Pocket

2005年12月8日に俳優の市村正親さんと女優の篠原涼子さんが結婚しましたよね^^

当時は24歳差の結婚ということで大きな話題となったのですが、驚いた方も多かったのではないでしょうか?

まぁ正直私としてもこのような年齢差の結婚と聞くと「お金目当てなの?」とも思ってしまうのですが、篠原さんほど活躍している女優であればお金に困ることはないでしょう

そうなると2人の結婚は若い夫婦のように純粋なる愛によるものということになるのですが、実際篠原さんは市村さんに結婚前からかなりデレデレだったというのですね^^

その後10年以上夫婦として生活している2人ですが、よほど仲が良いのか離婚などの噂は全く聞こえてきません

20歳以上もの年齢差がありながらこれほどまでに純粋なる愛を築けるというのは凄いことだと思うのですが、今回の記事ではそんな篠原さんと市村さんの熱愛について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

市村正親と篠原涼子の馴れ初めは!?

市村さんと篠原さんの出会いの場は2001年に公開された舞台『ハムレット』でした

俳優として活動していた市村さんと女優として活動していた篠原さんは職場を通じて知り合ったということですね^^

当時の年齢は市村さんが52歳、篠原さんが28歳となっているのですがこれだけの年齢差であれば役者としての実力には大きな差が出たことだろうと思います

実際当時は市村さんは数多くの場数を踏んでいるベテラン俳優だったのですが、一方で篠原さんは本格舞台への初挑戦という立場だったのですね

当時の篠原さんは女優として活動していたもののそれほど目立った活躍は見せておらず、役回りもゲスト出演や準レギュラー的な役回りが多かったといいます

しかしこの舞台ではメインキャラであるオフィーリアという役を演じたのですね^^

このオフィーリアという役は主人公のハムレットの恋人役であり、そしてそのハムレットを演じたのが市村正親さんだったのです

本格舞台初挑戦の篠原さんと舞台ベテランの市村さんが恋人同士役を演じたのですが、その際舞台で圧倒的な存在感を魅せる市村さんに篠原さんはどんどん惹かれていったというのですね^^

おそらく不安な時に引っ張ってくれたことに篠原さんは安心感を覚えたのではないでしょうか?

この共演を機に篠原さんと市村さんはお互いを意識し始め、交際へと発展したのですね^^

感動名作『ハムレット』で恋人同士役を演じた2人が現実の世界でも結ばれていくというのは感動してしまうのですが、実はこの時市村さんには配偶者がいたというのです

そのため後になって市村さんと篠原さんの交際が発覚した際には「不倫では?」「略奪愛なのではないか?」というような声が多く上がったのですが、実は当時から市村さんは自身の奥さんとは上手くいっていなかったというのですね

市村さんの奥さんは八重沢真美さんという方であり、劇団四季時代に知り合い結婚したとのことですが篠原さんと共演している頃には結婚生活は上手くいっていなかったと言われています

実際市村さんと八重沢さんは2002年10月には別居が報道され、2003年5月には離婚が成立しています

また篠原さんの方も市村さんとの交際が発覚した時期には同棲している彼氏がいるという噂が出ていたため、こちらも浮気なのでは?という噂が上がったのですね

しかし結局2人はこのような声に負けることなく共に結婚へと歩みを進めていったのですが、やはり2人の年齢差が壁となり篠原さんの父親に結婚を相談した際には「反対」されてしまったといいます(-_-;)

スポンサードリンク

篠原涼子の父親が結婚を許した理由とは!?

