Pocket

近年はYouTubeというサイトが人気になってきたため“芸能人YouTuber”が非常に増えたような気がするのですが、これは皆さんも共感してくれることでしょう

やはりカジサックこと梶原雄太さんを皮切りに多くの芸能人が自身のYouTubeチャンネルを持ちYouTuberとしてデビューしているのですが、それでも実は芸能人であるにもかかわらずYouTubeがあまり伸びていないという方も多いのですね

私を含めファンの感覚からしてみれば多くのバラエティ番組に出演する売れっ子芸人の方などはやはり笑いのプロであることからYouTuberとしてもすぐに成功しそうなものなのですが、それでも実際には売れっ子芸人の方がYouTuberとしてデビューしても上手くいってないことが意外なほどに多いのです(-_-;)

まぁこの件に関しては以前他の記事で書いたのですが、私はその理由は「動画が面白くないから」という部分にあるのではないかと考えているのですね

【関連記事】

>> お笑い芸人がYouTubeに参入しても成功しないのはそもそも動画が面白くないから?

このように書くと皆さんのなかには私が一流芸人の方に対して侮辱しているというふうに思われる方もいるかもしれないのですが、実際にはそのような意図はなくただ私が主張したいことはYouTubeはテレビと違って動画を制作するにあたって多くのコストをかけることができないから一流の芸人さんでも中々上手くいかないということなのです

芸人さんは確かにテレビでは面白いのですが、それでもYouTubeの場合は自分以外にはプロの出演者の方がいなかったり、セットや小道具、企画、VTRなどもしっかりと作ることができないことから芸人さんがYouTuberになったとしてもYouTubeではそのポテンシャルをほとんど発揮することができないということなのですね^^;

そのような経緯から私は例えお笑い芸人として長年第一線で活躍されているという方でもYouTubeに参入するとそれほど上手くいくことはなく、お笑い芸人の方の大半は伸び悩むことになるのではないかと考えているのです

それでは現時点でタレントとして活躍されているという方の多くはYouTubeに参入しても上手くいかないのかということなのですが、私は決してそのようなことはないというふうに考えており、お笑い芸人とは違う職種の方であれば成功しやすいのではないかと考えているのですね

その理由はYouTuberとして成功するために必要なのが「面白さ」ではなく「カリスマ性」であると考えているからであり、私が思うにはカリスマ性のある方はYouTubeに参入すれば上手くいくのではないかと思うのです

まだ現時点では私が主張したいことの内容がほとんどわからないという方もいるかもしれないのですが、その内容については本章でじっくりと見ていきたいと思います^^

大半のお笑い芸人はYouTubeに参入しても成功しない?

現時点(2020年6月)で多くの芸能人の方がYouTuberとして活動されていることだと思うのですが、そのなかには上手くいっているという方がいる一方で上手くいっていないという方も一定数いるのではないかと思うのですね

一昔前では芸能人の方がYouTuberとして活動するというのはかなり珍しいこととして考えられていたことから、私を含め世間の方の多くはテレビで活躍している芸能人の方がYouTuberとしての活動を始めればすぐに既存のYouTuberを追い抜きYouTuberとしてもトップに君臨するだろうと思われていたのではないかと思うのです

しかし実際には中々そう上手くいはいっていないようで成功する方たちがいる一方で売れっ子芸人であるにもかかわらず、YouTuberとしては中々思うような成果を出すことができていないという方も多いのではないかと思うのですね

それでは一体なぜテレビで売れっ子として活躍しているにもかかわらずYouTubeではそれほど活躍することができない方がいるのかということなのですが、私が思うにその理由は「テレビと違ってYouTubeでは動画を制作するにあたってほとんどコストをかけることができないから」ということがあるのではないかと思うのです

例えばテレビで売れっ子芸人として活躍されている方は当然ながらテレビで『面白いこと』を披露し笑いをとっていることだと思うのですが、それでも自分1人の力で笑いをとっていることはそう多くなく、やはりテレビで笑いをとることができるのはしっかりとしたセットがあり、小道具も用意されており、さらに企画やVTRなども事前にしっかりと作り込まれているからこそ面白いことをすることができるのではないかと思うのですね

