Pocket

松本さんの天才的なボケと、浜田さんの鋭いツッコミで不滅の人気を誇るお笑いコンビ・ダウンタウン

現在でも若手の漫才師は数多く現れていますが、これまでもそしてこれからもダウンタウンを超えるようなコンビは中々現れそうにありませんね^^;

しかしそんなダウンタウンも完全な天下とはいかないようで、やはり彼らのようなコンビにもライバルと言えるような存在はいるようです

それが彼らよりも先輩として活躍しているお笑いコンビ・とんねるず

年齢も芸歴もとんねるずの方が2つ上のようですが、かつては『東のとんねるず、西のダウンタウン』と言われるなど、お笑い界の双璧をなし共に売れっ子として活躍してきました

しかしそんなダウンタウンととんねるずはお互い売れっ子のものの、実は以前から「仲が悪いのではないか!?」という不仲説が流れています

なんでもお互いに売れっ子同士なのに共演が一切ないため、不仲説が流れているようですが本当に彼らは仲が悪いのでしょうか?

今回は根強い噂として語られているダウンタウンととんねるずの不仲説について見ていきたいと思います

スポンサードリンク

ダウンタウンは不仲説を否定

ダウンタウンととんねるずの関係についてまとめていく上で、当然まずは2組の関係について調べていったのですが、実はあっさりと結論が見えてしまいました

なんとダウンタウンの松本さんと浜田さんはこれまでに何度もとんねるずとの不仲説を否定しているのですね^^;

芸能界に根強く噂されているものですから、ダウンタウンもとんねるずも何も語っていないのかと思いきやダウンタウンは何度も不仲説を否定しているのだとか

そのため不仲説を否定したシーンは多く存在するので、ここでは1つずつ見ていきたいと思います

浜田雅功の隣にとんねるず!?

浜田さんは以前、なんとプライベートでとんねるずの2人と共に飛行機に乗ったことがあるようです

なんでも浜田さんはゴルフに行くために飛行機に乗ったようですが、同じ便にとんねるずの2人も乗っており、とんねるずはゴルフのロケ番組だったのだとか

浜田さんが先に飛行機に乗っており本を読んでいると、後ろから隣の席に座ってきた木梨さんに気づいたといいます

すかさず浜田さんが「おはようございます」と挨拶をすると木梨さんは「あぁっ」と驚いた様子で「いいとも以来だね。貴明もいるよ」と返答

浜田さんは石橋さんにも挨拶をしたようですが、浜田さんによると右に木梨さん、左が通路でその横に一般男性、そしてその左に石橋さんが座っていたようです

3人は飛行機を降りると少しだけゴルフの話をしたようですが、それも長いものではなく少しするとすぐに別れたとのこと

浜田さんととんねるずの2人が同じ飛行機に乗ったというエピソードはこれで終わりですが、特に仲が悪いというような印象はありませんよね^^;

とんねるずの番組には呼ばれたら行く

このようなエピソードから浜田さんととんねるずの2人の間に確執などないということは明らかになりつつあるわけですが、一方で松本さんも度々不仲説を否定しています

特に2017年の12月10日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、松本さんはとんねるずとの不仲説を一蹴したのです

この日の放送ではとんねるずの看板番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が2018年の3月末で終了するというニュースを取り上げたのですが、この打ち切りについて松本さんは「ネガティブにとらえがちですけど30年でしょ? これはポジティブに、本当にお疲れさまでしたと明るく受け取りたい」ととんねるずをねぎらいました

さらに社会学者の古市憲寿さんから「実際に仲悪いんですか?」とストレートに聞かれると、松本さんは「全然悪くない」ときっぱり否定

「だって(とんねるずの方が)先輩なんやもん。我々は年も下だし」と語り、『みなさんのおかげでした』が終了するまでに出演する気があるかどうかを尋ねられると「呼んでくれたらいつでも行く」とあっさり答えたのです

しかし「僕はいいですけど、浜田がねえ、人の番組には“出ず嫌い”なんですよ」と語り笑いを誘っていましたが、やはりダウンタウンととんねるずの間に確執などはなさそうですよね^^;

おそらくお互いに売れっ子同士のため、共演がなかったり周囲が気を遣ったりしたのでしょうが、実際には不仲などという事実はなさそうです

2組の間に確執がないということが分かるエピソードは他にもあるのですが、この2つの話だけでも十分に分かったのではないでしょうか?

