Pocket

フィギアスケート界の大スターとして圧倒的な存在感を見せている羽生結弦選手

最近は宇野昌磨選手も大活躍していますが、やはり日本フィギアスケート界でNO.1の存在感を見せているのは羽生選手ですよね^^

そんな羽生選手ですが実は以前から身長の逆サバ読み疑惑が出ていました

なんでも現在の身長は172cmと公表されているようですが、本当はそれ以上の身長があるのではないかと言われているのですね

今回の記事ではそんな羽生選手の身長逆サバ読み疑惑について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

羽生結弦の身長は何cm!?

それでは早速羽生選手の身長逆サバ読み疑惑について見ていきましょう^^

現在の日本スケート連盟が発表しているプロフィールには172cmと掲載されているのですが、実は本当はもっと高いのではないかとも言われているのですね

もし本当に逆サバ読みしているとすれば何故そのようなことをするのかが疑問なのですが、彼は本当に身長を偽っているのでしょうか?

それでは早速羽生選手の身長を様々な画像を使いながら検証していきたいと思います^^

まずは羽生選手の逆サバ読みが疑われるきっかけともなったと言える画像からです

左からフェルナンデス選手、羽生選手、ボロノフ選手となっています

そしてここで注目すべきなのは左のフェルナンデス選手なのですが、フェルナンデス選手の身長は173cmのようです

本来は羽生選手の方が1cm低いはずなのですが、画像を見てみるとフェルナンデス選手と羽生選手の身長は拮抗しているようにも見えますよね?

まぁこの3人は当然ながらスケート靴を履いているのでしょうから、精密な比較は出来ないのかもしれませんが、それでもこの画像を見れば羽生選手が身長を逆サバ読みしているという噂が出るのも無理はないような気がします

続いては日本の総理大臣である安倍晋三首相と共に写る画像を見ていきましょう

安倍首相の身長は175cmと言われていますから羽生選手との身長差は3cmということになりますね^^

そして画像を見てみると2人の身長差は公称通り3cm程度だと思われます

まぁあまり真正面から綺麗に撮れた画像もないため正確な比較とまではいかないかもしれませんが、それでも画像を見る限りは羽生選手の身長は公称通りの172cmで間違いないような気がします

それでは最後に棋士の羽生善治さんと共に写る画像を見ていきましょう

羽生善治さんの身長は172cmと言われているため羽生選手とは全く同じ高さということになりますね^^

そして画像を見る限り2人の身長は公称通り同じくらいではないでしょうか?

スタイルが良いせいか羽生選手の方が若干大きいように見えなくもないのですが、やはり2人の身長は同じくらいだと思われます

身長逆サバ読みが疑われている羽生選手でしたが、多くの比較画像を見る限り彼が身長を逆サバ読みしているなどという事実はないと思われます^^

結論:逆サバ読みはしてなさそう

今回の記事では羽生選手の身長逆サバ読みの噂について見ていったのですが、おそらく彼は逆サバ読みなどはしていないと思われます

では一体何故このような噂が浮上してしまったのかということですが、実は彼は最近まで自身の身長を171cmと公表していたのですね^^

しかしテレビなどで彼の姿を見たファンの多くはこの数字に違和感を感じ、ネット上では逆サバ読みの噂が流れたのです

現在は172cmと公表されているため、おそらく逆サバ読みなどではなく知らず知らずのうちに大きくなっていたのでしょう

そのような状況ながら昔に計測した171cmという数字を公表し続けていたため、ファンの間では逆サバ読みをしていると噂される事態になったのですね^^

しかし羽生選手は逆サバ読みなどはしていませんし、彼の身長は公称通り172cmで間違いありません

スポンサードリンク

おまけ:羽生結弦と大谷翔平

皆さんは羽生選手とメジャーリーガーの大谷翔平選手が同い年だということをご存知でしたか?

私は以前から知っていましたが、実はこの世代には注目されるアスリートが多いのですね

この世代のトップアスリートの一覧はこのようになります

  • 羽生結弦(フィギュアスケート)
  • 大谷翔平(野球)
  • 藤浪晋太郎(野球)
  • 南野拓実(サッカー)
  • 植田直通(サッカー)
  • 岩波拓也(サッカー)
  • 萩野公介(競泳)
  • 瀬戸大也(競泳)
  • 桃田賢斗(バドミントン)
  • 奥原希望(バドミントン)
  • 丹羽孝希(卓球)

あらゆる分野で誰もが知るようなトップアスリートいることが分かりますよね^^

このような面子が顔を揃えていることから、この94年世代は以前から大きな注目を浴びていたのですが、主に「大谷世代」と呼ばれてきました

しかし実は張本人である大谷選手はこの呼び名には違和感を感じているようで、以前彼は「羽生世代だと思っている」と語ったのです

ともに1994年生まれの同級生で、大谷は「僕は『羽生世代』だと思っています。負けないように頑張りたい」と壇上で語った。

 今や球界のエースに成長しつつある剛腕だが、なぜ、晴れの舞台で「羽生世代」と表したのか。表彰式後に、理由を語った。

「僕は本当にそう(羽生世代)思っています。この世代のトップじゃないかなと思っているので。種目関係なく、世界でトップの選手だと思っています」

大谷選手が非常に羽生選手のことを尊敬していることが分かりますね^^

大谷選手はどれだけ周囲から称賛されても浮ついた面は見せない図太い性格で知られていますが、その根底にはこのような謙虚な人間性があるのだと思います

そして気になるのが2人が並んだ際の構図ですが、さすがの羽生選手も初めて大谷選手を見た際にはあまりの大きさに驚いてしまったようです^^

 羽生からは「テレビでも(大谷を)見ていますが、こんなに大きいのか、と。ボールに重みを持たせるために体重を増やしたとか。100キロですよね」と突っ込まれた。

羽生選手も決して小さい訳ではないのですが、それでも大谷選手の大きさはあまりに規格外だったのでしょう^^

そして気になる2人が並んだ際の画像がこちらです

やはり全く違いますね(笑)

羽生選手も細身ながらしっかりとした筋肉がついている、いわゆる『細マッチョ』として有名なのですが、背の高さも横の太さも大谷選手とは比較になりません(笑)

なんでも噂によると羽生選手は幼い頃は野球が好きだったとのことなので、大谷選手に会えたことは非常に嬉しかったことでしょう^^

日本のアスリート界を引っ張る2人の若武者が、このようにお互いのことをリスペクトをしているのを見るとこちらまで嬉しくなってしまいます

やはりどんな分野でも最も高みまで登るためには、才能だけでなく人間性も重要になってくるということでしょう^^

スポンサードリンク
Pocket