Pocket

端正な顔立ちと抜群のスタイルを武器に長年イケメン俳優として活躍している向井理さん

彼の場合当然ながら憧れる女性ファンはたくさんいると思うのですが、女性からだけでなく男性からも「向井理みたいになりたい!!」と強く憧れているのではないでしょうか?

完璧すぎる顔立ち、公称身長182cmという長身、さらに顔も小さいという男性としては理想的な容姿の持ち主であるため、彼に憧れる男性ファンも多いことだと思います

そんな向井さんですが実は以前から彼に関してちらほら「消えた」という声が上がり始めたと言われているのですね^^;

なんでも近年向井さんをテレビで見る機会は減ってきていると言われており、世間からは「最近見ない」「消えた?」などという声が上がっていると言われているのです

確かに最近はあまりテレビで見ないような気もするのですが、彼は本当に消えてしまったのでしょうか?

今回の記事ではそんな向井さんに関するネガティブな噂について見ていきたいと思います^^

スポンサードリンク

向井理が消えたと言われるのはなぜ!?

それでは早速向井さんに関して「消えた」という噂が浮上する理由について見ていきたいと思います^^

まずは彼に関するこの噂が正しいのかどうかを調べてみたのですが、Wikipediaを見たところ近年特に彼の俳優としての活動が失速したようにはとても思えませんでした

現在の日時は2019年7月となっているのですが、Wikipediaで調べてみたところ彼の2017年、2018年のドラマ・映画出演本数は以下のようになっていることが分かったのですね^^

  • 2017年
  • ドラマ:4本
    映画 :1本

  • 2018年
  • ドラマ:6本
    映画 :1本

まぁWikipediaの情報なので実際にはもう少しあるのかもしれませんが、少なくともそれぞれこの本数だけ出演しているのですね^^

そして出演本数を見る限りは彼は消えているわけではないということがよく分かるのではないでしょうか?

これで消えていると言えば多くの役者さんに怒られてしまいそうなものなのですが、そうなると気になるのはなぜ彼に「消えた」などという声が上がり始めたのかということですよね

まぁ完全に根も葉もないガセだという可能性もあるのですが、そうではないと仮定した場合2つの仮説が浮上することになると思います

その仮説が『出演本数は減っていないものの人気作への出演数が減った』というものと『バラエティ番組への出演数が減った』というもの

例えば年間に出演する出演本数は減っていないものの人気作への出演ではない場合、視聴者からすれば目にする機会が減ることになりますよね

また例えドラマや映画に出演していなくともバラエティ番組への出演数が減っていれば、目にする機会は減ってしまうことだと思います

ドラマや映画の出演数が減ってない以上向井さんに「消えた」という声が上がる理由を考えれば、この2つのいずれかだと思うのですが実はネット上にはどちらの考察も既に浮上しているのですね

これは私個人の意見ではなくネット上に浮上していた意見なのですが、向井さんにはある時からあまり大きな仕事が入らなくなったのではないかと言われているのです

その理由が彼女のマネージャーの退社であり、デビュー以来向井さんを支えてきたマネージャーは妊娠によりあるタイミングで会社を辞めたと言われているのですね^^

しかし向井さんを飛躍させた大きな仕事、例えば『のだめカンタービレ』『ゲゲゲの女房』『anan』などの仕事は当然ながら全てこのマネージャーが取ってきたと言われているのです

ちなみに向井さんのマネージャーはかなりの敏腕マネージャーだと言われており、相当評判の良い方のようですが、そんな彼女の凄さを知りたいという方はこちらの記事を読んでみると良いと思います

>> 敏腕女性マネージャーは、なぜ向井理を捨てたのか

こちらには向井さんをスカウトし、さらに一流俳優へと育て上げた敏腕マネージャーの手腕について書かれているので、この記事を読めば相当凄い方だということが分かると思います

まぁ当記事を読む上では必ずしもこの記事を読む必要はないため『やり手のマネージャー』ということだけが分かっていれば十分なのですが、実はこの方が向井さんのマネージャーを退いたことにより彼には大きな仕事が入らなくなったのではないかと言われているのですね(-_-;)