ここまではダウンタウンの2人をメインに見てきたので、ここからはとんねるずの2人に焦点を当てて話を進めていきたいと思います^^

石橋貴明が語るダウンタウン

ここまではダウンタウンの2人が語るとんねるずについて見ていきました

まぁ見てきたとは言っても一部の情報であり、他にも『HEY!HEY!HEY!』で中居さんから関係を尋ねられた際に、浜田さんが「何で仲悪いと思われてんのか分かれへん。(とんねるずに)絡んだこともないのに、仲悪いも何もないやん」と答えていたなど、やはりダウンタウンサイドはなぜ不仲説が出ているのかすら分からないほど、不仲だという認識はないようです

では一方でとんねるずサイドはどうなのでしょうか?

まずは石橋さんが語るダウンタウンとの関係について見ていきましょう

「笑っていいとも!」で共演した理由

近年では低迷が目立つフジテレビにおいて、最も番組が盛り上がった場面として記憶に新しいのが、『笑っていいとも!』の最終回ではないでしょうか?

同番組は2014年3月31日に32年の歴史に幕を閉じたわけですが、その最終回では歴代レギュラー陣が一気にステージ上に上がったため華々しいフィナーレを飾りました

バラエティ不況と言われる昨今においては、破格の数字ともいえる28.1%もの高視聴率を獲得したわけですが、その背景には豪華すぎるメンバーがあることでしょう

というのもこの日の放送ではなんとステージ上にタモリさん、さんまさん、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナイン、笑福亭鶴瓶さん、中居正広さんという超売れっ子たちが一堂に会したからです

普通に考えれば絶対にありえない面子ですが、やはり『笑っていいとも!』はそれだけの歴史があるのか、各地から売れっ子達が駆けつけ、このような超豪華メンバーが一斉に集ったというわけですね^^

まぁ当初はさんまさんから始まり順番に各コンビがタモリさんとトークをするという構成だったようですが、あまりにもさんまさんが引っ張り過ぎたせいで、残りのメンバーが出てきたのだとか(笑)

そのため浜田さんは出てくるなりいきなり「長ーーーい!!」と言って、さんまさんの口にガムテープを張ったのですが、やはりそのような背景があったということです

しかしこのようなさんまさんのミステイクがあったおかげで、『いいとも!』のステージ上には豪華なメンバーが一斉に集まったのですね^^

しかしこの構成には1つだけ問題がありました

それはかつてから根強く共演NGと言われてきた、ダウンタウンととんねるず・爆笑問題が同時にステージに上がったということです

本来は1組ずつ出てきてトークを交わす予定だったため、ダウンタウンととんねるず・爆笑問題は顔を合わすことはなかったのですが、さんまさんが引っ張り過ぎたせいで同時にステージに上がる必要が出てきたわけですね

しかしダウンタウンとウッチャンナンチャンが出るところまでは良かったのですが、やはり共演NGと言われていたこともあり、スタッフ達は気を利かせてとんねるずと爆笑問題には「上がらないでくれ!」と伝えたといいます

まぁ視聴者からしてみれば「出てくれた方が面白いのに!!」と思うかもしれませんが、やはり現場はかなり殺気立っていたようで、ナイナイの岡村さんによると、各事務所のマネージャーから怒号が飛び交っており、ただ立ち会っていただけの『めちゃイケ』のスタッフまでも「ここまでやるとは聞いてない!」「いったいどうなってんだ!」などと迫られていたのだとか

爆笑問題はさておき、ダウンタウンととんねるずに関しては不仲の事実などないのに、周囲が顔を合わさせないようにしていたということですね(-_-;)

そのため前述したように現場のスタッフは『とんねるずと爆笑問題は上がらないでくれ!』と2組に忠告したようですが、ステージ上で松本さんが「とんねるずが来たらネットが荒れる」と不仲説をネタに笑いを取っているところを見た石橋さんは「太田、一緒に(ステージに)上がろう」と言って太田さんを引き連れてステージに上がったようです

ステージに上がるとすぐさま「今、出ちゃダメ」と松本さん、浜田さんの両者から“注意”が入りましたが、石橋さんは「(時間がなくなり、出番が)終わっちゃうじゃん、だって」と返して見事に会場を沸かせました

やはり共演NGというのは周囲の杞憂であり全く心配することなど無かったようですが、石橋さんはむしろこのようなフジテレビの対応に苦言を呈しているようです

石橋貴明がフジテレビに苦言!?

