Pocket

松本さんと共にコンビを組み、今や伝説のお笑い芸人となりつつあるダウンタウン・浜田さん

ヤンチャな性格と激しいツッコミで長年芸能界のトップに君臨していますが、今もなおその実力は衰えることがなく依然としてテレビ局からは引っ張りだこですよね^^

そんな浜田さんですが、やはり彼の印象として最も強いのは“ドS”であるということでしょう

激しいツッコミもヤンチャな性格もその土台としてあるのは彼のドSすぎる性格であり、あまりにも度が過ぎることから長年芸能界を共にする同業者たちから恐れられてきました^^

おそらく本人はそれほど変わった性格ではないと思っているのでしょうが、やはり我々一般人からすると彼の行動は明らかに常軌を逸しており、時にはドン引きすることすらあります(-_-;)

そんな浜田さんですからネット上には数々の“ドSエピソード”が転がっており、彼のドSぶりを表す逸話はそこら中に存在しています

そこで今回はそんな浜田さんのドSぶりが分かる数々のエピソードについて見てきたいと思います^^

スポンサードリンク

浜田雅功のドSエピソード

この章はまだ序章だと思ってもらって良いと思います^^

というのも彼のドSエピソードは主に共演者に対するものだからです

しかしここではスタッフに対するものなどを集めたため、彼のエピソードのほんの一部分に過ぎません

それでもぶっ飛んだエピソードもあるので心して読み進めてくださいね^^

雨の日にスタッフにマジギレ!!

浜田さんは海外ロケで雨が続いときにスタッフに「雨やませろ!!」といってキレたといいます

当然雨をやませる力などスタッフにはないため、これは困ったことでしょう^^;

マジシャンの鳩をメッタ刺し!?

若手時代に浜田さんはマジシャンと同じ楽屋になったそうですが、その時マジシャンの鳩が部屋の中で鳴き始めたといいます

するとこの鳴き声にブチ切れた浜田さんは「うるさいんじゃ~!!」と言って、マジシャンが使う短剣で鳥かごの外から鳩をメッタ刺しにしたのだとか・・・

もちろん脅すためのものなので鳩に傷はなかったようですが、松本さん曰くその鳩は舞台中にマジシャンの袖からポテッと落ちてきたそうです^^;

共演者が語る浜田雅功の恐ろしいエピソード

さて本記事はここからが本番です^^

ここまでに紹介した2つのエピソードは浜田さんのドSぶりを表すエピソードとしては非常に薄っぺらいものです

やはり彼の本当の恐ろしさを知るのは、その恐怖を体験した本人たちでしょう

ここからは実際に浜田さんのドSぶりに直面したタレントたちが語るエピソードなので、心して読み進めてください(笑)

【1】田村淳

まずはこちらも人気お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんにまつわるエピソードです

田村さんといえば以前、関西ローカルの番組である『ごぶごぶ』で浜田さんと共演していましたが、その時田村さんは高熱に侵されたことがあったそうです

普通に考えれば高熱のため番組は休むということになるのでしょうが、田村さんは「収録を風邪で休んだらどえらいことになる!!」と浜田さんに怒られることを怖れ、なんとか1日で風邪を治し翌日には収録に参加したといいます

しかし収録後に症状が再発し、病院に行ったところインフルエンザと診断されたとのこと

この診断結果から分かることは、浜田さんの恐怖は“タミフル以上”ということです^^;

【2】明石家さんま

こちらはダウンタウン以上の大物と言って良いほどの芸人・明石家さんまさんにまつわるエピソードです

1986年から87年にかけて放送されていたフジテレビの番組『ひょうきん予備校』にさんまさんは数度講師として出演しました

普通は大物芸能人の登場ということで出演者、ましてや後輩はピリッとするのでしょうが、なんと浜田さんはそんなさんまさんの目の前でタバコを吸い始めたというのです

当時のダウンタウンはまだ芸歴4年目という超若手の時代です

相方の松本さんもさすがにこの浜田さんの行動にはビックリしていたようですが、当時からは浜田さんは強心臓だったようですね(-_-;)

【3】タモリ

さんまさんの次はこれまた大御所のタモリさんにまつわるエピソードですが、浜田さんはタモリさんに対しても大胆な行動をとったといいます

浜田さんは『笑っていいとも!』に初出演した際、タモリさんのことを本名である「一義!!」と呼び捨てにして頭をはたいたのだとか・・・

当時のダウンタウンは芸歴7年の若手時代ですが、やはりここでも浜田さんのツッコミは健在だったということのようです(-_-;)

今でも志村けんさんの頭を叩ける唯一の人物として知られていますが、若い頃から浜田さんは大御所の頭を叩いていたということです^^;

