Pocket

芸能界の中で最も有名な姉妹と言えば広瀬アリスさんと広瀬すずさんですよね^^

2人とも美人でキャラも濃いため多くのファンから愛される姉妹タレントとなっています

他にも浅田舞、真央姉妹や平愛梨、祐奈姉妹など有名姉妹は割と多いような印象を受けますが、そんな中で近年一際強い輝きを見せているのが上白石姉妹ではないでしょうか?

姉の萌音さんと妹の萌歌さんは2つ違いの姉妹なのですが、2人ともルックスが整っており近年メキメキと知名度を上げている実力派姉妹です

今回の記事ではそんな上白石姉妹について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

上白石萌歌 経歴

今回の記事では上白石姉妹について見ていこうと思うのですが、まずは妹の萌歌さんから見ていこうと思います

その理由はズバリ私がドラマ『義母と娘のブルース』にハマっているから・・・

私は今綾瀬はるかさん主演のドラマ『ぎぼむす』に非常にハマっているのですね

そしてそんな『ぎぼむす』の主役級キャラ・宮本みゆきを演じている萌歌さんに興味を持ちこの記事を書こうという思いに至ったのです

そのため当記事では姉の萌音さんの前に萌歌さんについて見ていきたいと思います^^

それではまずはプロフィールからどうぞ

  • 【名前】:上白石 萌歌(かみしらいし もか)
  • 【生年月日】:2000年2月28日
  • 【出身地】:鹿児島県鹿児島市
  • 【身長】:162cm
  • 【血液型】:A型
  • 【職業】:女優
  • 【所属事務所】:東宝芸能

萌歌さんは2000年生まれで現在18歳なのですね^^

2000年生まれとは言っても誕生日が2月なので、現在は大学1年生の年齢ということになります

そんな萌歌さんですが、彼女が芸能界にデビューしたきっかけはあるグランプリで優勝したことからでした

そのグランプリが東宝シンデレラオーディション

萌歌さんは10歳の時に第7回東宝シンデレラオーディションに応募し、応募総数44,120人の中から見事グランプリに選ばれたのです

萌歌さんが優勝するまでは12歳でグランプリを獲得した長澤まさみさんが最年少グランプリとなっていたそうですが、見事萌歌さんはその記録を塗り替えたようです

また東宝関係者からは「最終審査は審査員から満場一致。東宝シンデレラが持っていて欲しいものをすべて持っていた」と絶賛されていたため、周りに圧倒的な差をつけての優勝だったのでしょう

まぁ今の彼女の活躍を見る限り審査員の目に狂いはなかったのでしょうが、やはりプロは素質を見抜く高い目を持っているということでしょうか?^^

この優勝を受けて萌歌さんは「夢みたいで信じられない。(この気持ちを)家族や、習っているミュージカルの先生に伝えたい」と語っていましたが、4万人の中から優勝となればそれは信じられなくも無理はないでしょう(笑)

審査員から見れば圧倒的な優勝でも萌歌さん本人からしてみれば信じられないような驚きの結果だったということです

グランプリを獲得した萌歌さんはファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなります

その後2012年にはドラマ『分身』で女優デビューを果たすと、2015年には『ス・マ・イ・ル』という歌でCDデビュー

ちなみにこの『ス・マ・イ・ル』という歌はNHKの『はなかっぱ』というアニメのOPのようです(実は私はちょこちょこ見ていました)

その後も映画『ハルチカ』などの人気作品に出演し、2018年には山崎賢人さん主演の映画『羊と鋼と森』で萌音さんと姉妹初共演を果たしています

当然ながらグランプリの優勝者ということで事務所のプッシュもあるかもしれませんが、これだけ多くの作品に出演しているということはやはり素質があるということですよね^^

素晴らしい経歴ですが続いては彼女の趣味や学歴について見ていきたいと思います

上白石萌歌の学歴は!?

