剛42.5%
2位高橋一生38.5%
3位星野源25%
4位菅田将暉19%
5位斎藤工17.5%
6位鈴木亮平16.5%
7位森山未來16%
8位小栗旬15.5%
9位桐谷健太14.5%
10位窪田正孝13.5%

1位を飾ったのは以前から非イケメン説がある綾野剛さんですが、高橋一生さんもしっかりと2位にランクインしていますね^^;

そして3位にランクインしたのは同じ塩顔男子と言われる星野源さんとなっています

しかし数字をみれば分かりますが、星野源さんと高橋一生さんの間には13.5%もの差があるのです

綾野剛さんの場合はルックスよりもクールな雰囲気が優先されているというのは何となく以前から感じていましたが、世間からは高橋一生さんも同じように見られているということのようです

ここまで見てきたところ高橋一生さんのルックスがそれほど高い評価を得ていないことが分かりました

しかしなぜこれほどまでに“非イケメン”の声が上がるのに、あそこまで突き抜けた人気を博すことが出来ているのでしょうか?

スポンサードリンク

時代は『3高』ではなく『4低』?

近年活躍している俳優の中で非イケメンの声が多く上がるのは何も高橋一生さんだけではありません

星野源さんにムロツヨシさん、濱田岳さんに大泉洋さんなどいわゆる山崎賢人さんのような“美男子タイプ”ではないものの圧倒的な人気を誇っている俳優は少なくないはずです

実は一部ではこのような非イケメン型の俳優が人気を博すのは、時代の流れだという声も上がっているようで、その背景には女性の価値観の変化があるといいます

私自身なるほどと納得させられてしまったのですが、今の時代はいわゆる『3高』よりも『4低』を求めるというのです

そして精神科医の片田珠美さんは“チョロッとイケメン”台頭の背景には、女性の「4低」志向があると分析する。

「低姿勢・低リスク・低依存・低燃費。今の時代の女性が結婚相手に望むのは、この4項目です」

女性を見下さず、いばらない「低姿勢」、高収入より安定した収入で、かつ浮気の心配もない「低リスク」、家事、育児もこなし、自分のことは自分でできる「低依存」、お金がかからない&お金を使わない「低燃費」である。

「チョロッとイケメンの人たちは、この『4低』すべてがそろっているような匂いがするのでしょう。いくら格好よくても、結婚してから不倫騒動を起こされ自分自身が恥をかかされてはたまりません。そして女性が結婚しても出産しても働き続けるには、夫がそれを容認し、女性に協力的であることが大事です。『結婚したら女は家に入れ』『俺は家事なんかしない』なんて居丈高な男性は論外なんですよ」(片田さん)

この記事では非イケメン型の俳優を総括して、“チョロッとイケメン”と言っているようですが、このような人達には『4低』が揃っているということのようです

4低に関しては「低姿勢・低リスク・低依存・低燃費」となっていますが、確かにこれは納得ですね

そもそも近年は家に帰るのが怖いという世のお父さんがたくさんいるようですが、明らかに戦後から家庭内の夫婦のパワーバランスは変化を見せているようで、どんどん夫よりも妻の方が強くなっているようです

個人的にその傾向は子供が生まれると特に強くなると思うのですが、要は女性側からしてみれば家庭内で威張り散らすような男性は時代遅れであり、今好まれるのは威張り散らさず腰の低い男性ということです

これはかなり分かります(笑)

そのためいわゆる“チョロッとイケメン”のように謙虚で低姿勢な雰囲気の出ている人が好まれるということだと思います^^

そして2番目が高収入よりも安定した収入であり、浮気の心配もない「低リスク」

これも納得で今の時代は移り変わりの激しい世の中ですから、豪華な生活をするよりも安定した生活を望む人は多いはずです

さらにここ数年で特に話題になりやすくなっている「浮気」ですが、近年は特に浮気を批判する風潮が強くなりましたよね

割と最近の話では嵐の松本潤さんが井上真央さんと交際しているにも関わらず、他の女性と浮気をしていたということがありましたが、やはりイケメンで遊びの多い男性は浮気もしやすいことでしょう