【4】東野幸治

お次は浜田さんよりは後輩ではありますが、これまた売れっ子の東野幸治さん

なんでも東野さんは浜田さんにエアガンで狙われたのだとか・・・^^;

以前東野さんは収録の休憩中にロケ地をプラプラと歩いていると、体がチクッとしたといいます

気になって振り返ってみると、遠くの方から「ヒャッヒャッヒャッ」と聞き覚えのある無邪気な笑い声が・・・

よく見ると視線の先にいるのは浜田さんであり、なんと浜田さんはエアガンを持って東野さんを目掛けてずっと撃っていたといいます

この遊びは「東野狩り」というもので浜田さんの趣味の1つのようですが、小学生のような悪戯ですね(笑)

【5】今田耕司

こちらは東野さんの場合とは違い本気で怒られたエピソードのようです

以前今田さんは浜田さんから『キヨーレオピン』という薬を買ってくるよう頼まれたそうですが、今田さんは初めて聞く名前だったこともあり、違う薬を買ってしまったといいます

すると今田さんから薬の入った紙袋を受け取り、中身を見た浜田さんはこの薬を投げ捨て、「キヨーレオピン違うやないか!!」と叫び今田さんを平手で一発叩いたようです^^;

上下関係の薄れてきた現代だとあまり考えられませんが、やはり昔の体育会系の気質が強いのか後輩への制裁は強烈ですね(-_-;)

これはドSエピソードというより、彼の昔ながらの気質を表したエピソードとして捉える方が良いかもしれません

【6】岡村隆史(1)

ナインティナインの岡村さんがダウンタウンの2人、特に浜田さんを怖がっていることは有名ですが、そんな岡村さんも浜田さんの被害者の1人だというのです

以前岡村さんが車に乗って駐車場から出ようとしたところ、浜田さんを見かけたため「お疲れさまでした」と車の中から挨拶をしたそうですが、その瞬間浜田さんは自分が着ていたGジャンを岡村さんのフロントガラスにバッとかけてきたといいます

突然視界を塞がれた岡村さんは焦り、慌てて急ブレーキを踏んだそうですが、浜田さんはその様子を見てケタケタと笑っていたのだとか・・・(-_-;)

おそらくその時も松本さんが言うように『サル8匹分くらいの笑い声』で笑っていたのではないでしょうか?(笑)

【7】岡村隆史(2)

岡村さんが体験した浜田さんのドSエピソードはまだもう1つあります

しかもそのエピソードはなんと岡村さんと浜田さんが初共演した時のことであり、岡村さんは初共演でいきなり浜田さんからシバかれたのですね^^;

その共演は1994年に放送されたフジテレビの正月特番『ハッスルかましてよかですか!?』でした

ダウンタウンはすでに売れっ子として活躍しており同番組でもMCを務めていましたが、一方のナインティナインはまだ若手でテレビの画面からも緊張が伝わる程完全にアガッていました

そんな緊張の中ついに岡村さんの出番が回ってきたのですが、岡村さんが登場したのは『靴下リーグ選手権』という種目

この種目では靴下を遠くまで飛ばし、誰が一番遠くへ飛ばせるかを競うコーナーでした

しかし岡村さんは緊張のあまり浜田さんから話を振られても全く面白いことが言えず、浜田さんをイラつかせてしまいます

さらに靴下飛ばしでも緊張のせいか、真っすぐ飛ばすことが出来ずコースアウト

「お前、まっすぐ飛ばさなアカンのちゃうんかい!?」と浜田さんは岡村さんに睨みを利かせ、岡村さんは完全放心状態に・・・

しかし横にいた今田さんがフォローを入れ、なんとか岡村さんは2度目のチャンスをもらいました

そして思い切って2度目の靴下飛ばしに挑戦したのですが、なんと2度目の再チャンスでも靴下はコースアウト!!

すると浜田さんは岡村さんに襲い掛かり、暴行にも見えるかのような激しいツッコミを入れたのです

この様子は今でも動画として残っていますが、岡村さんは完全に放心状態でしたし、一方で浜田さんはかなり怖い様子でした

今では放送できないような激しいツッコミであり、視聴者としては面白いシーンでしたが岡村さんとしてはたまったものではないと思います(-_-;)

