Pocket

絶妙なコントと漫才で幅広い層から絶大な支持を得ている人気お笑いコンビのサンドウィッチマン

私もサンドウィッチマンのネタは大好きなのですが、正直コントよりも漫才の方が面白いと思っています

彼らのネタはどれも評価が高いため人によって好きなネタは変わってくるのですが、それくらい2人はこれまでにいくつもの面白いネタを披露しているのですね^^

しかし彼らが人気である理由はそれだけではないのです

彼らが抜群の人気と好感度を誇る理由は決して漫才やコントが面白いからだけではなく、彼らの『人間性』にもあるのですね^^

彼らは非常に温かい心の持ち主だと言われており、例えば地元の仙台を含む東北地方が東日本大震災によって大打撃を受けた際にはすぐに『東北魂義援金』という口座を開設し被災地に寄付への寄付を開始したのです

ちなみにこの義援金の総額は2018年には4億円を超えたとのことですが、当然その内訳としてはサンドウィッチマンのお二人からの寄付も多く含まれています

このように非常に温かい心の持ち主であることで知られているサンドウィッチマンのお二人ですが、実は以前から2人には「元ヤンなのでは?」という声が上がっているのですね^^;

今見ていったエピソードとは真逆の噂のため非常に困惑してしまうのですが、そのような噂が浮上する最大の理由はやはり2人の『見た目』のようです(笑)

これはツッコミの伊達みきおさんに当てはまるのですが、彼は普段から色のついた眼鏡を掛けておりさらに目も一重で腫れぼったい瞼をしているためかなりの強面に見えるのですね(笑)

さらにもう一方の富澤さんですが、彼は現在の容姿を見る限りはそれほど強面には見えないのですが実は高校時代の卒アルには今と全く雰囲気の違う姿が収められているのです^^;

相方の伊達さんと比べて富澤さんの方が怖い雰囲気が出ていますよね・・・(笑)

これでは確かに元ヤンという疑いが掛かるのも無理はないと思うのですが、本当に2人は元ヤンなのでしょうか?

今回の記事ではそんなサンドウィッチマンのお二人の元ヤン説について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

サンドウィッチマンの結成

それでは早速サンドウィッチマンのお二人の元ヤン説について見ていきたいのですが、その前にサンドウィッチマンが結成された経緯について見ていきたいと思います^^

これは割と有名な話だと思うのですが、サンドウィッチマンのお二人は高校の同級生でありさらに2人ともラグビー部に所属していたというのですね

そのため高校時代から面識のあった2人でしたが、高校卒業後の伊達さんは福祉関係の専門学校へ進学したといいます

しかし伊達さんはこの学校をたった3ヶ月で中退し、福祉関係の会社に就職して介護用品の営業販売をしていたというのですね^^

何故わざわざ専門学校を中退したのかは分からないのですが、とにかくこのような流れで伊達さんは福祉関係の仕事に従事していたということでした

その一方で富澤さんは高校を卒業後、芸人を目指してアルバイト生活を送っていたのですね

そして富澤さんは既に就職していた伊達さんに「一緒に芸人をやらないか」と誘っていたそうですが、伊達さんは中々首を縦に振らなかったといいます

まぁ普通に考えればお笑い芸人ほどハイリスクな道はそうそうないのですから、既に就職している以上、わざわざ芸人の道に進みたいなどとは思わないですよね^^;

しかしそれから数年後ついに伊達さんは富澤さんの説得に応じ、芸人の道へ進むことを決意するのです

その背景には伊達さんの祖父の死があり、祖父の死に直面した伊達さんは「限りある人生、どうせなら、好きな事をやらないと」と悟り好きなことをやろうと富澤さんと共に芸人の道に進んだのですね^^

ちなみに伊達さんが芸人になることを決意したのは富澤さんが彼を口説き始めてから約3年が経った頃だったとのことなので、富澤さんは相当伊達さんとコンビを組みたかったのでしょう

そしてついに1998年9月にお笑いコンビ『親不孝』を結成するのですが、それから程なくして浜田ツトムさんという方が加わり『サンドウィッチマン』というトリオを結成するのですね

