Pocket

元大統領夫人であり現在はタレントとして活躍しているデヴィ夫人

自由奔放なキャラクターと物怖じしない強烈な毒舌で老若男女から絶大な支持を誇っていますよね^^

現在で既に78歳と中々の高齢となっていますが、そんな老いは感じさせないバイタリティで日本のお茶の間に笑いを届けてくれています

そんなデヴィ夫人ですがやはり彼女について誰もが抱く印象が『お金持ち』ということですよね

さすがは元大統領夫人ということでかなりのお金持ちとして知られているのですが、一体何故彼女はあそこまでお金持ちなのでしょうか?

元々デヴィ夫人が結婚したインドネシアのスカルノ大統領は1970年に亡くなっていますし、彼女がこれまでお金持ちとして活躍してきたのは実は謎の部分も多いと思います

当たり前のようにテレビでセレブ自慢をしているため彼女がお金持ちなのは自然のことのように思ってしまうのですが、意外とその理由を知らないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では何故デヴィ夫人があそこまでのお金持ちなのかということを徹底的に検証していきたいと思います^^

スポンサードリンク

デヴィ夫人 プロフィール

  • 【名前】:デヴィ・スカルノ
  • 【本名(インドネシア名)】:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
  • 【旧名(日本名)】:根本 七保子(ねもと なおこ)
  • 【通称】:デヴィ夫人
  • 【誕生日】:1940年2月6日
  • 【星座】:みずがめ座
  • 【出身地】:東京都
  • 【血液型】:A型
  • 【身長】:159cm
  • 【体重】:47kg

ハーフのような顔立ちから日本人だとは思っていない人も多そうなデヴィ夫人ですが、彼女は日本人の両親から生まれたれっきとした日本人なのですね

旧名は根本七保子という名前であり、大工の父親と病気がちな母親から生まれた1人の弟を持つ4人家族の長女のようです

そして今でこそ裕福なイメージのあるデヴィ夫人ですが、生まれた頃の家庭は決して裕福ではなく多額の借金を抱えていたといいます

そのようなお金に困る家庭ですからデヴィ夫人は中学を卒業すると東京都立三田高等学校定時制部に進学すると同時に150倍の難関を突破して千代田生命保険に入社します

定時制の高校に通いながら会社にも出勤するというだけでも大変なのですが、当時のデヴィ夫人はさらに家庭を助けるために昼休みや休日にも喫茶店などでアルバイトをしていたのだそうです

今のデヴィ夫人からは考えられないような日々ですね(-_-;)

現在のデヴィ夫人は本当にそれほどの価値があるのかというような超高級な宝石を手につけ高笑いしている印象があるのですが、過去にはこのような辛い日々を送っていたということです

さらに1956年に父が亡くなると高校を中退し、赤坂の有名高級クラブ『コパカバーナ』で働くことになります

それから3年後の1959年、19歳の時にはインドネシアへの開発援助に伴い『東日貿易の秘書』という名目でインドネシアのスカルノ大統領のもとへと送り込まれました

19歳で他国の大統領のもとへ送り込まれたのですね・・・(-_-;)

いくら強心臓のデヴィ夫人と言え年齢的にも相当不安だったことでしょう

このようにして当時まで根本七保子という名前だったデヴィ夫人はスカルノ大統領と出会うことになるのです

スカルノ大統領の死と遺産分与

19歳という若さでインドネシアに渡ったデヴィ夫人

インドネシアに渡って数年は愛人の1人だったそうですが、1962年に正式にスカルノ大統領と結婚し第3夫人になっています

ちなみに調べてみたところインドネシアはイスラム教が多いため男性は4人まで夫人を持つことが許されているようです

そのような経緯からスカルノ大統領の第3夫人となったデヴィ夫人ですが、同時期に彼女の心を痛める2つの事件が起こりました

それが母親と弟の死

実はデヴィ夫人がスカルノ大統領の第3夫人になったのと同時期に、マスコミの執拗な取材により体調を崩していた母親が亡くなっていたのです

更にその2日後にはセールスマンに全財産を騙し取られた上、母親の死に目に逢えなかった実の弟である八曾男さんが自宅アパートでガス自殺をしました

これを伝え聞いたデヴィ夫人当然ながらかなりのショックを受けたようで、「何時までも心を離れない悲しいトラウマになっている」と語っていたといいます

そして母親を失ったことを機に彼女はインドネシアへと国籍を移し『宝石の妖精』という意味の『ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ』に改名しました

それから3年後の1965年9月30日にインドネシアでは軍事クーデター(9月30日事件)が起こり、スカルノ大統領が失脚

代わりにスハルトが大統領となりました

当時はデヴィ夫人を含むスカルノ元大統領の第2夫人以外の夫人は皆大統領のもとを離れ逃げ切ったといいます

さらに1967年になるとデヴィ夫人は都内の病院にて娘のカリナさんを出産するのですが、その後彼女は政治的に亡命者に寛容なフランスを亡命先に選びました

第3夫人としてデヴィ夫人を婚約者にしていたスカルノ元大統領ですが、彼は大統領に就任している時からクーデターを予期しインドネシアからスイスへと巨額の資金を確保していたと言われています

しかし1970年にスカルノ元大統領が亡くなるとデヴィ夫人はスカルノ家、ならびにインドネシア政府から財産の相続権利や子供のスカルノ一族としての地位などを喪失し、第3夫人としての資産は与えられなかったと言われているのです

その一方で本当はスカルノの死去時に遺産を与えられたとも言われており、またいずれにしてもその後インドネシア政府の方針により第3夫人として遺産分与が行われたそうなのでデヴィ夫人はスカルノ元大統領の遺産を与えてもらったということですね^^

その後様々な事柄を経て1991年にアメリカのニューヨークへと移住すると、ここからインドネシアの第一線から退き、その後の政変や第1夫人・第2夫人を中心とした政治の動乱には巻き込まれることなく日本に帰国し現在へと至ったと言われています

スポンサードリンク

デヴィ夫人が超お金持ちなのは何故!?