【8】宮迫博之

お次はこれまた売れっ子の宮迫博之さん

宮迫さんといえばリンカーンで共演していたこともあり、ダウンタウンとは非常に仲が良いイメージが強いですが、そんな宮迫さんにも浜田さんの恐怖体験があるそうです

それはまだ宮迫さんが売れる前の話でした

宮迫さんが駐車場を歩いていたところ高速道路を走るかのような猛スピードを出している車にはねられたといいます

当然これは単なる事故であり乗車している方が悪いということになりますが、そんな車の中から顔出したのは浜田さんでした

すると車をぶつけられた宮迫さんに対して浜田さんは「殺すぞ!!」と怒鳴りそのまま去って行ったのだとか・・・

浜田さんのドSエピソードは通常、聞いていても単なる“面白い話”になりますが、こればかりはさすがにマズいですね^^;

この件に関してはさすがに「人としてどうなんだろう・・・」という領域の話だと思います(笑)

【9】小杉竜一

お次はブラックマヨネーズのツッコミ・小杉竜一さんにまつわるエピソードです

小杉さんが浜田さんの楽屋にハーフパンツとサンダルの格好で挨拶に行ったところ、「なんやねん その格好」と聞かれといいます

小杉さんとしては当然何も悪いことはしていないと思っていたため「あ、ハーフパンツです」とあっさり答えたそうですが、浜田さんからは「そんなんで挨拶するんかい」と怒られたのだとか・・・

おそらく浜田さんとしては何かが気に入らなかったのでしょう^^

それ以降、若手の間では浜田さんに挨拶に行くときはハーフパンツとサンダルはNGで、絶対に長ズボンと靴を履いて行かなければならないという暗黙のルールが出来たとのことです

やはり体育会系の気質が強いのか浜田さんは、後輩の服装などには厳しいようですね

【10】小倉智昭

お次は長年人気アナウンサーとして活躍している小倉智昭さんにまつわるエピソードです

浜田さんと小倉さんは共に北京オリンピックに取材に行っていたようです

しかし2人が取材している間日本は中々振るわず、思うような結果が出ていなかったといいます

すると隣に座っていた浜田さんが「勝たせえや!」と怒鳴ってきたのだとか・・・

まぁ半分ジョークのお話ですが、やはりカメラの回っていない所でも彼の振る舞いは変わらないようですね(笑)

【12】ほんこん

さて長い浜田さんのドSエピソード集となりましたが、いよいよこれが最後の“証人”です

最後はダウンタウンと同じく売れっ子芸人として活躍しているほんこんさんです

浜田さんにとってほんこんさんは非常にイジメやすいのか、ほんこんさんにまつわるドSエピソードはたくさんあるのですが、1つずつ見ていきましょう^^

【13】ほんこん(1)

これはほんこんさんと浜田さんが初めて顔を合わせた時のエピソードです

ほんこんさんは初めてダウンタウンと顔を合わせた時、いきなり浜田さんから「お前顔どないしてんねん?」と言われたのだとか・・・(笑)

さらにその横にいた松本さんも「お前虫食うてそうやな」と“ブサイクいじり”をしてきたといいます

まぁ顔の悪い芸人であれば仕方ないかもしれませんが、少しかわいそうなエピソードですね(笑)

【14】ほんこん(2)

なんでもほんこんさんは浜田さんから「背中にたばこ入れたら熱いんか?」と聞かれたのだとか・・・

このエピソードはこれで終わりの、ただ単純に“質問をされる”という話ですが、これは「いつかやるかも・・・」ということになるそうです(笑)

ちなみに東野さん曰く浜田さんがほんこんさんをいじるときはいつも疑問形なのだとか^^;

他にもほんこんさんは「耳たぶは肩までつくのか?」などの質問をされていたとのこと

実際に浜田さんはほんこんさんの腕を逆に曲げようとしたこともあるそうなので、このような恐ろしい質問はいつか自らの体を使って試される可能性があるということで非常に恐ろしいようです(笑)

ちなみに耳たぶの件に関してはその後浜田さんから「お前の耳たぶはどこまで伸びるんや?」と小一時間引っ張られ、最終的には「伸びひんやないかい!!」とキレられたのだとか

非常に恐ろしいエピソードですね(笑)

【15】ほんこん(3)

浜田さんは大雨のたびに「お前の家流されてへんか?」とほんこんさんの家にイタズラ電話をかけてくるそうです

初めは携帯電話だったようですが、無視されるため次第に家への電話にかけてくるようになったのだとか・・・

何が面白いのかよく分かりませんが、浜田さんとしては迷惑がるほんこんさんがツボなのでしょうか?(笑)

【16】ほんこん(4)

ほんこんさんはある時普通に座っていると、浜田さんから思い切り頭を叩かれたそうです

さらに「どけ!!」と怒鳴られたため、席を空けたところ浜田さんは全く違う場所に座ったのだとか・・・

ほんこんさんからしてみれば先輩のため何も言えなかったのでしょうが、これはツッコミたかったでしょう(笑)

今の若者にしたら即座に嫌われるような浜田さんの無茶ぶりですが、このようなことも笑い話になるため浜田さんはほんこんさんを頻繁にいじっていたのかもしれませんね(笑)

共演者体験談まとめ

ここまでは共演者が語る浜田さんのドSエピソードについて見ていきましたが、やはり浜田さんは恐ろしいお方のようですね(笑)

まぁ元々裏表のない人なので、テレビの前の姿がそのままプライベートの姿なのでしょうが、やはりドSは私生活でも健在だったようです^^;

それでは最後にデビュー前のドSエピソードについて見ていきたいと思います

デビュー前からドSは健在だった!?