今初めて知ったという方もいるかもしれませんが、実はサンドウィッチマンのお二人は最初からコンビだったわけではなく、スタート時はトリオだったのでしした

その後浜田さんが抜け再びコンビへと戻った伊達さんと富澤さんでしたがコンビ名は変更せず『サンドウィッチマン』として活動し続けたのですね^^

ちなみにコンビ結成後からしばらくの間はサンドウィッチマンの活動はあまり上手くいかず、当時の富澤さんは自殺を考えるほど悩んでいたと言われています

なんでも当時の富澤さんは自身が売れないことよりも伊達さんに苦労させていることを申し訳なく思い、「会社を辞めさせて『東京行こうぜ』と誘ったのに・・・。伊達に対しても伊達の親御さんに対しても申し訳ない」と思い詰めていたのだとか・・・

そのような経緯から伊達さん曰く富澤さんは上京してから5年ほど経ったある日、唐突に「解散しようか」と打ち明けてきたというのですね^^;

しかしそんな罪悪感から思い詰めていた富澤さんに対して伊達さんは「まだ全然挑戦してないだろう」と反対し、2人は今後の活動について何度も話し合ったというのです

その結果2人は30歳を迎える2005年を節目として「この1年を勝負の年にしよう。2005年に地上波のテレビでネタができなければ、もうオレたちは芸人をあきらめ、仙台に帰ろう」と決意し、アルバイトを辞めてライブに出まくったといいます

このような流れで狂ったようにライブに出演していた2人でしたが、そんな2人のライブをある番組スタッフが見ておりついに2005年5月に『エンタの神様』にて念願のテレビ初出演を果たすのですね

その後2007年には見事M-1グランプリを制し、一躍人気芸人となったのでした

1998年にコンビを結成して以降、約7年の時を経て栄冠を手にした2人でしたが実はサンドウィッチマンのお二人はこのような苦労を経験していたのですね^^

現在の2人のコントや漫才を見る限りそのネタには非常に非凡なセンスを感じさせるため、正直もっと若い頃から活躍していたのだと思っていたのですが実際にはこのような辛い過去を経験していたということです

やはり大成功の背景には想像を絶するような努力があるものだと思うのですが、サンドウィッチマンのお二人もまたそのような苦労を経て人気芸人なるという夢を叶えたのですね^^

カロリーゼロ!!でお馴染の無料人気ゲームアプリ!!

サンドウィッチマンはやはり元ヤン!?

続いてはサンドウィッチマンのお二人が元ヤンという噂について見ていきたいと思います^^

まぁこれが当記事のメインテーマなのですが、ついにメインテーマに到達したということですね(笑)

正直前章が予想以上のボリュームとなってしまったので、読者の方はここに辿りつくまでに若干苦労されたかもしれません^^

それでは本章ではいよいよ当記事のメインテーマについて見ていきたいと思います

まずは記事の冒頭でも見たのですが、もう一度2人の卒業アルバムを見てみることにしましょう^^

それでは2人の卒アルがこちら

やはり2人の威圧感は全く違いますよね^^;

そもそも何故卒アル撮影の場にバッドを持ち込んでいるのでしょうか?(笑)

そして画像を見る限り分かることは伊達さんよりも富澤さんの方が元ヤンオーラが出ているということですよね

今では完全に立場は逆転しており『金髪・色眼鏡・腫れぼったい一重瞼』の3拍子を揃えた伊達さんの方がヤンキーのようなオーラが出ているのですが、卒アル当時は全く逆のようでした(笑)

しかし伊達さんのサラリーマン時代の画像を見てみると、やはり彼もまた怖いオーラが出ていることが分かるのですね^^;

まぁこれは素というよりはあえて写真を撮る際にふざけて怖いオーラを出しただけなのかもしれませんが、やはり伊達さんも少々怖いオーラが出ていることが分かります(笑)

それではこのような画像から感じ取れるように、本当に2人は元ヤンなのでしょうか?