他にも山Pや手越祐也さんなどはかなりのイケメンですが、その分モテるため女性関係も非常に荒いことで有名です

そのような遊び人を彼氏にするくらいなら、多少顔のレベルは落ちても良いから、誠実で1人の女性にだけ尽くしてくれそうな男性の方が女性からは人気かもしれません

ここは意見が分かれるところかもしれませんが、イケメンでモテるが浮気をするという男性より、多少カッコよくなくても自分1人にだけ誠実に尽くしてくれる男性の方が好きという女性は間違いなく一定数いることでしょう

このように考えると2つ目の「低リスク」も非常に納得がいく話です

そして3つ目と4つ目が「低依存・低燃費」となっています

説明によると「低依存」というのは「家事、育児もこなし、自分のことは自分でできる」ということのようですが、これも現代の女性に好まれる大きなポイントと言って良いでしょう

たまに「完璧な人よりも、食事とかは自分で出来な人の方が良い!!」などという「私を頼ってほしい!!」というような声も聞きますが、結婚して長い人生を共にすると考えれば、やはりハイスペックな男性の方が良いですよね^^

またこの「低依存」というのは1つ目の「低姿勢」にも若干重なるところがあり、やはりこれまでの昭和の男性というのは「男は外で仕事。女は家事をするべき」という考え方が強かったですが、今ではそのような考え方は時代遅れですよね

やはり家事は分担、育児も分担という世間の流れはどんどん強まっており、分担とまではいかなくとも男性も手伝うべき!!と考えている女性は多いと思います

そのような点を考えるとやはり今の時代には低依存の男性が求められるのは自然なことですよね^^

そして4つ目の「低燃費」ですが、これは『4低』の中では最も大事かもしれません

やはり今の時代はどの家庭でも経済状態が苦しいところが多く、男性にもお金を使わないことを要求したいものです

もちろん高橋一生さんや星野源さんは莫大なお金を稼いでいるのでしょうが、あくまで今は「好まれる男性の特徴」の話をしているため、彼らのような“チョロッとイケメン”からは「お金のかからなそうな雰囲気」が出ているということです

どうしてもイケメンでチャラチャラした格好をしている人は、お金のかかりそうなイメージもありますから、家庭的な雰囲気が出ているとは言い難いでしょう

その一方で高橋一生さんや星野源さんからはチャラチャラしているような雰囲気は感じられず、誠実な印象も強いため、お金がかかりそうなイメージはそれほどありません

以上のことを総括すると高橋一生さんや星野源さんら“チョロッとイケメン”は、「家庭を作る」と考えた時に好まれるようなポイントをたくさん持っているということになるようです

確かに若くてチャラチャラしたイケメンは多くの女性ファンから「キャーー―!!」と騒がれ、大きな人気を博すのでしょうが、それはあくまで外面の条件だけです

高橋一生さんや星野源さんなどの俳優は容姿ではイケメン俳優に劣るものの、性格や雰囲気などを踏まえた上で考えれば非常に魅力的で世間の女性から好まれるということでしょう

まぁ私自身も流されるわけではないですが、やはり結婚するのであれば高橋一生さんのような誠実そうな男性が良いかなと思いますし・・・(笑)

高橋一生が評価され、愛される理由は!?

最後は本記事のテーマからは若干外れてしまいますが、なぜここまで高橋一生さんが評価され、ファンに愛されるのかについて見ていきたいと思います^^

ここまでに見てきたようにやはり彼のルックスの評価はそれほど高くなく、女性から好まれる部分も容姿というよりは性格や雰囲気の部分が多くを占めていました

普通に考えれば売れる俳優やドラマ、映画で主役を務めることの出来る俳優は一にも二にもルックスが必要になると思います

どれだけ演技力が高くともやはりルックスが必要であり、むしろルックスが抜群であればその他の点は少々問題ありでも見逃されることでしょう

しかし高橋一生さんの場合はそのルックスがあまり評価されていないのです

ですが彼の場合はそのような外見よりもとにかく声や演技力、そして笑いじわなどが人気を博す原因となっているようです

高橋の場合は、顔が格好いいというよりも、声や演技力、笑いじわなどが女性に好評で、完璧に整った顔立ちの俳優よりも“親しみやすさ”があるところが人気なのです。そういう意味では、男性と女性では高橋を見る目が違うのでしょう