石橋さんは2018年3月1日の深夜に放送されたニッポン放送『岡村隆史のオールナイトニッポン』にゲスト出演した際、『笑っていいとも!』について質問され、当時の心境を語りました

前述したように『いいとも!』の最終回では、ダウンタウンがステージ上にいることを受けて、スタッフから「上がらないでくれ!」と言われたそうですが、このようなスタッフの対応について石橋さんは「だからフジテレビはだめになるんだよ」と苦言を呈しているようです

石橋さんは「『はぁ?』と思って。俺はもうそういうのが、ほとほと…『だからフジテレビはダメになんだよ』って思っていたから」とバッサリ。

松本さんが「とんねるずが来たら~」と発言して、石橋さんは「すぐに着替えて」相方の木梨憲武さんを呼びに行った。続けて木梨さんが爆笑問題・太田光さんに「行くぞ」と声をかけたという。

なんでも石橋さん曰くフジテレビのバラエティの凄さは、出演者がごちゃごちゃになって、ワーッとお祭りになって・・・というところにあったといいます

しかし最近はそのような企画は全くなくなったと語り、『いいとも!』ではそのような背景からも「バッカじゃねぇの」と思い、スタッフの指示を無視してステージに上がったのだとか

さらにラジオではこのようなフジテレビに対する思いを語った上で松本さんとの不仲説をきっぱりと否定しました

つまり松本さんの発言がなければ、ダウンタウンととんねるず、爆笑問題の共演はなかったかもしれないわけだ。

石橋さんはその上で、「別に俺らはダウンタウンとどうこうあるわけでもない」と明言した。

一緒に壇上に上がった爆笑問題はともかく、とんねるずとダウンタウンの間にはやはり確執などはなさそうですね^^;

そして次に見ていきたいのは石橋さんの相方・木梨憲武さんとダウンタウンの関係ですが、やはり木梨さんも好意的な言葉を語っているようです

木梨憲武は松本人志に感謝

『いいとも!』での共演に関して石橋さんが好意的なコメントを残しているのは今まで見てきた通りですが、相方の木梨さんはそれ以上の言葉を語っているようです

その言葉は2017年9月24日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に答えなくてはいけない!レジェンド芸人に聞きたいことSP!』にてヒロミさんの口から語られました

ヒロミさんと木梨さんは仲が良いようで、周囲ではタブーの雰囲気が漂っているダウンタウンにまつわる話もするようですが、その際木梨さんは松本さんへの感謝の気持ちを語っていたといいいます

なんでもヒロミさんに依れば木梨さんは『笑っていいとも!』のグランドフィナーレに関して「俺は好き勝手やってたのに、松本だけは突っ込んでくれた」と語っていたのだとか

これを聞いた松本さんも「実は俺も助かってんねんけどね」と返していましたが、やはりここにも不仲などはなさそうですね^^

ヒロミに依れば、とんねるずの木梨憲武が「笑っていいとも!」のグランドフィナーレにおいて「俺、好き勝手やって。誰もあれなのに(ツッコミを入れてくれなかったのに)松本だけはツッコんでくれたんだよなあ」とヒロミに語っていたという。

これについて松本は「実はああいうの(木梨の行動)は俺も助かってんねんけどね」とコメントしていた。

しかしこのような松本さんとの良好な関係が明らかになっている一方で、実は木梨さんと浜田さんには個人的な不仲説まで出ています

まぁこの不仲説も大分古いものですが、この不仲説の背景には浜田さんの妻である小川菜摘さんの存在があると言われています

実はまだ浜田さんと小川菜摘さんが交際する前、小川さんは木梨さんの彼氏だったというのです

当時の木梨さんと小川さんは同棲しており結婚も視野に入れていたのだとか・・・

当然今は浜田さんと結婚しているため2人は破局したわけですが、そのような背景から「小川の元カレである木梨を浜田は嫌っている」というような噂が流れているようですね^^;