実はこの件に関してネット上で多くの場所で議論が繰り返されているのですが、少なくとも伊達さんの方は高校時代は真面目な生徒だったと言われているのですね^^

さらに伊達さんは今でも外見に似つかわしくない、かなり乙女チックな性格とのことですからやはり伊達さんは元ヤンなどではないということでしょう

彼らの好感度の高さはいったいどこから来るのだろうか。

「まずはコワモテの外見とギャップのありすぎるキャラクターではないでしょうか。伊達みきお(43)は、金髪で一見チンピラ風の容貌ですが、実は女子力が高いんです。周りからは、『みーちゃん』と呼ばれていて、甘いものが大好き。趣味がぬいぐるみ集めであることをバラエティー番組で紹介されると、『かわいいんですよ』と熱弁する伊達にスタジオにいた人々は引いていました。一方の富澤は『トミー』と呼ばれ、釣りが好きなのに、怖くてエサや魚に触れないというかわいい一面が。あの風貌でふたりとも下戸というところも意外ですよね。伊達は1滴も飲めず、富澤はカルーアミルク2杯で吐いたことがあるほどです」(同)

このように伊達さんはかなり可愛らしい性格だと言われているのですね^^

そのため元ヤンの可能性はかなり低いですし、高校時代はむしろ真面目だったと言われています

それではもう一方の富澤さんはどうなのかということになるのですが、富澤さんも高校時代は真面目だったと言われているのですね^^

 実は高校時代、カローラで通学していたという富澤。「元々、自転車で行ってたんですけど、自転車盗まれる学校だったんです」と初めは自転車通学をしていたのだが学校の治安があまりよくなかったことから2台も自転車を盗まれてしまったのだそう。

 そのためバイク通学に切り替えたそうだが、学校ではバイク通学が禁止されており、教師にも発見されてしまうことに。しかし「普通だったら停学になるんですけど、部活とかやってたんで多めに見てもらってて」と普段の真面目な態度が功を奏し軽く注意を受けるだけで済んだという。

まぁ高校にバイクで通学するという時点で少しヤンチャな雰囲気が感じられるのですが、それも自転車が2度も盗難されたからだったのですね

そしてこのような経緯からバイク通学をしていた富澤さんでしたが、それが教師にバレてしまったということです

当時の富澤さんが通っていた高校ではバイク通学が発覚した際には停学処分を受けるものの、富澤さんは真面目だったために停学を受けずに済んだのですね^^

このようなエピソードから考えるにやはり富澤さんも学生時代は真面目だったのではないでしょうか?

ちなみにバイク通学が発覚した富澤さんはその後、ピザ屋のアルバイトで稼いだお金で購入したカローラを使い車通学に変更したというのです(笑)

当時の富澤さんは堂々と教員専用の駐車場に停めいてたことからかえって教師からもバレることはなかったとのことですが、まぁそれでも真面目だったのだと思います(笑)

伊達さんはともかく富澤さんに関しては少し曖昧なのですが、まぁそれでも元ヤンという噂の根拠が卒アルの画像だけですからやはりそれだけで元ヤンと考えるのは少し早計なのではないでしょうか?

そもそも何故バッドを卒アル撮影に持ち込めたのかは分からないのですが、その一方で伊達さんの卒アルの写真が何故黒板前で撮影されたものであるのかも良く分かりませんよね(笑)

まぁ色々と謎はあるのですが卒アル写真が原因で浮上した富澤さんの元ヤン説はやはりガセのような気がしています^^

今回のまとめ

今回の記事ではサンドウィッチマンのお二人の元ヤン説について見ていきました^^

今でこそ伊達さんのヤンキー風の風貌もネタの1つとなっているのですが、ネット上では「かつては本物だったのでは?」という噂が浮上しているということでしたね

しかし実際に調べてみたところ少なくとも伊達さんにはそのような傾向は特にはなかったということでした

彼はかなり優しい心の持ち主だということで知られていますし、高校時代も真面目だったと言われているのですね^^

しかしその一方で富澤さんには卒アルの影響から若干疑問が残ってしまったのですが、それでも私は元ヤンではないのではないかと考えています

まぁ高校時代にカローラで堂々に学校に通っていたということを考えると若干疑問も残ってしまうのですが、それでも引用記事の中には「真面目な態度だった」という記述もありましたからやはり元ヤンなどではないと考えています

とは言え現時点でも確証となるような情報はないため正確な情報は提供できないのですが、それでも富澤さんも伊達さんと同様に非常に優しい心の持ち主だと言われているのです^^

そのような経緯から考えるに過去がどうであれ現在の2人はとても心の広い優しい方だということです

お笑い芸人の中でもトップクラスの好感度を持つ2人ですが、どうかこれからもこのような謙虚な姿勢を貫き、我々ファンの下に沢山の笑いを届けてほしいものですね^^

カロリーゼロ!!でお馴染の無料人気ゲームアプリ!!
Pocket