また最も大切なのはやはり『共演者』であり、お笑い芸人の方というのは自分がボケて人からツッコんでもらったり、逆にボケた人に対して自分がツッコんだりするからこそ面白いことをすることができるのではないかと思うのです

要は売れっ子芸人の方も決して笑いを1人で作っているというわけではなく、テレビで笑いをとることができるのは自分以外にも様々な要素があるからなのですね

その一方でYouTubeというのは基本的には動画を制作するにあたってそれほどコストをかけることができないことから、結局売れっ子のお笑い芸人の方が動画を作ってもそれほど面白いものを作ることができないのではないか思うのです

どれだけ一流の芸人さんであったとしてもやはり人件費もコストもほとんどかけることができないような状態で面白い動画をコンスタントに投稿していくというのは無理な話なのではないかと思うのですね

もちろん1つや2つは『すべらない話』のようなトークのみの面白い動画を作ることができるかもしれないのですが、それでも基本的にはやはり面白い動画を作るためには自分以外にも優秀なスタッフや共演者、そしてしっかりと作り込まれた企画やセット、小道具などが必要になるのではないかと思うのです

そのような経緯から考えるにどれだけ一流の芸人さんであったとしてもやはり動画を制作するうえでほとんどお金をかけることができないYouTubeで面白い動画をコンスタントに投稿するというのは難しいのではないかと思うのですね

そして私はそのような理由から芸人さんの多くはどれだけテレビの第一線で活躍されている方でも今後YouTubeで成功するのは難しいのではないかと考えているのですが、それではテレビで活躍されているタレントさんのなかでもお笑い芸人以外の職種であればどうなのでしょうか?

実は私が思うにはお笑い芸人の方の多くは中々成功するのが難しいのではないかと考えているのですが、その一方で役者として活動されてる俳優さんや女優さんなどはYouTuberとしても成功することができるのではないかと考えているのですね^^

芸能人YouTuberに必要な力はカリスマ性?

ここまでお笑い芸人の方がYouTubeに参入しても成功しにくいということについて見ていったのですが、これに関しては納得してくれる方が多かったのではないかと思うのですね^^

やはりテレビとYouTubeでは動画を制作するにあたってかけることができるコストに雲泥の差があることから、例えテレビで第一線で活躍されているお笑い芸人の方でもYouTubeで面白い動画をコンスタントに投稿するというのは無理があるのではないかと思うのです

それでは現時点でまだYouTuberとして活動していないタレントさんは今後YouTubeに参入しても活躍することは難しいのかということなのですが、私が思うには必ずしもそういうわけではないと思うのですね

私はお笑い芸人の方の多くは今後YouTubeで活躍するのは難しいのではないかと考えているのですが、その一方でルックスを売りにしているタレントさんに関しては今から参入しても十分に成功することができるのではないかと思うのです

例えば現時点でYouTubeに参入している美男美女タレントの方としては以下のような方々がいるのですが、誰もがYouTuberとして成功しているというふうに言うことができるのではないでしょうか?

  • 本田翼さん(201万人)
  • 佐藤健さん(184万人)
  • 川口春奈さん(101万人)
  • ローラさん(63万人)
  • ※右の数字はチャンネル登録者数であり、2020年6月1日時点のものとなっています

このように整った顔立ちを売りにしているタレント、すなわち美男美女のタレントさんの多くはYouTuberとして成功していると言えることだと思うのですが、皆さんの多くもなぜ彼らのYouTubeチャンネルが多くのチャンネル登録者数を獲得し、そしてなぜ多くの再生回数を得ることができるのかということに関してはすでに分かっているのではないでしょうか?

まぁ私がこれから主張することが正確な答えなのかどうかは分からないのですが、それでも彼らのYouTubeチャンネルが圧倒的な成功を収めているのはやはり彼らが多くのファンを抱えているからだと思うのですね

本田翼さんも佐藤健さんも川口春奈さんもローラさんも圧倒的なカリスマ性を持っており、彼女たちの動画を「見たい!」というふうに思うファンが多いからこそ彼女たちはYouTubeで成功することができることだと思うのです

ここで皆さんに分かってほしいのは本田さんや佐藤さん、川口さんなどのYouTube動画が見られる理由は「何をするのか?」というところよりも「誰がするのか?」というところが大事であるからということなのですね

例えば佐藤健さんは現時点(2020年6月1日)でまだ動画は10個しか投稿しておらず、そのうち9個は俳優仲間と旅をしている様子を撮影したものとなっているのですが、この動画が見られる最大の理由はやはり佐藤さんがかっこいいからなのではないでしょうか?

