Pocket

子供の頃からタレントとして活躍し、現在人気俳優の一角として安定した活躍を見せている神木隆之介さん

端正な顔立ちと少年のような無垢な性格で大人気の俳優ですよね^^

そんな神木さんですが、実は彼は幼い頃に生存率1%の大病を患ったことがあるというのです

まぁファンの間ではかなり有名な話のようなので既にご存知の方も多いかもしれませんが、知らなかった人からすればかなり驚きの話なのではないでしょうか?

現在の元気に活躍する姿を見る限りそんな大病を患った過去があるようには思えないのですが、彼は一体どんな病気を患っていたのでしょうか?

今回の記事ではそんな神木さんが過去に患っていた大病についてしっかりと見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

神木隆之介は大病を患っていた!?

それでは早速神木さんが過去に患っていた大病について見ていきたいと思います^^

なんでも神木さんが病気を患ったのは生後すぐのことだというのですね

これは神木さんが2007年12月2日に放送された『ようこそ野村監督!神木隆之介くん!行列もたまには本気でイイことしますよSP』に出演した際に自ら語られたそうですが、その際にこの病気の特徴として以下のようなものが挙げられたというのです

  • 生存率1%
  • ミルクを受け付けないほどの消化器系の病気

神木さんサイドから病名が明かされることはなかったのですが、生後間もない赤ちゃんがミルクを受け付けないのであれば命に関わるというのは明らかですよね

ちなみに多くのファンはこの2つの症状から神木さんが患っていた病気を特定しようと考えたようですが、残念ながらあまりに候補が多すぎて特定はできなかったようです

なにせ特徴が「生後間もなく発症した」ということと「ミルクを受け付けないほどの消化器系の病気」だけなのですから、まぁ簡単に特定することは難しいでしょう^^;

実際に赤ちゃんの消化器系の難病をある人が調べてみたところ、20種類以上の病名が挙がったようなのでやはり病気を特定するのはまず無理だと思います

そのため神木さんが幼い頃に患っていた病気に関して実際に何の病気だったのかまでは特定されていないのですが、何はともあれ現在は元気そうで何よりです^^

生後間もない赤ちゃんがミルクを受け付けず、さらに生存率も1%ほどだと言われれば親も相当苦しみ、そして不安になったことでしょう

まぁそのような親の思いが現在の活動に繋がっているのですが、それは後半で見ていくことにしたいと思います^^

とにかく神木さんは奇跡的な完治を遂げ、現在は後遺症もなく元気に生活しているということです

患っていた病気はナルコレプシー!?

続いては神木さんが患っていた病気がナルコレプシーではないかという噂について見ていきたいと思います

前述したように神木さんが過去に患っていた病気は現在でも特定されていないのですが、実は神木さんの病気について「ナルコレプシーではないか?」という噂が上がっているのですね

あまり馴染みのない病名なので誰もが「???」という印象しか抱けないのでしょうが、この『ナルコレプシー』とは一体どんな病気なのでしょうか?

気になったので調べてみたところこのような説明があることが分かりました

ナルコレプシーは、過眠症のひとつです。通常ならば寝てはいけない重要な場面でも我慢できないほどの強い眠気に襲われたり、突然眠ったりすることが特徴です。病気であるにもかかわらず、大事な場面でも眠ってしまうことについて「だらしない」「意欲が足りない」「真面目にやっていない」などと思われ、本人や周囲が病気と認識しない場合が多くみられます。

『ナルコレプシー』とは過眠症の1つだということですね^^

『過眠症』と聞くとイメージが湧くのですが、要は寝てはいけない場面で寝てしまったり、強烈な眠気が襲ってくる病気だということです

そしてこの症状を知ると分かるのですが、この病気が神木さんが患っていた病気のわけがありませんよね

神木さんが患っていた病気は消化器系のものですから、このナルコレプシーのわけがありません^^;

ちなみに現在神木さんがナルコレプシーを患っているという情報もないため、神木さんとナルコレプシーには何も接点がないことが分かります

何故このような噂が流れたのかは分からないのですが、おそらく神木さんが難病を患っていたことから、適当な病名が噂になったのではないでしょうか?

しかし過去にも現在にも神木さんがナルコレプシーを患ったという情報はないため、この噂は完全にガセだと思います^^

スポンサードリンク

病気だったからこそ子役になった!?

それでは最後に神木さんが子役デビューした経緯について見ていきたいと思います^^

幼い頃に病気で苦しんだ神木さんですが、そんな神木さんと同様かそれ以上に苦しんだのは彼の親ですよね

特にお母さんは健康に産んであげられなかったことに強い罪悪感を感じたのではないでしょうか?

ちなみに神木さんが病気で苦しんでいる間、彼のお母さんは毎日日記をつけていたというのですね

なんでもここには「ファイト!ファイト!隆くん!一時的なものだといいと思って期待します。またすぐに治りますように・・・。本当に本当に隆之介を助けて下さい。お願いします」と書かれているようですが、どれだけ母親が必死だったのかがよく分かるような気がします

そして遂に神木さんは病気に打ち勝ち完治したのですが、実はこの病気がきっかけで神木さんのお母さんは彼を芸能界に入れようと考えたというのですね

当時のお母さんは奇跡的に復活した我が子の姿を見て「(息子が)生きている証を残したい」と思い神木さんを事務所に入団させたというのです

神木さんが『セントラルグループ・セントラル子供タレント』へと入団したのはまだ彼が2歳だった頃とのことですから、本人の意思で入ったわけがありませんよね

彼はこのような経緯で母親の手によって芸能界入りを果たすこととなったのです^^

 映画の内容にちなんで「奇跡を信じますか?」と質問をされた神木は、「信じます。僕は赤ちゃんのころにすごく重い病気にかかって重体になったけど、奇跡的に助かった思い出に、お母さんが事務所に応募したんです。それがきっかけで、今こうしてここに立てていると思うと、奇跡だなぁと思うので」と感動的な話を披露。

これは神木さんがまだ中学生の頃に出演したファンタジー映画『遠くの空に消えた』の舞台挨拶で語ったコメントなのですが、当時の彼は自身が入団した経緯をしっかりと知っているようでしたね^^

神木さんが芸能界入りした背景にはこのような感動物語があるということですが、改めて素晴らしい話だと思います

神木さん本人も苦しんだでしょうし、何より神木さんを産んだ母親が一番苦しんだのではないでしょうか?

息子の苦しみを自分のことのように感じるのは親の常だと思いますし、苦しむ神木さんに何もしてあげられないストレスは相当なものだったことだと思います

現在神木さんはどれだけ活躍しても礼儀を大切にする素晴らしい青年として知られているのですが、そんな彼の礎を作ったのは母親の強い愛だったのかもしれませんね^^

母親が病気に負けるなと強い愛を送ったからこそ、彼もどんな人でも大切にする愛に溢れた素晴らしい青年へと成長したのかもしれません

スポンサードリンク
Pocket