Pocket

k-1史上初の3階級制覇を成し遂げ、現在k-1界のシンボルとして活躍している武尊選手

武尊選手と言えばそのアグレッシブに攻め続ける超攻撃的スタイルから『ナチュラル・ボーン・クラッシャー』の異名を持つ天才格闘家ですが、K-1には詳しくなくても彼の存在については知っているという人も多いのではないでしょうか?

現在の新生k-1界を支えているのは間違いなく武尊選手であり、そのルックスも端正なことから若い女性や子供からも絶大な人気を誇っています

しかしそれでも現在の日本ではそれほど格闘技はブームではないため、名前くらいは知っているものの彼についてはまだ詳しくないという人は多いかもしれません

そこで今回の記事ではk-1界の新カリスマ・武尊選手について詳しく見ていきたいと思います

スポンサードリンク

武尊 プロフィール

  • 【本名】:佐川武尊(さがわ たける)
  • 【生年月日】:1991年7月29日
  • 【リングネーム】:武尊
  • 【ニックネーム】:ナチュラルボーンクラッシャー
  • 【身長】:168cm
  • 【体重】:58kg
  • 【出身地】:鳥取県米子市
  • 【所属】:チームドラゴン
  • 【入場曲】:3OH!3/Touching onmy

武尊選手は1991年7月生まれで現在26歳のようです

まず彼のプロフィールについて気になるのが名前ですが、リングネームだけでなく本名も『武尊』なのですね^^;

かなり変わった名前のような気がしますが、名前の由来は日本神話に出てくる『ヤマトタケルノミコト』なのだそうです

まぁ私はこの『ヤマトタケルノミコト』については全く知らないので名前の由来と現在に関連性を見出すことは出来ないのですが、しかし名前に『武』という文字が入っている格闘家はカッコいいですね

そしてこのような神話由来の名前を付けられこの世に生を受けた武尊少年ですが、彼が格闘技を始めたきっかけはk-1だといいます

武尊少年は小学2年生の時にテレビで見たk-1に憧れ、空手道場に入門したのだそうです

その後中学までは空手を続け、高校進学後はキックボクシングに転向

高校はボクシング部のある高校に入学したのですが、なんとたった3ヶ月で退学したそうです

これについて本人はあるインビューで「(高校を退学した)理由?まぁいろいろですけど、やんちゃだったのかな(笑)」と答えています

まぁ大体予想通りですが高校時代の武尊少年は少しヤンチャだったということですね(笑)

しかし彼はこの高校退学後に単身でタイへ修行に向かうのです

過酷すぎるタイでのトレーニング

中学時代からのヤンチャ癖を封印できずたった3ヶ月で高校を退学になってしまった武尊選手

高校入学当時の武尊選手は子供好きなことから将来はk-1ファイターか保育士になろうと考えていたようです

しかしあっけなく高校を退学になってしまったため保育士への道は途絶えてしまったのですが、そのおかげで彼はk-1ファイター一本へと道を絞ることが出来たのです

退学後彼は高校のボクシング部へ参加できないことからキックボクシングジムへ通い始めたのですが、17歳になると格闘技への熱はさらに強まりアルバイトで1年半かけて貯めたお金を元手に単身でタイへ向かうことを決意します

この理由について武尊選手は「当時、魔裟斗さんや山本“kid”徳郁さんなど、トップファイターたちは皆タイでトレーニングを積んでいたから」と語っていますが、この決断はかなり思い切ったものですね^^;

そして武尊選手は強くなりたいという思いを胸にタイへ渡ったのですが、タイでの修行の日々は想像を絶するほどの過酷さでした

修業は1日8時間で、寝泊りはタイ人と雑魚寝

当然お風呂などはなく、武尊選手は何度も心が折れそうになったそうですが、それでも強くなるという目的を果たすため自らを奮い立たせる日々が続いたそうです

そしてそのような辛い日々を乗り越え帰国し、k-1甲子園に出場するために通信制の高校に入学

k-1甲子園に出場するための条件は『現役高校生であること』なので武尊選手は高校に入り直したのですが、なんと2009年に出場したk-1甲子園第3大会ではまさかの関西地区予選2回戦で敗退

全国大会にすら出場することが出来なかったのです

この結果に悔しさを抑えきれなかった武尊選手は、泣きじゃくりながら本部席にいた前田憲作さん(k-1甲子園プロデューサー・当時)に「僕こんな弱くないんです!!もっと強くなりたいです!!」と訴えたといいます

すると前田さんから『うちのジム(チームドラゴン)に来たら強くなる』と言われ、武尊選手は高校を卒業するとともにチームドラゴンに入門

チームドラゴンへの入門後もお金がなく特売のもやしと鶏ムネ肉しか食べることが出来ないような日々が続いたのですが、それでも武尊選手は強くなるためと決して逃げませんでした

そして2010年のチームドラゴンへの入門後、2011年からKrush.12にてデビューを飾るのですが、そこからここまでの戦績は『35戦34勝1敗(20KO)』という驚異的な数字を叩き出しているのです

このような過去を知ると格闘技はやりたくないという思いになってしまうのですが、武尊選手の今の華やかな経歴を支えているのは、このような過酷な日々だったということですね

高校退学後、一度は道を外れかけた武尊選手ですが子供の頃に抱いた「k-1ファイターになりたい!!」という夢が彼を道に引き戻してくれたということです

彼自身k-1についてこのような思いを語っています

格闘技に、K‐1に育てられて今の僕がある。だから、僕はK‐1がもっと有名になるように、格闘技が人気スポーツになるように、僕がスターになる。

このような武尊選手の思いを聞くとつい応援したくなってしまいますね^^

現在から最も近い試合は9月24日に行われるイタリアトップレベルの実力を誇るハードパンチャー・ルカ・グルソビン選手との試合です

地上波で放送されるのかAbemaTVで放送されるのかは分かりませんが、とにかく注目の1戦なので皆さんもぜひ見てみてください^^

スポンサードリンク

武尊の彼女は!?