しかしこの噂には根拠となるようなものはなく、単に妻の元カレという関係から周囲の推測が生じ、不仲説が流れたのでしょう

ここまでにも見てきたように浜田さんはとんねるずとの不仲説はきっぱりと否定していますし、飛行機の中で木梨さんと浜田さんが仲の良い様子で話していたというエピソードから考えても2人に仲が悪いなどという事実はないと思います

確かに昔のヤンチャな浜田さんからは元カレを嫌うというような姿もイメージは出来ますが、実際には浜田さんの言動から見ても不仲という事実は無さそうですよね

このような根拠のないデマには困らされますが、やはりダウンタウンととんねるずには確執などないでしょう

スポンサードリンク

結論:不仲説は完全なガセ!!

ここまで読んでくれた方ならもう分かっているかもしれませんが、ダウンタウンととんねるずの不仲説は完全にガセですね^^

まぁこの噂は悪質なデマというよりは、周囲が色々と推測して共演が無いなどのことから自然と生じてしまった噂という感じでしょう

しかし実際には2組には不仲という事実はありませんでしたし、本人たちも「なぜ不仲と言われるのか分からない」というほど噂には信憑性が無いことが分かりました

このように2組の関係が悪くないことは分かりましたが、最後に少し疑問になるのは「なぜ共演がないのか?」ということですよね

まぁ彼らほどの売れっ子同士であれば共演など当然ないのかもしれませんが、やはり不仲説を払拭するためにも一度くらいは共演してみても良いと思えます

そこで調べてみたのですが、実は彼らに共演が無い理由は大きく3つの理由があるのだとか

その理由がこちら

  1. そもそも番組として面白いのか分からない
  2. 局のスタッフリングが難しい
  3. ギャラが高い

まずは1つ目の理由ですが、当然売れっ子と売れっ子を組み合わせたところでその番組が面白くなるのかどうかは分かりませんよね

確かにダウンタウンととんねるずが共演するともなれば注目は集めるかもしれませんが、それと面白いかどうかはまた別の話です

やはり後輩であるダウンタウンの2人が遠慮するかもしれませんし、逆にとんねるずの方が気を遣いすぎるかもしれません

このように単に「共演しても面白いのか?」という率直な疑問があるようです

そして2つ目ですが、これは私としても驚かされたのですが、やはり彼らほどの売れっ子になるとそれぞれの放送局に担当のプロデューサーや座付きのような放送作家やディレクターが多数いるのだとか・・・

さらにメイクさんや美術デザイナー、カメラマンなども担当かのような常連がいるため、いざ共演をするとなるとこのスタッフをどうすれば良いのかという問題が浮上するようです

どちらかに極端に偏らせると企画そのものも偏ってしまう懸念があるそうですが、一方で混ぜれば上手くいくという訳でもないとのこと^^;

まぁそれぞれにここまでのお抱えレベルがいるというのも驚きですが、やはりそれだけの大御所だということですね

そして3つ目の理由ですが、これが我々一般人には最も想像しやすいものだと思います

それが単純に“ギャラ”(笑)

やはりダウンタウンととんねるずに共演して欲しいと頼むのであれば、2時間特番であれば最低でもギャラは3,000~4,000万円だと言われているのだとか・・・(笑)

あっさりとサラリーマンの年収を超えてしまうような数字に驚きですが、やはり彼らほどの大御所を4人一斉に呼ぼうものならこれだけの額は必要なのでしょう

しかしこれほどの大金はテレビ局でも中々出せないようで、人件費など他の製作費を含めて考えれば、やはりそう簡単に用意できる額ではないようです

以上の3つの理由からダウンタウンととんねるずという大物同士の共演が実現しないということですね^^

まぁ確かに普通に考えればこの2組ほどのビッグコンビが共演する機会などそうはないと思うのですが、やはり不仲説を払拭する意味でも1回はしっかりと共演する姿を見てみたいものです

不仲説が囁かれたとんねるずを相手に浜田さんの容赦ないツッコミが炸裂する姿を放送すれば、間違いなく高視聴率をゲットできると思うのですが・・・(笑)

スポンサードリンク
Pocket