とはいえ向井さんのマネージャーが仕事を辞めたのは少なくとも2012年10月よりは前だということが分かっています

その理由は彼女が向井さんとの関係を書いた本『向井理を捨てた理由』が出版されたのが2012年10月からのためなのですが、そんなマネージャー退社後にも向井さんは多くの人気作品に出演しているのですね

具体的に作品名を上げると

  • S -最後の警官- 奪還(2015年8月公開)
  • 天空の蜂(2015年9月公開)
  • 信長協奏曲(2016年1月公開)

などがあることが分かります(分かりやすくするためあえて映画だけを載せました)

そしてこのような人気作品にマネージャーの退社後も出演しているところを見ると、マネージャーが退社したから人気作品への出演数が減ったと考えるのは少しおかしい話でしょう

このような経緯から考えるにマネージャーが変わったため人気作品への出演数が減ったという考察は間違いのように思います^^;

続いては『バラエティ番組への出演数が減った』という考えについて見ていきたいのですが、よく考えれば向井さんは元々それほどバラエティ番組には出演してなかったように思います

そうなるとやはり向井さんが「消えた」と言われる理由が分からないため、彼に関するこのような噂はガセだと考えて良いのではないでしょうか?

まぁもしかすると私の考えが及んでいないだけでもっと別の考え方もあるのかもしれませんが、少なくとも現時点では向井さんが消えているとはとても思えませんでした^^

スポンサードリンク

向井理に関するネガティブな評判

続いては業界関係者が語る向井さんに関するネガティブな評判について見ていきたいと思います^^

現在は多くのイケメン俳優が芸能界に存在するのですが、実は向井さんはそんな激戦区の中で「消えるのではないか?」と言われているというのですね

その理由が彼の出演作品の視聴率の低さと、ルックスが整いすぎているからなのだとか‥‥

 今や「イケメン俳優」戦国時代。菅田将暉、山﨑賢人、坂口健太郎といった若手が台頭する中で、勢いに陰りがみられるイケメン俳優は誰なのか? 関係者への取材で明らかにしていこう。

 まずは、現在公開中の映画が大爆死している、あの朝ドラ出身俳優だ。

<中略>

 にもかかわらず、この作品が12月3日に『RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編』としてまさかの映画化。だが、やはりというべきか映画館はガラガラ、不入りが伝えられている。

「作品のせいにもしていられないでしょう。まず、顔が整いすぎていて何の役をやらせても“向井理”の域を出ない。一皮むけるためには今よりもっと振り切った役をやらせないといけないでしょうね。いずれにしてもこのままいけば消える」(同)

こちらは2016年12月に出た記事なのですが、向井さんは2010年に放送された『ゲゲゲの女房』以降、『代表作』と呼べるような作品に巡り合っていないと言われているのですね

さらに彼は2016年7月に放送されたドラマ『神の舌を持つ男』に主役として出演していたのですが、同ドラマは全話平均5.6%という低視聴率を記録したといいます

また同ドラマは『RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編』として映画化もしたそうですが、残念ながら同映画もあまり好成績を残せなかったというのですね

まぁ個人的には向井さんには『超人気俳優』という印象しかなかったため、「代表作がない」という声には少々驚いてしまったのですが、確かに彼にはそのように言える作品はないかもしれません

そしてこのように代表作に巡り合えていないことと顔立ちが整いすぎてどんな役を演じても“向井理”というイメージを捨てきれないことが消えるのではないかと考察されている理由となっているようです

前述したようにこの記事が出たのは2016年12月のことなので、この推測が正しければ現在彼が「消えた」と言われる理由としてはピッタリのもとなるかもしれませんね

前章では出演作品数が減っていないため向井さんが消えたという噂はガセだと思うという結論を出したのですが、それでもファンの方が何となく彼に関して「消えた」と思っているのであれば、その理由はこの引用記事に書かれてるものになるのではないでしょうか?