続いては萌歌さんの詳しい学歴について見ていきましょう

10歳の段階でグランプリで優勝し、12歳の段階で既にドラマに出演していた萌歌さん

当然ながら芸能活動がしやすいような学校に通っている可能性が高いですよね

そんな予想は的中し萌歌さんの出身中学校は東京の実践学園中学校となっているようです

しかし元々は地元である鹿児島の皇徳寺中学校に進学していたようで、13歳の時に姉の萌音さんと共に実践学園中学校に転入したと言われています

そしてそのまま高校へは内部進学の形で進んだとのことです

ちなみに実践学園高校の偏差値は58~61と言われているため、萌歌さんは非常に頭が良いようですね^^

現在は18歳となり大学1年生の年齢となっているのですが、どの大学に進学しているのかは特定されていないようです

しかし噂によると姉の萌音さんと同じ明治大学に進学したのではないかと言われているようであり、大学内でもチラホラ目撃情報があったのだとか・・・

その一方で姉とは違う明治学院大学に進学したという噂もあるようなので、ハッキリしたことは分かっていません^^;

ちなみに明治大学の偏差値は62.5、明治学院大学の偏差値は57.5と言われているためいずれにしても萌歌さんは頭が良いということでしょう

萌歌さん以外の芸能人としては若手俳優の佐野勇斗さんも明治学院大学に通っていると言われていますね

佐野勇斗さんの大学について知りたいという方はこちらからどうぞ^^

続いては萌歌さんの性格ですが、彼女は以前インタビューで自らについてこのように語っていました

「小さいころは極度の人見知りだったんです。今はだいぶ直りましたが、それでもまだなかなか難しくて」

最近は人見知りの人が増えているような気がしますが、萌歌さんはまさにその典型的なタイプかもしれませんね^^;

徐々に直っているもののまだ人見知りということはかなりの人見知りだったのでしょう

また彼女の趣味は以下のようなものとなっているようです

  • 歌うこと
  • 踊ること
  • 詩を書くこと
  • サイクリング

かなりアナログなものとなっていますね^^

非常にお金のかからない女性のようですが、詩を書くというのは珍しい趣味のような気がします

このような点を見てもやはり彼女は何かを表現することが非常に好きなようですね

それでは次に姉の萌音さんについて見ていきましょう^^

スポンサードリンク

上白石萌音 経歴

  • 【名前】:上白石 萌音(かみしらいし もね)
  • 【生年月日】:1998年1月27日
  • 【出身地】:鹿児島県鹿児島市
  • 【身長】:152cm
  • 【血液型】:AB型
  • 【所属事務所】:東宝芸能

続いては萌音さんについて見ていきましょう^^

萌音さんの身長は萌歌さんよりも10cmも低い152cmとなっているようです

2人で並べば萌音さんの方が妹だと勘違いされるかもしれませんね

そんな萌音さんですが彼女も萌歌さんと同様に2011年の東宝シンデレラオーディションにて芸能界への扉を開いたそうです

萌音さんはこのグランプリで審査員特別賞を受賞し、同年11月には大河ドラマ『江~姫たちの戦国』にてドラマデビューを果たしています

それから3年後の2014年には映画『舞妓はレディ』で主人公の春子役を演じ、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など様々な賞を受賞しています

また2016年には大ヒット映画『君の名は。』でヒロインの宮水三葉の声を担当していますが、新開誠監督は萌音さんに関してこのようなコメントを残しています

「当日に決めてしまったくらい、声を聞いた瞬間にお願いしたいなと思いましたね。声そのものの情報量がすごく多いですし、声の透明さの奥に真っ直ぐな感情が透けて見えるなと思いました」