もしこの企画を佐藤さんとは違いまったくかっこよくない方がすれば佐藤さんの動画ほどの再生回数を稼ぐことなど到底できないことだと思うのですね

大事なのは本田さんや佐藤さん、川口さんやローラさんなどの動画が見られる理由が「企画が面白いから」「内容が面白いから」などという以前に「本田翼だから」「佐藤健だから」という部分にあるということなのです

そしてそのような経緯から私はこれからYouTubeに参入する芸能人において必要となってくるのは「面白い動画を投稿することができる力」ではなく「コアなファンをたくさん作ることができるカリスマ性」なのではないかと思うのですね

何度も繰り返すようですがやはり本田さんや佐藤さん、川口さんやローラさんなどがYouTubeにおいて凄まじい勢いでチャンネル登録者数を伸ばし多くの再生回数を得ることができる理由はそのチャンネルが本田さんのものであり、佐藤さんのものであり、川口さん、ローラさんのものであるからだと思うのです

大事なのは「そのチャンネルにおいて何をするのか?」ということよりも「そのチャンネルを開設したのは誰なのか?」ということなのではないかと思うのですね

圧倒的なカリスマ性を持ち多くのコアなファンを抱えている佐藤健さんなどは例えそこまで動画の内容にこだわらなくとも、圧倒的な再生回数を得ることができるのではないかと思うのです

その一方でそれほどコストをかけることができないYouTubeにおいてはそれほど知名度がない方やコアなファンが多くないという方は他のチャンネルと差別化をするのが難しく中々チャンネル登録者数を得ることが難しいのではないかと思うのですね

このように私は今後のYouTubeにおいて重要になってくるのは「何をするのか?」ということよりも「誰がするのか?」ということなのではないかと思うのです^^

格闘家YouTuber・朝倉未来

ここまでYouTubeで人気を得るためには「何をするのか?」ということよりも「誰がするのか?」ということが大切になってくるというふうに説いたのですが、なかには「美男美女がYouTubeを開設すれば上手くいくけれども、それ以外の人は無理であるということ?」というふうに思われた方もいるかもしれません

まぁ実際に私はその傾向が強いのではないかと考えているのですが、大事なのは美男美女であるということではなく「コアなファンが多いこと」なのではないかと思うのですね

このように書いていると私の頭に浮かんでくるのが格闘家YouTuberである朝倉未来選手となっているのですが、彼などもまさに異例の経歴を持っているカリスマ性に溢れた方なのではないかと思うのです

当サイトでも過去に朝倉選手については見ていったのですが、彼はかつては喧嘩最強の不良として知られており、今では日本国内における総合格闘技の最高峰の舞台であるRIZINのトップファイターとして活躍してる存在なのですね^^

【関連記事】

>> 朝倉未来の喧嘩伝説が凄すぎる!!昔は不良で怖かったけど現在は温厚で優しくなった!?

そんな彼は現在格闘家としてだけではなくYouTuberとしても活躍しているのですが、彼もまた現時点(2020年6月)でチャンネル登録者数が112万人もいるというトップYouTuberの1人となっているのです

朝倉選手の場合はそれほど頻繁にテレビに出演されているというわけでもないことからなかには彼のことを知らないという方もいるかもしれないのですが、それでも彼は100万人という大台を超えるチャンネル登録者数を得るほどの人気YouTuberとして活躍しているのです

そして彼は俳優として活躍するほど極端にルックスがいいというわけでもなく、またトップのお笑い芸人ほど面白いというわけでもないのですが、それでは一体彼はなぜそこまでにチャンネル登録者数を獲得することができたのでしょうか?

