Pocket

“ポスト浅田真央”の呼び名で知られ、日本スケート界のスターとして活躍が期待されている本田真凜選手

本田家は5人兄弟の中で4人がフィギュアスケートで成功するなど凄まじい潜在能力を持つ一家として知られているのですが、そんな中でも特に注目を浴びているのが本田真凜選手ではないでしょうか?

まぁ私はそれほどフィギュアスケートには詳しくないのですが、彼女がスター選手であることくらいは知っています(笑)

下の2人の女の子、本田望結さんと本田紗良さんに関しては『エディオン』の印象しかないのですが、そのくらい私はフィギュアスケートには興味がないのですね^^

そんなスケートに関して無頓着な私ですが、今回の記事では本田真凜選手の“身長”について見ていきたいと思います

望結さんや紗良さんが女優として活動していることからも分かるように、本田家の姉妹はアスリートとしてだけではなくそのルックスの良さも非常に注目されているのですね

まぁフィギュアスケートの選手は男女関わらず顔立ちの整った選手が多いという印象ですが、本田姉妹はまさにその典型かもしれません^^

そして今回の記事ではそんな日本スケート界のアイドルである本田真凜選手の身長について見ていこうということですね

それではいよいよ真凜選手の身長について詳しく見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

本田真凜の身長は163cm!!

日本スケート連盟の公式プロフィールによると真凜選手の身長は163cmとなっているようです

2018年に総務省が発表したデータによると18歳の日本人女性の平均身長は157.7cmとのことなので、真凜選手は平均よりも5~6cmほど大きいということになりますね

そして当記事は一応ネット記事なので真凜選手の身長が本当に163cmもあるのかどうかということについて見ていきたいと思います

まずは真凜選手と同じく日本スケート界の期待の選手として活躍している三原舞依選手との比較から見ていきましょう^^

それでは画像がこちら

三原選手の公称身長は152cmとなっているのですが、真凜選手の方がかなり大きいことが分かりますね^^

ちなみに1枚目の画像に写っている宇野昌磨選手の公称身長は159cmとなっているため、やはり真凜選手は160cm以上あるだろうということが分かります

特に宇野選手に関しては真凜選手よりも前の方で写っているため、宇野選手の方がより大きく写ってしまうことになります

しかしそれでも画像を見る限りは宇野選手よりも真凜選手の方が大きいため、真凜選手は宇野選手よりも大分大きいのでしょう

ちなみに三原選手や宇野選手が写っている画像は2017年10月に撮影されたものなので、それほど昔のものではありません

真凜選手の身長がいつから163cmになったのかという正確な情報はないのですが、画像を見る限り真凜選手はこの時から163cmはあったのではないでしょうか?

続いても日本女子スケート界の期待の若手として注目されている宮原知子選手と共に写る画像について見ていきたいと思います^^

それでは画像がこちら

1枚目と2枚目の画像は同じ場所で撮影されたものだということが分かるのですが、これまた先程と同様に2017年10月のものとなっています

そしてこれらの画像を見る限り宮原選手よりも真凜選手の方が大分大きいことが分かりますよね(宮原選手は前列の真ん中にいる女性です)^^

この時の2人は当然ながらヒールを履いているのでしょうが、同じような高さのヒールであれば足元によって差が生じることはないでしょう

そのため隣に写る宇野選手よりはかなり大きくなってしまっているのですが、これはヒールの差なので純粋な身長差を表しているとは言えません

そして気になるのが宮原選手の身長ですが、彼女の身長は三原選手と同じく152cmとなっているようです

3枚目の画像を見てみてもやはり真凜選手は宮原選手よりもかなり大きいため、真凜選手の身長は163cmで間違いないのではないでしょうか?

以上様々な画像を使いながら検証していきましたが、真凜選手の身長は163cmで間違いないと思われます^^

スポンサードリンク

本田真凜の“練習嫌い”は本当!?

前述したように私はフィギュアスケートにそれほど詳しくはないのですが、それでもある噂を聞いたことがあります

それは本田真凜選手が『練習嫌い』だということ・・・

アスリートにとって練習が嫌いというのは致命的なような気がするのですが、本当に彼女は練習が嫌いなのでしょうか?

