Pocket

歌も歌える若手女優として近年急激に注目度を上げている上白石萌音さん

まぁ私はあまり映画やドラマを観ないため彼女についてはそれほど詳しくないのですが、さすがに彼女が人気若手女優だということは知っています^^

個人的には『3年A組』に出演していたこともあり現時点では妹の上白石萌歌さんの方が知名度という点では若干上にいっているのではないかとも思うのですが、姉妹なのですからじきに萌音さんも萌歌さん以上の活躍を見せてくれることでしょう

そして今回の記事ではそんな萌音さんの学歴について見ていきたいと思います^^

なんでも彼女は相当な努力家のようで、芸能界で活躍している現在も週5日のペースで大学に通い熱心に勉強しているのだとか・・・

今回の記事ではそんな萌音さんのこれまでの学歴についてしっかりと見ていきたいと思います

スポンサードリンク

上白石萌音の大学

それでは早速上白石萌音さんについてじっくりと見ていきたいと思います^^

まずは萌音さんが現在(2019年4月)通っている大学から見ていこうと思うのですが、彼女は明治大学に通っていると言われているのですね

なんでも彼女自身からこの件について明かされたことはないようですが、明治大学内で目撃情報があったことから間違いないのではないかと言われているようです

またこのようなTweetの他にも明治大学の入学式での目撃情報や、明治大学に通っているロックバンド『DISH//』のMASAKIさんが萌音さんと同じ大学に通っていると公表したことから萌音さんが明治大学に通っていることは間違いないと言われているのですね^^

まぁこれほどまでの根拠が揃っているのであれば彼女が同大学に通っていることはまず間違いないと思うのですが、彼女は以前行われた大学生・短大生・専門学校生の就活情報サイト『進路ナビ』のインタビューでこのようなことを語っていました

大学では、英語教育に力を入れている学部に所属していて、週に8コマも英語の授業があるため、英語漬けの日々を送っています。この前も英語でプレゼンテーションを行いましたし、翻訳の授業なども取っているんですよ。

必修科目が多いため、週5日きちんと大学に通っています。でも、本当にマルチにいろいろなことができる学部ですので、毎日がとても楽しいです。

現在人気若手女優として活動する傍ら大学に週5日のペースで通っているということですね^^

ちなみに萌音さんは小学3年生の頃から5年生までの3年間、メキシコで生活していたためスペイン語を流暢に話すことができるといいます

そして引用記事を見る限りは彼女は英語の勉強にも非常に力を入れているようなので、彼女はトリリンガルを目指しているということなのでしょう

さらに以前行われた読売新聞夕刊『pop style』のインタビューでは彼女は「大学で舞台芸術論や日本映画史を学んでいる」と語っていたというのですね^^;

まぁこの舞台芸術論や日本映画史が必修科目なのかどうかは分かりませんが、彼女は英語の学習に加えてこのようなものも学んでいるということです

ちなみに彼女が明治大学の国際学部に通っているということが特定されたのは『舞台芸術論』や『日本映画史』を学んでいることが明かされたからなのですね

それまでは萌音さんが通っている大学としては青山学院大学か明治大学ではないかと言われていたようですが、『舞台芸術論』や『日本映画史』を学べるような学部は青学にはないことから彼女が通っている大学は明治大学の国際学部だと特定されたということのようです^^

上白石萌音さんはまだ20歳そこそこの年齢ながら非常に落ち着いた人柄の持ち主として知られているのですが、やはり彼女は相当な努力家だということですね

これほどの努力家だからこそ芸能界でも素晴らしい活躍ができるのだと思います^^

スポンサードリンク

上白石萌音の小学校~高校

続いては萌音さんの小学校から高校について見ていきたいと思います^^

まずは小学校から見ていこうと思うのですが、彼女は鹿児島市立皇徳寺小学校に通っていたと言われています

なんでも鹿児島大学教員の吹留博実さんという方が発行している『鹿児島だより』というものに妹の萌歌さんが皇徳寺小学校の出身だと書かれていたと言われているのですね^^

そのため姉も同じ学校だろうということで萌音さんも同校に通っていたと言われているということです

ちなみに小学生の頃の彼女は母親がピアノの先生をしていた影響からピアノを習っていたようですが、彼女自身は歌や踊りの方が好きだったそうです^^

そのため彼女はミュージカルスクールにも通っていたそうですが、現在の彼女の歌唱力や声優としての活動を支えているのはこの幼少期のミュージカルスクールでの練習なのかもしれませんね

また前述したように彼女は父親の仕事の関係で小学3年生から5年生の終わりまでの3年間、メキシコに住んでいたといいます

大学で英語を学んでいることを考えると近い将来はトリリンガルになる可能性が非常に高いのですが、芸能界での活躍だけに満足せず語学にも力を入れることができるというのは本当に凄いことだと思います^^

続いては中学時代の彼女について見ていきたいと思います

中学時代の彼女は鹿児島市立皇徳寺中学校に入学したと言われているのですすね^^

名前から考えるに小学校と同様に地区内にある公立に通っていたということなのではないでしょうか?