これはあくまで私個人の考え方となっているのですが、その理由もまた「圧倒的なカリスマ性があるから」ということなのではないかと思うのですね

興味深い話として朝倉選手はこれまでに自身のYouTubeチャンネルに登録している男女比率に関して何度も繰り返し話しているのですが、なんでも彼曰く彼のYouTubeチャンネルは男性の登録者が圧倒的に多く登録者のうち90%近くが男性だというのです‥‥(笑)

――100万人も、もうすぐ実現しそうですね。最も多い視聴者層は?

朝倉 25~35歳で、男性が94%くらいです。

――登録者のほとんど男性だと言っていましたが、女性の割合は増えましたか?

10%まで増えましたよ。

このように朝倉選手は自身のYouTubeチャンネルの登録者は女性よりも男性のほうが圧倒的に多いというふうに主張されているのですが、ここで皆さんに分かってほしいのはもし彼のチャンネルが万人受けするものであればここまで極端な男女比にはならないだろうということなのですね

もちろんYouTuberの作る動画によって男性と女性の比率はある程度変わってくるとは思うのですが、それでもここまで男性の視聴者のほうが多いということは朝倉選手のチャンネル登録者の多くは朝倉選手の動画が面白いからこそチャンネル登録しているというよりは、朝倉選手のことが好きであり彼の動向が気になるからこそ彼のチャンネルに登録し動画を見ているのではないかということなのです

実際に朝倉選手はYouTubeを始める前から自身のInstagramのフォロワーが男性の比率が圧倒的に多かったことから男性向けの動画を作っているというふうには語っているのですが、それでももし仮に誰もが朝倉選手の動画を「面白い」という理由でのみ見ているというのであれば、ここまでチャンネル登録者数に男女差は出ないのではないかと思うのですね

そして私が思うには朝倉選手のYouTubeチャンネルにおいてここまで男女差が出る理由はやはり男性の多くが「朝倉選手のことが好き」という理由でチャンネル登録をしているからではないかと思うのです

前述したように彼は元々は“超”が付くほど有名な不良であり路上の喧嘩では負けたことがないという異例の経歴の持ち主なのですね

そして現在はRIZINのトップファイターとして活躍しているのですが、そんな『元喧嘩最強の不良』という異例の経歴に惹かれ朝倉選手に強い憧れや関心を持っている男性は非常に多いのではないかと思うのです

私が思うには朝倉選手のチャンネル登録者の多くは朝倉選手の動画が面白いからこそチャンネル登録をしたというよりは、朝倉選手の魅力に惹かれて朝倉選手の強いファンとなったからこそ、すなわち朝倉選手のことが好きだからこそチャンネル登録をすることになったのではないかと思うのですね

ここで皆さんに分かってほしいのは私が思うに今後YouTubeで活躍するのは「面白い動画を提供することができる人」よりも、このような「コアなファンをたくさん作ることができるだけの魅力のある人」となっているのではないかということなのです

もちろんこれはあくまで私個人の考えなのですが、それでも格闘家の朝倉選手がこれだけのチャンネル登録者数を獲得し活躍しているところを見るとやはり「そのチャンネル主が好きだからこそ動画を見る」というタイプの方は非常に多いのではないかと思うのですね^^

また私が思うにYouTubeの企画のなかには「その人が好きだからこそ見ていて面白い」というものもたくさんあるのではないかと思うのです

例えば最近では『モーニングルーティン・ナイトルーティン』という企画がYouTuberのなかでは流行っていることだと思うのですが、皆さんのなかにも好きなYouTuberのモーニングルーティンやナイトルーティンを見たという方はいるかもしれませんね

そしてここで皆さんに1つ聞いてみたいのですが、皆さんは自分が好きなYouTuberやタレント以外のモーニングルーティンやナイトルーティンを見てみたいと思うでしょうか?