「笑いじわ」というのは外見の一部にしていいのかどうか微妙ですが、それでもやはり彼の最大の特徴は独特の低温ボイスと長年磨いてきた演技力にあるようです

特に低音ボイスに関しては至る所で称賛の声が上がっており、顔は甘いのに喋るとハスキーかつセクシーな声にファンからは「たまらない」「落ちそう」などの声が上がっているのだとか

「高橋一生の最大の魅力は?」と言われると、「何といっても声でしょ」と答える女性も多いといいます

そして高評価を受ける2つ目のポイントはやはり演技力にあると言われています

高橋一生さんは演技力で高い評価を受ける菅田将暉さんと同じ“カメレオン俳優”の称号も得ており、これまでも数々の癖のある役柄を演じ切っていました

しかし彼がファンから愛される最大の理由は演技力そのものにあるのではなく、その演技力を培ってきたこれまでの人生にあるというのです

高橋一生さんはご存知の通り36歳で大ブレイクしましたが、子役を始めたのは10歳の頃でした

しかし子役でデビューするも鳴かず飛ばずの日々が続き、ここまで様々な困難を乗り越えてきたことでしょう

そんな“苦労人”の一面が現代の女性から愛される大きな要因になっていると言われているのです

「今はネット社会で、情報が溢れかえっていますよね。著名人は、生い立ちから今現在までばっちり情報が出てくるでしょう。そうすると、けっこう複雑な家庭環境で育ったことや、デビューしてから大ブレークするまで時間がかかったことなどいろいろな情報が出てきて、そこがまた女性の母性本能をくすぐることも多いのです。ムロツヨシさんしかり、高橋一生さんしかりですね」

<中略>

高橋一生も子役デビューし、小学生のころから芸能界でがんばってきた実力派俳優だ。

「2人に共通して言えることは、“苦労人”だということです。デビューしてからずっとスター街道を歩いてきたわけではない。きっといろいろなことを乗り越えてきたんだろうな……と思わせてくれるところに、人は心が動かされるのです」(山田さん)

芸能界は温情のない完全な実力主義の世界なのでしょうから、長年努力をしてきても一向に売れない人もいれば、ポッと勢いでデビューする人もいることでしょう

当然スカウトされたイケメン俳優や女優が活躍するのは悪いことではありませんが、どうしても我々からすると“勝ち組”として見てしまい嫉妬のような感情も感じてしまいますよね

しかし高橋一生さんはこのような“エリートタイプ”ではなく、むしろ長年の下積み時代を経てようやく花が開いた俳優なのです

このような壮絶な過去にどこか自分に似ていると感じ心を動かされてしまう人や、母性本能をくすぐられてしまう人(女性)も多いようです

これは星野源さんも同じで、星野源さんは31歳のときにくも膜下出血と診断され、活動を休止していました

しかしその後病気から見事快復し大ブレイクしたのです

そのような背景を知ると自分と同様、もしくはそれ以上の苦しみを味わってきたということですからやはり応援したくなりますよね^^

このように“苦労人”の一面が高橋一生さんの人気を押し上げているようです

結論:ルックスの評価は高くないが人気は抜群

ここまで高橋一生さんのルックスと人気について見てきましたが、やはり彼のルックスの評価は全体的にはそれほど高くはないようです

しかし彼の人気の根源は何もルックスだけではなく、『声』『演技力』『雰囲気』があるため、この人気ぶりはしばらくは落ちないと思われます

特に『雰囲気』に関しては、私自身初めて「4低」という言葉を知り、非常に感心させられました(笑)

確かに今の時代は「3高」よりも「4低」の方が求められる男性の理想像であり、まさに高橋一生さんはそこに当てはまると思います^^

現時点でどこまで「4低」という言葉が浸透しているのかは分かりませんが、個人的には「4低」が2018年の流行語になり、高橋一生さんや星野源さんが“4低男子”なんて呼ばれることを期待しています(笑)

スポンサードリンク
Pocket