かなり声に関する評価は高いようですね^^

萌音さんは萌歌さんに比べて広い分野で活躍している印象がありますが、その背景にはこのような才能があったということです

続いては萌音さんの学歴について見ていきましょう

前述したように萌歌さんは13歳の時点で上京したとのことなので萌音さんは15歳時に上京したということになりますね

実際に萌音さんは中学生の時には仕事の度に鹿児島から東京へと通っていたようで、高校進学を機に上京し実践学園高校に進学したといいます

先程も見たように実践学園高校は偏差値が高い高校なので姉妹揃って頭が良いということですね

そして気になるのが彼女が現在通っている大学ですが、実は明治大学ではないかと言われています

何故明治大学の噂が浮上したのかということですが、その理由は3つあるようです

まず1つ目が「入学式で見た」という噂が流れたから

明治大学の入学式に参加した学生から、式で萌音さんの姿を見たという目撃情報が流れたと言われているのですね

しかしこの目撃情報はそれほど多くもなかったためネット上ではあまり信用されていないようです

次に2つ目ですが、2つ目は過去に行われた萌音さんのインタビューの内容が明治大学国際日本学部の特徴を捉えていたからというもの

まぁこのインタビューがどのインタビューなのかは分からないのですが、過去に行われたインタビューにより発覚したというのですね

そして3つ目がロックバンド『DISH//』のMASAKIさんが萌音さんと一緒の大学に通っているとコメントしたからだと言われています

MASAKIさんは明治大学に通っているため、これらの情報から萌音さんの通う大学が明治大学だということでほぼ間違いないと言われているのですね^^

まぁここまで情報があるのであれば間違いないかもしれません

そして気になるのが萌音さんの学生生活ですが、彼女はキャンパスライフについてこのように語っています

「大学では、英語教育に力を入れている学部に所属していて、週に8コマも英語の授業があるため、英語漬けの日々を送っています。この前も英語でプレゼンテーションを行いましたし、翻訳の授業なども取っているんですよ。必修科目が多いため、週5日きちんと大学に通っています。でも、本当にマルチにいろいろなことができる学部ですので、毎日がとても楽しいです。できることなら留学もしたい、と思っています。やはり本場で英語を学んでみたいですしね」

なんでも萌音さんはかなり語学が堪能なようで英検は2級、スペイン語検定は6級を保持しているといいます

おそらく語学の能力を磨くために明治大学の国際日本学部に進学したのでしょうが、このようなストイックな姿勢は素晴らしいですね^^

正直彼女ほど芸能人として活躍していれば例え英語が話せなくても仕事に困ることはないでしょう

しかしそれでも彼女は必死に英語に打ち込んでいるのです

このような姿勢は多くの若者が参考にしなければならないことですよね^^

上白石萌音の性格は!?

最後に萌音さんの性格について見ていきましょう

まずは彼女の趣味ですが、萌音さんの趣味は以下のようになっています

  • 読書
  • 音楽を聴くこと
  • 歌うこと
  • 踊ること

萌歌さんと非常に似ていますね^^

このような趣味の背景には幼い頃のメキシコ生活があるようです

彼女は音楽が好きなった理由について小学3年生から5年生になるまで続いたメキシコでの生活を挙げており、過去のインタビューではこのようなことを語っています

「メキシコって歌や踊りがあふれている国で、街には必ず音楽が流れていて誰かが踊っている。それがすごく幸せな光景で、そのときに改めて音楽やエンタテインメントのよさを感じたし、その3年間で自分の性格もすごく変わったと思います」

かなりメキシコの影響を受けたのでしょうね^^

また上白石姉妹の名前を見ると分かりますが、2人とも『音』と『歌』と音楽にまつわる文字が入っていることが分かります

実はこのような名前の背景には母親のある願いがあり、その願いが「音楽を好きになってほしい」というものなのだそうです

なんでも萌音さんの母親は元音楽の教師のようで、まだ萌音さんが胎児の頃から音楽を聞かせていたといいます

そのせいか萌音さんは言葉を覚えるのが早く、2歳になる前から言葉を話しており同時期に歌も歌い始めたのだとか

また萌音さんも萌歌さんも幼少期からミュージカルを習っていたとのことなので、かなり音楽に親しんで育ってきたのだと思います

最後に萌音さんの仕事に対する思いというものについて見ていきたいと思います

彼女は以前インタビューで仕事に対する思いとしてこのようなことを語っていました

「演じたり歌ったり、どちらもやっていることでどちらかの邪魔になることは絶対にない。なのでこれからも目の前にあることに打ち込んでいったら、それがまたどこかに自分を連れて行ってくれるのかなと思っています」

萌音さんは女優や歌手として活動したり、また大学では語学に必死に打ち込んだりとかなり多くのことに取り組んでいることが分かります

もしかするとこのような姿勢は「どっちつかずになってしまう!!」という批判を受けることになるかもしれませんが、萌音さん本人は全くそのようには思っていないようですね

日本ではこれまで1つのことを貫くことを美徳されていましたが、その価値観は徐々に変わりつつあるような気がします

萌音さんには是非そのような新たな価値観の先駆者となって欲しいものですね

今後も姉妹で仲良く、そして競い合いながらお互い芸能界のトップまで登りつめてくれることを期待しています^^

スポンサードリンク
Pocket