色々と調べてみたところやはり真凜選手の練習嫌いはかなり有名なようで、以前彼女のコーチを務めていた浜田美栄コーチも彼女のこのような面には頭を悩ませていたようです

 指導する浜田美栄コーチは「(昨日も)むちゃくちゃ怒りました。いつも言っていることですが、なかなか懲りないので。私は近所のおばちゃんじゃなくて、コーチなので。アスリートとしては粘着質なところがなさ過ぎて、落ち込んでいるように見えても、次の日になったら忘れるタイプなので」と穏やかな笑み。5人抜きにも手放しで褒めることはせず「練習が合格点を付けられないので、まずはちゃんと練習してやることを覚えてほしい。人間は絶対に失敗をするのに、その後のリカバーをする練習をしないので。だから今日はたまたま頭(冒頭の3回転ルッツ)が跳べたから(うまく)いったけれど、本当に自分が選手としてやっていこうと思うなら、失敗したときのリカバー力とか、対処は練習でしか学べない」と教え子に訴えた。

このようなコメントを見るとやはりコーチというのは厳しい存在なのか・・・とも思ってしまうのですが、世界で戦うのであればこれくらい厳しいコーチが傍にいなければならないのかもしれませんね^^;

真凜選手の場合このような“練習嫌い”の一面があまりにもクローズアップされるため批判的な声も徐々に上がってきているようですが、2018年7月にはこのような記事も出ていました

 毎日の練習でヘトヘトですが、(アメリカ入りしてから)3カ月経って、筋肉痛とかもなくなってきて、きつい練習にも馴染んできているかなと思います」

 気分屋の一面があり、練習嫌いでもあった本田だが、日本で練習していたときよりも、目標をしっかりと持って、意味のある練習を意識してできるようになったという。

「環境をガラッと変えて新しい生活をスタートさせて、ジャンプの跳び方とかもすべてが変わったので、それが大きいかなと思います。それに、オリンピックに出ることがどれだけ大変で、軽い気持ちじゃダメということがわかり、それだけの努力が必要なんだなと(他の選手たちを)見ていて思ったので、あと4年間、必死で頑張りたいなと思っています」

まぁ幼い頃は天性の才能だけでどうにかなったものも、体が大きくなってくればそれだけで戦うことは不可能でしょう

やはりどんな分野でも世界でトップを獲る人物というのは想像を絶するような努力をしているものだと思います^^

真凜選手もこれまではまだ年齢も子供ということもあり、どこかに甘さがあったのかもしれません

しかし今後世界でトップを獲る、大きな大会で最高の成績を収めるという目標を持っているのであれば、やはりしっかりとした努力しなければなりませんよね?

普段から厳しい世界で活躍することを望んでいれば自然と自らには厳しくなってくることでしょう

これまでまだ自身に甘さがあったのかもしれませんが、これからはそんな自分とは決別し、しっかりとアスリートとして力をつけて欲しいものですね^^

今回のまとめ

今回の記事では真凜選手の身長について見ていきました^^

第一章では真凜選手の身長が本当に163cmなのかどうかについて様々な画像を使いながら検証していったのですが、おそらく身長は公称通りの163cmで間違いないと思われます

まぁ例え163cmではないとしても160~165cmくらいであれば女性としては最適な身長ですから、わざわざサバ読みなどをする必要もないでしょう

163cmというのは女性としてはピッタリの身長のため、やはりこのよう点から考えても本田家のDNAは優れているのかもしれません(笑)

続いては真凜選手の『練習嫌い』という面について見ていったのですが、やはり彼女はあまり練習が好きではないようですね^^;

これにはコーチもお灸をすえたようですが、やはり世界で戦うアスリートを教育するコーチは割と怖いようです(笑)

しかし現在の真凜選手はアメリカに渡った影響からか、このような自分を見つめ直し練習に対する姿勢を入れ替えたといいます

今後真凜選手がどれほどの選手になるのかは想像もできませんが、どうせなら“ポスト浅田真央”どころか浅田真央選手を大きく超えるような活躍を見せて欲しいものですね^^

スポンサードリンク
Pocket