ここまではデヴィ夫人の過去について見ていきましたね^^

デヴィ夫人の過去は現在からは想像もできないような辛いものであり、やはり時代の違いを感じるものでした

正直に本心を綴ると私はデヴィ夫人の過去を知ったことで少し彼女を好きになったのですが、皆さんはいかがでしょうか?(笑)

普段はお金持ちアピールをしたりズバズバ本音を言うので少し嫌いな所もありましたが、このような過去を知ると急に親近感が湧いてきたのです^^

そんなデヴィ夫人ですが、このような過去を知ってもなおやはり彼女の第一印象は「お金持ち!!」ということですよね

テレビで見ていても彼女がかなりセレブなことは分かりますし、実際に彼女の生活のセレブさを裏付けるような証拠はたくさんあります

ちなみに彼女のセレブさを今一度実感するために過去に放送されたデヴィ夫人の自宅の画像を見てみることにしましょう

これは全て一度の番組で紹介されたものですが、彼女の家には豪華なものがたくさんありますね^^;

ちなみにこの家は日本のものではなくニューヨークにある自宅なのだそうですが、実はこの家は家賃相場200万円(月額)と言われるニューヨーク五番街から徒歩数分の場所にあるのですね

当然ながら土地代もかなり高かったことでしょう

また他にもデヴィ夫人の金持ちエピソードはたくさんあり、有名なものでも「バリに別荘を持っている」「ニューヨークに不動産を持っている」などという金持ちエピソードがあるのです

日本の自宅も渋谷区の高級住宅街に豪邸を持っているため、やはり彼女の資産はかなり多いことは間違いないと思います

ちなみに私がネット上の記事を調べてみた限りでは彼女の資産に関する意見として総資産は30億~50億という意見が多かったです

このような情報を見る限りデヴィ夫人の資産がかなり多いことは明らかなのですが、皆さんが気になるのはやはりどのようにしてこれほどまでの資産を築いたのかということですよね^^

もちろん私も気になり調べてみました

そしてその結果ですが、実は彼女が資産を築いた方法は・・・分かりませんでした(-_-;)

調べればすぐに分かるだろうと高を括っていたのですが、実際にはデヴィ夫人の収入源は全く分からなかったのです

彼女の現在の収入源はタレント活動、講演活動、資産運用益、事業収入などのものがあるのではないかと言われています

しかしタレント活動の収入はそれほど多くないようで、以前あるバラエティ番組のスタッフがデヴィ夫人のギャラは異様に安いことを明かしました

「基本的に、彼女はNGが一切ないんです。本人が『私はなんでもやりますよ』と言ってますし、来た仕事は断らないというのがスタンスのようです。過酷なロケでも全然OKですし、何せお金には困っていないのでギャラも激安なんですよ(笑)。本人は若い頃にできなかったことができて、楽しんでるようですよ」(バラエティスタッフ)

これが本当であれば素晴らしい姿勢ですね^^

彼女の場合強烈な発言が物議を醸すこともありますが、やはり自由奔放なキャラクターと毒舌な発言は世間から人気があると思います

そのようなタレントを激安で使えるのであれば多くの番組が彼女を使いたいと思うことでしょう

事実ネット上でも「デヴィ夫人は暇つぶしにバラエティに出ているように見える」などという意見もあるので、彼女自身バラエティ番組に出演することは仕事ではなく遊びだと思っているのかもしれませんね^^;

またデヴィ夫人は自らが代表取締役を務める『株式会社デヴィーナ・ソサエティ』という法人を持っていたり、不動産による収入もあると考えられているのですが、やはり彼女の資産の土台となったのはスカルノ元大統領の遺産ではないかという意見が最も信憑性が高いようです

確かにどれだけ不動産や事業で稼いだとしても、今のデヴィ夫人ほどの資産を形成するとはとても思えませんよね

会社もソフトバンクほど大きいものとなれば彼女の資産を作ることも可能かもしれませんが、デヴィ夫人の会社がそれほど大きなものとは思えません

やはり現在の彼女の資産の土台となっているのは、スカルノ元大統領の遺産もしくは大統領夫人時代の資産によるところが大きいと思います

まぁデヴィ夫人自らが公開していないため何故あれほどの資産を形成できたのかは分かっていませんが、やはり多くの人は彼女の資産の土台はスカルノ元大統領の遺産だと考えているということですね

今の贅沢ぶりを見ると彼女に反感を感じる人も多くいるかもしれませんが、それでも若かりし頃の貧乏な状態を知るとあれくらいは良いのでは?と思ってしまいますよね(笑)

強烈なキャラゆえファンもアンチも多いデヴィ夫人ですが、私としてはこれからもテレビで活躍する姿を見せてもらいものです^^

スポンサードリンク
Pocket