Pocket

端正な顔立ちと元ぶりっ子キャラの甘い性格を武器にアナウンサーとして活躍している田中みな実さん

まぁ最近は30歳を超えたこともありぶりっ子キャラから少しキャラ変したようですが、彼女ほどのルックスがあればぶりっ子キャラなどなくても十分に活躍できるのではないでしょうか?

やはり男性というのは女性のルックスを非常に重要視する傾向があるため、正直田中アナほどルックスが整っていれば十分に活躍できるような気がします^^

そんな売れっ子アナの田中みな実アナなのですが、皆さんは彼女の“身長”をご存知でしょうか?

おそらく誰もが一様に彼女に関しては「小さい」という印象を抱いているのではないかと思うのですが、今回の記事ではそんな彼女の身長について見ていきたいと思います

ぶりっ子キャラの影響により「小柄で可愛い」という印象が強くついている田中みな実アナなのですが、そんな彼女の身長は一体どれくらいなのでしょうか?^^

スポンサードリンク

田中みな実の身長は153cm!!

それでは早速田中みな実アナの身長について見ていきたいと思います^^

田中アナの身長は当然公表されているのですが、公表されている情報によると彼女の身長は153cmだというのですね^^

個人的には彼女に関しては「小柄」という印象が元からあったのですが、やはり彼女の身長は小さいようです

20歳から40歳までの日本人女性の身長の平均は157cm~158cm辺りだと言われているため、やはり彼女は小さい方だということですね

まぁ私からしてみれば大体予想通りの数値だったのですが、中には田中アナはもう少し大きいと思っていた方もいるかもしれないので、ここからは彼女の身長がどれくらいなのかということを感覚的に知るために画像を使って彼女の身長について見ていきたいと思います^^

それではまずはお笑い芸人として活躍している後藤輝基さんとアーティストとして活躍しているDAIGOさんと共に写る画像から見ていきましょう

後藤さんの公称身長は171cmとそれほど高くはないのですが、それでも田中アナとの間には大きな身長の開きがあることが分かりますよね^^

また服装から考えるに後藤さんは革靴、田中アナはヒールを履いていると思うのですがそれでも2人の間にはこれほどまでの身長差があるのです

ちなみにDAIGOさんの公称身長は178cmとなっているため、当然のことながら田中アナとの間には歴然とした身長差があることが分かりますよね

続いては長年に亘ってバラエティ番組『ジョブチューン』で共演している原田泰造さん、名倉潤さんと共に写る画像について見ていきたいと思います^^

それでは画像がこちら

原田泰造さん、名倉潤さんの公称身長はそれぞれ177cm、170cmとなっているのですが、やはり2人と比べても田中アナは非常に小さいことが分かりますよね

まぁ後藤さんと比べて小さいということが分かっている時点で、原田さんや名倉さんと比べても小さいのは当然のことなのかもしれないのですが、やはり田中アナは“超小柄”だということです

それでは最後に阪神タイガースで活躍している藤浪晋太郎投手との身長差について見ていきたいと思います^^

画像にも書いてあるように藤浪投手の公称身長は197cmとなっているのですが、田中アナと比べるともはや大人と子供ですよね(笑)

まぁ藤浪投手と比べれば誰でも小さいのかもしれませんが、やはり田中アナは相当小さいということです^^

「イメージ通り!!」という方も多かったかもしれませんが、例えそうではなかった人でも画像を見れば彼女の身長が小さいことはよく分かったのではないでしょうか?^^

スポンサードリンク

実は胸が大きいことがコンプレックスだった!?

続いては田中アナの胸が非常に大きいということについて見ていきたいと思います^^

前章では田中アナは非常に身長が低いということについて見ていったのですが、実はそんな身長とは真反対に胸は大きいとして知られているのですね

なんでも彼女の胸は推定でEカップあると言われているのですが、実際に彼女の胸の大きさが分かる画像としてはこのようなものがあります

確かに服を着ていても胸が大きいということが分かりますよね^^

しかし実は彼女はそんな大きな胸にコンプレックスを抱いていたようで、若い頃の彼女はあえて大きな胸を隠そうとしていたというのです

同誌で田中アナは「中学、高校、大学、社会人になっても、大きい胸が恥ずかしくてイヤ」だった心境を告白しています。局アナ時代は「ぶりっ子というイメージがあったから、胸まで強調されてしまったらアナウンサーとしての清潔感が保てない」と思って、「形が悪くなることなんて気にせず、とにかく胸を小さく見せたくて、3年間ぐらいサラシを巻いて胸を潰していた」そうです。

