Pocket

抜群のルックスと人懐っこい性格で大人気の加藤綾子アナ

私はフジテレビの人気番組『ホンマでっかTV』が好きでよく見ているのですが、加藤アナは番組中終始笑顔を見せているので、見ている側としても非常に気分が良いですよね?^^

彼女のルックスが抜群であることは言うまでもないのですが、彼女の場合はそれだけでなく性格も非常に可愛いらしいため世の男性から強い支持を集めているのではないかと思います

そんな大人気アナの加藤綾子アナですが、実は彼女には割と有名な『黒歴史』があると言われているのですね

今でこそ清楚な女性として人気を集めている加藤アナですが、実は彼女にはギャル時代があったようで、当時の彼女は今の姿からは想像もできないほどにはじけていたというのです(-_-;)

今回の記事ではそんな加藤アナのギャル時代について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

加藤綾子 プロフィール

  • 名前:加藤綾子
  • 愛称:カトパン
  • 誕生日:1985年4月23日
  • 出身地:埼玉県三郷市
  • 身長:166cm
  • 血液型:0型
  • 高校:国立音楽大学附属高等学校
  • 大学:国立音楽大学音楽学部音楽教育学科

加藤綾子アナがフジテレビでアナウンサーとして活動し始めたのは2008年からでした

大卒で就職しているので当時の加藤アナは当然ながら22歳なのですが、実は彼女は元々はアナウンサー志望ではなかったというのですね

出身校から見ても分かるように彼女は音楽に親しんで育ってきたようで、元々は音楽の先生になりたかったようです

なんでも彼女はピアノは幼少期から17年間も習っており、他にも声楽や三味線などもできるといいます

そのため高校も大学も音楽にまつわる学校に進学したのですが、卒業を迎えるころには音楽で食べていくのは難しいと思い、就活前にアナウンサーの一日体験に参加したそうです

当時の加藤アナはフジテレビ以外のテレビ局にも一日体験に行ったそうですが、彼女曰くフジテレビの雰囲気が一番良かったのだとか

そのため加藤アナは就活ではフジテレビの他にもTBS、日本テレビなどという大手からも内定をもらっていたそうですが、彼女は最も雰囲気が良いと思ったフジテレビを選んだのですね

そして大学を卒業した彼女はフジテレビに局アナとして入社するのですが、その後の活躍は誰もが知るところだと思います

彼女は数多くのレギュラー番組を抱え、人気ナンバーワンとも言える女子アナへと成長しました

最近では加藤アナよりも日テレの水卜アナの方が人気のような気もするのですが、それでも加藤アナが超人気女子アナであるということには変わりないでしょう

ちなみに彼女は元々は音楽の教師を目指していたようなので、中学と高校の音楽教師の教員免許も所持しているといいます

結果的には教師ではなくアナウンサーの道へと進んだわけですが、加藤アナのような音楽教師がいれば生徒からは大人気になることでしょう

漫画などでは保健室の先生が綺麗というケースは結構あるのですが、音楽教師が綺麗というのはそれほどありませんよね?^^

しかし加藤アナほど綺麗で尚且つ面白い先生が音楽教師となれば、思春期の男子生徒などは音楽の授業が楽しみで仕方なくなるのではないでしょうか?

まぁあくまでこれは妄想の話ですが、教師として生徒に指導をする加藤アナというのも少し見てみたかったものですね^^;

加藤綾子はギャルだった!?

それではいよいよ当記事のメインテーマについて見ていきたいと思います^^

今でこそ清楚な加藤アナですが、実は彼女にはギャル時代があったというのですね

あまり知らない方からすれば「そんなわけないだろ!!」と言われてしまうかもしれませんが、実際に画像を見れば納得してもらえると思います

加藤アナのギャル時代の画像がこちらです

中々衝撃的な画像ですよね?^^

加藤アナには清楚というイメージが強いためこのような姿は全く想像できませんでした

しかし実際にはかなりはっちゃけていたようで、髪も綺麗な茶色に染めていたようですね

とは言え上の画像を見る限りは、例えギャルだったとしてもそれほどネガティブな印象は抱かないと思います

誰であれ若い頃はオシャレしたいものですし、加藤アナほど可愛ければメイクなどにも熱が入ることでしょう

しかし上の画像とは比べ物にならないような、もっと衝撃的な画像もあるのです

その画像がこちら

これは先程とは違い男関連の画像となっていますね

この画像の中にあるプリクラだけを見ればそれほど特異なものではないかもしれませんが、実は驚くべきことにこの男性はホストだというのです

写真は頭を真っ茶に染めた加藤アナが中心にいて向かって右側がチャライ系の男子。左側がやはりチャラそうな女子だ。

「写真は高校生のときだったと見られます。写真の男子に関しては、ホストでセフレだった人間。女子に関しては“元友だち”で、男を取り合いになってケンカ別れしたそうです。結局、加藤アナがゲットした」(女子アナライター)