要は代表作がなく、さらにイケメンすぎて向井理というイメージを捨てきれないことから徐々に俳優としての存在感を失い、その結果世間からは「消えた」と言われ始めたのではないかということです

まぁ私は向井さんに関して消えたとは思っていないためこの意見に賛成ではないのですが、それでも引用記事を見る限りはこのような話は十分に成り立つものだと思います

また実は向井さんの欠点としてはこのような『イケメンすぎる』こと以外にも『面倒くさい』ということも挙げられているというのですね^^;

 その事情とは、主演・向井にまつわるものだという。爽やかな好青年というルックスとは裏腹に、向井は業界で“面倒くさい俳優”の1人として知られているようだ。

「こだわりが強く、よく監督や制作スタッフと『このシーンはこうした方がいい!』『納得できない!』といった感じでバトルをしています。それで撮影スケジュールが押すことも少なくないとか。そういったこともあり、数字も持っていないし、面倒臭いしで向井とは共演したくないと、共演を嫌がる女優や俳優もいます。そんな中、消去法的にヒロインは榮倉になったみたいですよ」(同)

まぁこのような引用記事の内容を100%信じるわけにもいかないのですが、それでももし本当だとすればやはりネガティブな話となることでしょう

もし向井さんのこの“こだわり”が映画やドラマにおいてプラスに働いているのであれば『面倒くさい俳優』などとは言われていないことでしょうから、あまりプラスには働いていないのではないかと思います^^;

さらに向井さんが例え『面倒くさい俳優』であったとしても興行収入や視聴率など“数字”の面で結果を出すのであれば、映画やドラマなどにも起用されると思うのですが、先程も見ていったように彼には『代表作がない』と言われているため彼はあまり数字の面では結果を出していないものだと思います

そうなると向井さんは『面倒くさい』うえに『結果を出せない』ということになるため、やはり俳優としての仕事はどんどん減ることになるのではないでしょうか?

個人的には前章で見ていった向井さんが「消えた」という噂はやはりガセだと思うのですが、このようなエピソードを知ると今は消えていなくとも次第に存在感は薄くなっていくのではないかとも思えますよね(-_-;)

まぁネット上の記事もどこまで信頼できるものかは分からないためあまり信じ過ぎるわけにもいかないのですが、ここまで見てきた情報を基に考える限り彼に関する「消えた」という噂は現時点ではガセであっても近い将来現実のものとなる可能性を秘めているようにも思えました

今回のまとめ

今回の記事では向井理さんに関する「消えた」という噂について見ていきました^^

彼は日本を代表する超イケメン俳優として活躍しているのですが、なぜか近年になってちらほら「消えた」という声が上がり始めたということでしたね

しかし近年の彼のドラマ・映画の出演本数を見る限りとても彼が消えているとは思えず、依然として人気俳優として活躍しているように思えました

まぁ私は彼が近年出演したドラマや映画の内容までは見ていっていないため、もしかすると出演本数そのものは変わらないものの以前と比べて存在感の薄い役が増えたのかもしれません

その結果出演本数自体はあまり変わりがないものの個々の作品における存在感は以前と比べて薄くなり、そのような経緯から「消えた」という声が上がり始めたのかもしれませんね

また第二章では芸能関係者の間で噂される向井さんのネガティブな噂について見てったのですが、そこでは『代表作がない』『こだわりが強くて面倒くさい』などという声が上がっているということが分かりました

まぁ例えこだわりが強く面倒くさい性格だったとしても数字という結果が出せていれば良いのかもしれませんが、残念ながら向井さんには代表作がないということでしたね^^;

そうなると彼は使いにくいうえに結果が出ていないという最も悪いパターンということになると思うのですが、このような状況を見るといくら超イケメンとはいえどもしかしたら本当に消えるのではないかとも思えてしまいます

彼ほどのキャリアがあればさすがにそう簡単に消えるなどということはないと思うのですが、それでも少々ネガティブな印象の強い結果となってしまいましたね

今後彼の俳優人生がどのようなものになるのかは分からないのですが、彼のファンは日本中にいるのですから決して「消える」などということにはならないでほしいものです‥‥(-_-;)

スポンサードリンク
Pocket