なんと驚くべきことに田中アナはサラシを巻いてまで胸が大きく見えないようにしていたというのですね^^;

まぁあれだけ世間から嫌われるぶりっ子キャラを貫きながら、胸が大きいと思われるのは嫌だという感性は正直よく分からないのですが、周囲から見てみるとコンプレックスどころか自慢になるような気すらすると思います

やはり女性としては胸が大きいのは自慢になるのではないかとも思うのですが、実際に胸が大きい女性からすれば周囲の人では分からないようなコンプレックスがたくさんあるというのですね

今回の田中アナも「贅沢だと言われるかもしれないけど、私は胸が大きくてよかったと思ったことはありません」と、巨乳であるがゆえの悩みを打ち明けている。

ネットでも「巨乳」と検索すれば「流行の服が似合わない」「お洒落が楽しくない」「バカっぽくみられる」など、巨乳女子ならではのあるある悩みは多い。

周囲から見れば長所になるようなものでも、本人たちからしてみればコンプレックスにもなり得るということですね^^

もちろん胸が大きい女性の中にも自分の胸を自慢に思っている人はたくさんいると思うのですが、そんな人とは真逆に田中アナのようにコンプレックスを感じる人もいるということです

田中アナは胸が大きいことの欠点として「アナウンサーとしての清潔感が保てない」と語っているのですが、これは2つ目の引用記事の中にある「バカっぽく見られる」という悩みと共通するのではないでしょうか?

まぁ個人的には胸が大きいからといってバカっぽく見えるなどということはないと思うのですが、やはり本人たちにはそのように感じられてしまうのではないかという恐怖心があるのでしょう

あのぶりっ子の田中アナがこのようなことで悩んでいるというのは正直驚きだったのですが、やはり人間は他人には理解しにくいような悩みを持つこともあるということです^^

田中みな実のスタイル維持方法

それでは最後に田中みな実アナのスタイル維持方法について見ていきたいと思います^^

田中アナは2017年9月13日に発売された『anan』で美ボディを披露したと言われているのですが、実はそんな美ボディは彼女のストイックな努力によってつくられたものだと言われているのですね

なんでも彼女はかなりレッスン料の高いジムに通い、男女両性から絶賛されるほどの美ボディを創り上げたというのです

「初めてジムを訪れた田中さんは、並々ならぬ意気込みで“これで私、変われるんですか?”ってインストラクターさんに聞いたそうです。“それはあなた次第です”と言われた田中さんは、ストイックにトレーニングを続けたと聞きました」

さっそく、田中アナが通うジムに本誌の女性記者も体験に行ってみた。都心の駅から徒歩10分、マンションの1室がジムになっている。完全予約制で、記者は90分で8,100円(価格は全て税込み)の体験コースを受けた。

通い続けるには入会金約4万1,000円と2カ月16回のレッスン料金約21万1,000円が必要。田中アナは半年間通っているので、63万円以上かかる。

半年で63万円というのは相当な額だということが分かるのですが、この額はいくら田中アナが売れっ子だからと言っても簡単に出せるような額ではないことでしょう

そう考えるといかに彼女がストイックに綺麗な体を創り上げようとしているのかがよく分かるような気がするのですが、田中アナは局アナではなくフリーアナウンサーになったことで美に対する意識というものが変わったのかもしれません^^

もちろん局アナでも美貌というものは大切だと思うのですが、やはりフリーアナウンサーは局アナと違っていつ仕事がなくなるのか分からないため自らのレベルを高くする必要があるのではないかと思います

また局アナからフリーアナウンサーになったことにより、田中アナにはアナウンサー以外の仕事のオファーも舞い込むようになったのではないかと思います

前述したように彼女は『anan』にモデルとして出演しましたし、フリー転身後にはドラマにも出演しているのですね^^

フリーに転身したことによりアナウンサーとしての活動だけでなくモデル・女優としての活動も開始したことが分かるのですが、このような状況の変化により局アナ時代よりも“自分磨き”に力を入れるようになったのかもしれません

まぁ今後彼女がタレントとしてどのような活躍を見せていくのかは分からないのですが、それでもこのようなストイックな姿勢があれば当分タレントとしては安定した活躍ができるのではないでしょうか?^^

スポンサードリンク
Pocket