最後に武尊選手の恋愛事情について見ていきましょう^^

武尊選手は言わずと知れたk-1界のトップファイターなのですが、ルックスも非常に整っていることで知られています

格闘技界では魔裟斗選手などルックスの整った選手も少なくないという印象を受けるのですが、まさに武尊選手はイケメンファイターだということですね

そしてまずは気になる現在の彼女ですが、現在の武尊選手には彼女はいないようです^^

すでに26歳と結婚を考えても良い年齢ですが、今のところは結婚の兆候なども全くなさそうですね

さらにこれまでに噂された著名人との熱愛疑惑に関しては足利美弥さんと板野愛さんの名前が挙がっています

まぁ著名人とは言ってもそれほど有名な人ではないのですが、足利美弥さんの画像はこちらとなっています

美しい方ですよね^^

実は足利さんも板野さんもラウンドガールを務めている女性のようで、そのような経緯から武尊選手との熱愛疑惑が浮上したようです

しかし2人は単にラウンドガールをしている女性というだけであり武尊選手との熱愛を裏付けるような情報は一切ありません

つまり足利さんも板野さんも武尊選手の彼女ではないということですね^^

そもそも武尊選手には試合前1ヶ月程は彼女と連絡を取らないというエピソードがあるようで、武尊選手曰く彼は1つのことにしか集中できないタイプのようで試合が続くと他のことは何も考えられなくなるのだとか

特に試合前になると例え彼女であろうとも連絡を1ヶ月程無視するため会わない日が続いて結果的にフラれてしまうそうです(笑)

このようなエピソードを聞くと彼氏としてはいかがなものかと思いますが、アスリートとしてはカッコ良さを感じますね^^

女性に脇目を振らずに一身に格闘技に取り組んでいるのですから

しかし武尊選手の恋愛エピソードにはこのようなカッコいいものだけではなく、いわゆる“ゲスエピソード”あるようです

実は武尊選手は中学時代には大の女性好きだったようで、中学時代だけでも12,3人の女性と付き合ったことがあるといいます

12,3人の女性と付き合ったと言っても2股や3股をかけて遊んでいたのではなく、当時の武尊選手は思春期だということもあり可愛い子がいるとすぐに好きになってしまう状態だったのだとか

そのため可愛い子を見つけるとすぐにその子にアプローチしてしまうのですが、実際にアプローチに成功すると興味を失ってしまい交際に発展しても何もせずすぐに別れてしまったそうです

すなわち付き合うことがゴールになっていたということですね^^;

そのため1人の子と付き合ってはすぐに興味を失い、また新しく可愛い子を見つけると好きになってしまいアプローチをするため結局10人以上との女性と交際するということになってしまったのです

なんでも中学時代から28回も告白し続けて20歳くらいになってやっと付き合えるようになった女性もいたそうですが、その間にも他の女性数人と交際していたといいます

結局そのような女性を弄ぶような状態が続いたため、最終的には女性に被害者の会を設立され謝る羽目になったそうです^^;

武尊選手曰く最も仲の良かった元カノから「神社で祭りがあるから行かない?」と誘われ行ってみたところ、そこには屋台ではなく過去に交際した元カノが全員揃っていたのだとか・・・

状況を察した武尊選手はすぐに逃げようとしたそうですが、あえなく捕まり元カノ全員に謝罪することになったようです

まぁ昔の話なのでそれほど責めるわけにもいきませんが、この辺りは武尊選手の悪いところかもしれませんね

中学時代の武尊選手はモテたいという理由から髪を染めたりバンドを組んでいたりしたそうですが、その結果本当にモテ男になったということです

しかしモテすぎるが故に多くの女性を傷つけてしまい、最終的には謝ったということですね(笑)

イケメンファイターのブラックな過去ですが、このような奔放さも格闘家には必要なのかもしれません^^

今回のまとめ

今回の記事ではイケメンk-1ファイター・武尊選手について見ていきましたね^^

武尊選手は高校退学を機に一度は道を外れかけたようですが、「k-1ファイターになる!!」という格闘技への強い思いから再び夢への道と戻ってきたようです

その結果現在では35戦34勝1敗20KOという異次元の数字を叩き出しているのですから、彼本人にとってもk-1ファンにとっても良かったということは間違いないですね^^

そしてイケメンファイターとして気になる彼女の存在ですが、現在の武尊選手には彼女はいないようです

なんでももう1年ほどいないとのことなので、k-1選手として全盛期の間は彼女は作らないかもしれませんね

武尊選手もすでに26歳ですし肉体を考えると自身のトップコンディションを維持できる期間はそう長くはないでしょう

k-1ファイターとして全盛期を過ぎた後でも恋愛はたっぷり出来ますし、それまでは彼女は作らないのではないでしょうか?

彼は自らも語るように現在のk-1界のシンボル的存在ですから、今後も可能な限り長く活躍して欲しいですね

現在のk-1はやはり以前と比べると少なからず人気が衰えているようにも感じますが、そんなk-1界を盛り上げるために最も必要な選手は間違いなく武尊選手でしょう

これからもk-1界の新カリスマ・武尊選手をみんなで応援していきましょうね^^

スポンサードリンク
Pocket