なんでもこのホストは加藤アナが中学3年生だった時に声をかけ、そこから交際に発展したと言われているのですね

まぁ引用記事を見る限りは交際に発展したというよりも単なる体の関係にも見えなくはないのですが、それでもここではプリクラに書いてある「1年4ヵ月」という言葉を信じてみましょう(笑)

またこのように色々と驚くべき過去が浮上している彼女ですが、ある女子アナ関係者はこのようなことも語っているようです

「小学生で初体験を済ませたという性豪ぶりも、さまざまな流出情報や写真によってわかっている。女子アナという高嶺の花のイメージを完全に覆している人」(女子アナ関係者)

初体験が小学生とは・・・^^;

相当性に関心が深い少女だったようですね

まぁ相手が大人でない限りそれほど大きな問題にはならないのでしょうが、それでも小学生時代からこの成熟ぶりは凄いと感心させられてしまいます

加藤アナのギャル時代について調べてみるとこのようなイメージを覆す様々な過去が見つかってしまうのですが、実はそんな過去を明かされてしまった当時の加藤アナはアナウンサーを辞めたいとまで思ったというのですね(-_-;)

スポンサードリンク

当時はかなり追い詰められていた!?

それでは最後にギャル時代の写真を暴露されてしまった当時の加藤アナの心境について見ていきたいと思います^^

加藤アナのギャル時代の写真が週刊誌によって世間に晒されたのは彼女がまだ入社1年目の頃でした

言い方を換えれば入社1年目からそれだけ注目を浴びていたということなのでしょうが、爆発的な人気を集めている最中にこのような記事が週刊誌から出版されてしまったのですね

そして当然ながらこのようなものが世間に流出するのは加藤アナの心にダメージを与え、当時の加藤アナは「仕事を辞めたい」とまで思っていたというのです

派手な格好をしていた昔の写真を使った記事が報道されてしまい、様々な声が寄せられたこともあったそうで「自分のことだけだったら自分が好きでやっていたからって思えるんですけど、両親のしつけが…とかって言われてしまったらどうしようとか、そういうことを気にし始めたらもう嫌だなって。その時が一番アナウンサーを辞めたいと思った」と家族に迷惑をかけるくらいなら仕事を辞めたいと思い詰めていたことを回顧した。

まぁ例え本当に自分が行ったことであったとしても黒歴史を掘り返されるのは心に大きなダメージを与えられますよね?

確かに昔も今も“加藤綾子”という人間かもしれませんが、それでも人間は年を重ねるにつれて変わっていくものだと思います

せっかく大手テレビ局の人気アナとして活躍し始めていたのに、過去のことを掘り返されるのはかなり苦痛だったことでしょう

しかしそんな状況に陥りながらも彼女がアナウンサーとしての活動を辞めなかった背景には、やはり家族の存在があるようです

家族へ迷惑をかけてしまうと思い、報道後に母へかけた電話では「あんなに激しく泣いたのは大人になってからは初めて」というほど大泣きして母と語り合った。会社を辞めることも考えたというが、母の温かな言葉に触れ、「信頼されるアナウンサーになって『家族でよかった』と思ってもらえるようになろう」と意識が変化したと振り返っている。

やはり辛い時にこそ愛を注いでくれるのが家族だということですね^^

加藤アナ本人が語っているように彼女のギャル時代の写真が流出したせいで親としても何か言われることがあったことでしょう

しかしそれでも加藤アナのお母さんは加藤アナに温かい言葉を掛け、勇気づけたのですね^^

加藤アナ自身両親には非常に感謝しており、そんな両親の姿を見て「いつか自分の家族を築きたい」という夢を持っているようです

アナウンサーとして日本中からの視線を浴び活躍している彼女ですが、彼女が語る夢はこのようなものなのですね

「子供のため、家族のため、自分が愛している人のために生きるときが一番強くなれるし、何も怖くなくなる。そんなお母さんになるのが私の夢」

あの加藤綾子ですからもっと大きな夢を持っているものだと思いましたが、実際には普通の人と何ら変わりのない夢を持っているということです

まぁ加藤アナであれば世の男性からは引く手あまたなのでしょうが、どうか心優しい男性とゴールインしてほしいものです

これまでは親の愛に支えられ勇気づけられてきたのでしょうが、今度は加藤アナが母親となり自らの子供に大きな愛を注ぐ番ですよね?^^

しかし加藤アナがもし芸能界のイケメンと結婚すれば、子供はまた加藤アナのようにルックスを活かした遊び人になってしまうのではないでしょうか?(笑)

スポンサードリンク
Pocket