ここまで非常に長い記事となりましたが最後に見ていきたいのはまだ彼がデビューする前のエピソードです

少し調べてみて分かったのですが、やはり彼はデビュー前からヤンチャな性格だったようで、ぶっ飛んだエピソードが数多く見つかりました

スポンサードリンク

濡れタオルで妹をシバく

まだ松本さんが少年だった頃の、浜田さんの家を訪問した際のお話です

松本さんは浜田さんを遊びに誘うため浜田さんの家を訪ねたようですが、中からは「ギャーッ!!ギャーッ!!」という叫び声が聞こえてきたといいます

しばらくして浜田さんが家から出てきたため、松本さんが叫び声のわけを聞いたところ「妹が腹立つから濡れタオルでしばいたった」と語ったのだとか・・・

浜田さんのような兄を持つ妹さんは大変ですね(-_-;)

同級生の顔面にロケット花火を発射

浜田さんは小学生の頃、同級生の顔面に向かってロケット花火を打ったのだとか・・・

すると相手は避けることが出来ず見事に顔面に命中し「パンッ」と弾けたといいます(笑)

子供の頃は“町のチンピラ”だった

浜田さんは子供の頃から目立ちたがり屋の悪ガキだったようですが、なんと幼少期には同級生の玄関のドアをノコギリで切ったというエピソードがあります

浜田さんは友人宅の新聞受けにノコギリを突っ込み、そこからドアを真っ二つにしたのだとか・・・

さらにそこから友人の父親の酒に胡椒を入れたり、おしっこを入れたりしてイタズラをして帰ったとのこと

注意して欲しいのですがこれは“友人宅”での話ですからね?^^;

まぁ今とは時代が違うため我々からするとかなりぶっ飛んだエピソードに聞こえますが、当時はこのようなことが頻繁に起こっていたのでしょうか?

いやそんなはずがありません(笑)

やはり当時から浜田さんのヤンチャぶりはかなりのものだったということです

松本人志の元相方と喧嘩

松本さんには子供の頃、仲の良い“伊東”という友達がいたようです

この伊東さんと松本さんは噂によると元相方という関係のようですが、その伊東さんと浜田さんが喧嘩になったのだとか

すると浜田さんは伊東さんをヘッドロックし、その頭をキリンビールの壁に何度もぶつけたといいます

その喧嘩は浜田さんの勝利に終わり、松本さんは横でただただ眺めていたようですが、浜田さんが「まっつん行こうや」と呼びかけ浜田さん側に付いたとのこと

後に松本さんはこの時の喧嘩について「人生の分岐点だった」と回想していますが、この時に浜田さん側に付いたことにより浜田さんと松本さんはコンビになったということのようです^^

浜田雅功のヤンチャ伝説:まとめ

ここまで浜田さんのヤンチャ伝説を見てきましたね

まぁ“ヤンチャ”というよりは“イタズラ”という感じの部分も多かったですが、彼は幼少期から大人になるまで性格は全く変わっていないようです

さらに裏表のない性格なので、テレビで見るドSな姿がそのままプライベートの姿なのでしょう

しかしそれでも多くのタレントや後輩から慕われているのは、ドSな仮面の下に優しい素顔が隠れているからだと思います

ちなみにそのような浜田さんの優しさについてまとめたのがこちらの記事です^^

【人気記事】

>>浜田雅功はやはり優しくて後輩想い!?誕生日に明かされた数々のエピソードとは!?

浜田さんがここまで人気を博す理由は、単に面白いからだけではなく、このように性格に裏表がないことや、実は優しいという部分に拠るところも多いと思います

そのためプライベートでは周囲の人間から愛され、テレビに出れば視聴者から人気を博すということですね^^

若い頃から活躍してきた浜田さんも既に54歳とかなりの年齢になってしまいましたが、まだまだ元気な姿を見せてほしいですよね

これからも激しいツッコミと子供らしいイタズラ好きな笑顔で、お茶の間に笑いを届けてくれることを期待しています^^

スポンサードリンク
Pocket