様々な噂が浮上しながらも2人で愛を深め、結婚することを決意した市村正親さんと篠原涼子さん

しかしお互いに結婚を考えながらも親はそうともいかず、2人が篠原さんの父に結婚の意を打ち明けた際には反対されてしまったのですね(-_-;)

ちなみに篠原さんの父は篠原さんが2歳だった頃に妻を亡くしてから、男手ひとつで3人兄妹を育てたといいます

それほど大切に育ててきた娘が自分と同じような年齢の男性と結婚することに不安を感じたのでしょう

そのため2人から結婚の意を始めて聞いた際には当然ながら反対したようですが、その後篠原さんの父親はある条件を出した上で2人の結婚に許しを出したのですね

その条件が「早く孫の顔を見せる」というもの

実は当時の篠原さんの父親は体調が優れなかったようで、自らの死期が近いことを悟っていたといいます

そのため「最後に孫の顔が見たい」ということで、孫の顔を早く見せることを条件に2人の結婚を許したのですね・・・

もちろんこの条件を出しただけで簡単に篠原さんの父親は結婚を許したわけではなく、許しを得るまでには市村さんも篠原さんも相当な努力をしたと言われています

なんでも結婚を許してもらえない間は市村さんは何度も篠原さんの父親の下を訪ねていたというのですね

そしてこのような過程を経て見事2人はゴールインしたのですが、実は2人は結婚式も披露宴も挙げていないのです

その理由は篠原さんの父親の病気であり、彼女の父親は2人の結婚後体調が非常に悪くなり闘病生活を余儀なくされたというのですね(-_-;)

そのため出席できない父親に配慮して、篠原さんと市村さんは結婚式や披露宴を行わなかったということです

ちなみに2人は2005年12月8日に結婚しているのですが、それから約2年半後の2008年5月には篠原さんは長男を出産しています

なんでも篠原さんの父親だけでなく市村さんの母親も「早く孫の顔が見たい」と切に願っていたとのことなので、両家の親にとっての最高のプレゼントとなったことでしょう

さらに市村さんと篠原さんは2010年8月に篠原さんの故郷である群馬県内のチャペル付きの会場を貸し切って、双方の親族を招いて食事会を開いたといいます

実はこの食事会は篠原さんの父親へのためのものであり、闘病中にウエディングドレス姿を見せるために2人で企画したというのですね^^

そして食事会で篠原さんのウエディングドレス姿を見た父親は嬉しさのあまり涙ぐんでいたそうですが、実はこの娘の幸せな姿を見届けた3日後に彼は帰らぬ人になったそうです

おそらく娘の晴れ姿を見れたことで思い残すことはないと安心できたのではないでしょうか?

また実は篠原さんは2012年2月には次男を出産しているのですが、市村さんの母親はこの出産を見届けるかのように出産翌日に87歳で亡くなっているのですね

このようにしてみると人の死とメンタルは切っても切り離せないものなのだな・・・と思わされてしまうのですが、これほど安心できる人の死というのもないのではないでしょうか?

もちろんこれは私の憶測ですが篠原さんの父親も市原さんの母親も人生に満足し、安心した上でこの世を旅立たれたような気がします^^

当然ながらこれらは悲しいことなのですが、このようにしてみると当初は反対された市村さんと篠原さんの結婚も今考えれば大成功だったのではないでしょうか?

市原さんと篠原さんの結婚エピソードは当人たち同士で収まらない部分も多いのですが、それだけ周りを幸せにした素敵な結婚だったということですね^^

今回のまとめ

今回の記事では市村さんと篠原さんの結婚エピソードについて見ていきました^^

2人は24歳という年齢差がありながら結婚したということで大きな注目を浴びたとのことでしたが、そんな年齢差からは考えられないようなラブラブ夫婦だということでしたね

私のイメージとしては年齢差夫婦というのはお金目当てというケースや高齢であることから焦って籍を入れたというケースが非常に多いと思っていたのですが、中にはこのようにまさに運命の人と結びついた感動的な結婚もあるということです

市村さんも結婚し子供が生まれた後には生活を見直し子育てに積極的に参加するようになったとのことですから、結婚や出産は2人に対して間違いなく良い影響を与えていることでしょう

このような幸せな結婚というのは近年どんどん減ってきているように思うのですが、運命の相手と結ばれるというのはやはり素晴らしいことだと思います

市村さんも現在(2019年3月)は70歳とかなりの高齢となっているのですが、どうか運命の相手と最期まで仲良く添い遂げてほしいものですね^^

スポンサードリンク
Pocket