おそらく大半の方はそのようには思わないのではないかと思うのですね

現在流行っているYouTuberのモーニングルーティンやナイトルーティンという企画なのですが、そのような企画を見るのもその人が好きだからであり、好きではなかったから見ようとは思わないことだと思うのです

例えば2020年1月29日に公開されたローラさんのチャンネルのモーニングルーティンの動画は2020年6月1日現在の段階で400万回以上再生されているのですが、これほどまでに再生された理由は「ローラさんだから」と言えることでしょう

おそらくはローラさんのことが好きな男性ファンやローラさんに憧れている女性ファンが視聴者の中心だとは思うのですが、ここで大事なのはモーニングルーティンという企画そのものが素晴らしいのではなく、それをローラさんがするからこそ多くの再生回数が見込めるということなのです

これは佐藤健さんにしても本田翼さんにしても同様のことが言えるのではないかと思うのですが、彼らのような美男美女がモーニングルーティンをすれば多くの再生回数が見込めることでしょう

また元喧嘩無敗のヤンキーと言われている朝倉未来選手のチャンネルでは2020年1月22日にヤンチャな青年たちが集まる『北九州』の成人式に突撃してみたという動画がアップされているのですが、こちらの動画は現時点で530万回以上再生されているのですね

私が思うにおそらくこの動画がこれほどまでに再生されている理由は元伝説の不良と言われている朝倉選手と北九州のヤンチャな青年たちが対面したらどのような反応をするのかを、視聴者の多くが見たかったからなのではないかと思うのです

そしてこの動画もまた朝倉選手だからこそここまで再生されるのであり、おそらく他のYouTuberであればまったく同じ企画をしたところで朝倉選手のような再生回数を得るのは無理なのではないかと思うのですね

これは非常に当たり前の話なのですが、まったく同じ企画でも「誰がするのか?」ということによって見ている側の面白さはまったく変わってくるということなのです

元々コアなファンがたくさんいるYouTuberがモーニングルーティンをすれば多くの再生回数を得ることができることだと思うのですが、その一方で大して人気のない方であればモーニングルーティンという企画をしたところでそれほど多くの再生回数を得ることはできないのではないでしょうか?

そのような経緯から考えるにやはりYouTubeとは「何をするのか?」ということよりも「誰がするのか?」ということのほうが大切であり、YouTuberとしての最も大切な資質の1つに「コアなファンがたくさんいるだけのカリスマ性がある」ということがあるのではないかと思うのですね

今回のまとめ

今回の記事では芸能人YouTuberに必要なのは面白さよりもカリスマ性なのではないかということについて見ていったのですが、当然これは私の考え方であるためなかには異論があるという方もいることでしょう

まぁ私は自分の反対意見を持っている方と喧嘩をしたいというわけではないため反対意見を持たれているという方も怒らずに私の主張を受け入れてほしいのですが、もちろん私の絶対に自分の考え方が正しいと主張しているわけではありません

とは言え現時点で多くのお笑い芸人の方がYouTubeに参入しても中々上手くいっていないというところを見ると、やはり芸能人YouTuberとして必要なのは面白さよりもカリスマ性なのではないかと思うのですね

要はYouTubeチャンネルが人気になるか否かは「そのチャンネルにおいてどんな企画をするのか?」というところによって決まってくるのではなく「誰のチャンネルなのか?」「誰がそのチャンネルに出演するのか?」というところによって決まってくるのではないかと思うのです

YouTubeは動画を制作するにあたってそれほどコストをかけることができないことから動画の内容で他のYouTubeチャンネルと差別化を図るというのは難しいことだと思うのですが、佐藤健さんやローラさん、朝倉未来選手など圧倒的なカリスマ性を持っている方であれば「佐藤健のチャンネルだから見る」「ローラが好きだから見る」という層を獲得することができるのではないかと思うのですね

また同じ企画でもその企画が面白いかどうかは「誰がやるのか?」という部分によって決まってくるということも多いため、コアなファンが多いという方は例え企画という意味でそれほど奇抜なものをすることができなくとも、他のチャンネルよりも再生回数を得ることができるのではないかと思うのです

そのような経緯から私は今後芸能人YouTuberが成功するためには圧倒的なカリスマ性が必要になってくるのではないかと考えているのですが、皆さんはどのように思われたでしょうか?

まぁ私の考え方に反対という方も多いかもしれないのですが、私は自分の意見と合わない方と喧嘩をしたいというふうに考えているわけではないため、私の主張をバカなものだと思ったとしても攻撃はしてこないようお願いいたします^^;(笑)

Pocket