ちなみに情報の根拠は一般人によるTweetだと言われています

そして上白石萌音さんは中学1年生の時に第7回『東宝シンデレラ』オーディションを受け見事芸能界入りが決まったのですが、実は本人はあまり受かる気はなかったというのですね(笑)

でも、中学1年生の時、ミュージカルスクールの先生にすすめられて、「東宝シンデレラ」オーディションを受けてみたところ、トントン拍子に選考に受かり、デビューが決まりました。

最初は合格できるなんて思ってもおらず、「もし最終選考まで残れれば、東京に行くことができる。思い出づくりにちょうどいいな」なんて軽い気持ちでの応募だったんですよ。

まさしく人生を変えたオーディションでしたね。いくつもの奇跡が連続して、一度はあきらめた夢がかなって、いまここに自分はいます。

ちなみにこの部分だけを見ると萌音さんがそれほど芸能界に対して熱意がなかったようにも思えるのですが、元々は彼女も舞台で演技をする仕事に就きたいと考えていたようです

しかしその思いを小学生の頃に両親に打ち明けると猛反対されたようで「お前がやっていけるほど甘い世界ではない」「厳しい世界だからあきらめなさい」などと言われてしまったのだとか・・・

その結果まだ幼かったこともあり彼女は素直に「私には無理なんだな・・・」と諦めてしまったようですが、中学1年生の頃に受けたオーディションで見事デビューすることが決まったのですね^^

なんとも面白いエピソードですが両親の考えが子供の可能性を奪ってしまう良い例なのではないでしょうか?

もちろん萌音さんの両親も萌音さんの将来を案じていたからこそこのように伝えたのでしょうが、萌音さんは見事両親のネガティブな想像を打ち破り現在は芸能界で活躍しているということですね^^

それでは最後に彼女がかつて通っていた高校ですが、彼女が通っていたのは実践学園高校だと言われています

こちらも一般人のTweetなどにより明らかになったようですが、実践学園高校は東京にある学校なので彼女は芸能活動に集中するために上京したのだと思います^^

中学時代は地元で過ごしたものの次第に多忙になり芸能活動に集中しようと上京したのではないでしょうか?

以上が上白石萌音さんの学歴となるのですが、まぁ小学校時代から高校時代にかけては特別目を引くような点はありませんでしたね^^

中学時代にオーディションに受かりその後高校からは東京の学校に通うことになったようですが、これは幼い頃から活躍する売れっ子芸能人の王道コースとも言えるのではないでしょうか?

上白石萌音さんもまだ21歳(2019年4月現在)という若さなのですが、彼女も着実に人気女優へとステップアップしているということですね^^

今回のまとめ

今回の記事では上白石萌音さんの学歴について見ていきました^^

萌音さんは中学生の頃にオーディションで審査員特別賞を受賞したことにより芸能界入りすることが決まったとのことでしたが、大学では芸能活動以外の分野においても非常に熱心に努力しているということでしたね

彼女は芸能人としての活動に依存するだけでなく英語を勉強したり多くの必修科目をこなしたりなど精力的に大学の勉強に打ち込んでいるということでした^^

この辺りの精神力が彼女が活躍できる最大の理由なのでしょうが、萌音さんは決して今の地位に満足せずに常に向上しようとしているということです

女優として活躍し脚光を浴びているところを見ると私としてはどうしても嫉妬してしまうのですが、やはり彼女が素晴らしい活躍をできる背景にはこのような努力の存在があるということですね

萌音さんは今後もまだまだあらゆる面で向上していこうと考えているのでしょうが、やはりこのような姿勢は失わないでほしいものです^^

どれだけ活躍しようと決して満足せず常に向上していこうという彼女の姿勢は素晴らしいと思いますし、やはり我々はそんな彼女の姿勢を見習わなければなりませんね

若いながらこれほどまでに努力できるというのは本当に素晴らしいと思うのですが、どうか彼女には今後もこのような姿勢を失わず、あらゆる分野での活躍を我々に見せてほしいものです^^

スポンサードリンク
Pocket