Pocket

現在若手女優のなかでは頭一つ抜けた活躍を見せており、今後もまだまだ女優としての飛躍が期待されている浜辺美波さん。

端正な顔立ちと奥ゆかしい性格で大人気の女優さんですよね^^

個人的には近年までは日本の若手女優といえば広瀬すずさん、橋本環奈さん、永野芽郁さん、平結奈さん、今田美桜さんなどが人気であるというふうに考えていたのですが、浜辺さんは映画『君の膵臓をたべたい』で注目されるとすぐに上記の5名を抜き去り、一躍日本で最も注目を浴びる女優になったとまで言うことができるのではないかと思うのです。

まぁ実際に現時点で広瀬すずさん、橋本環奈さん、浜辺美波さんの誰が若手女優として最も人気なのかは分からないのですが、それでも浜辺さんが日本国内でトップクラスの人気を誇る女優であるということは間違ないのではないかと思うのですね^^

そんな浜辺美波さんなのですが、現時点で彼女のファンであるという方は彼女に対してどんな印象を抱いているのでしょうか?

ちなみにこれは外見に関するものではなく内面、すなわち性格に関するものとなっているのですが、おそらく私が思うに皆さんの多くは「優しそう」「怒らなそう」「温厚」「おっとりしてそう」などというものなのではないかと思うのですね。

実際に浜辺さんは以前から非常に性格が良いことで知られており、そのような性格が彼女が人気を集める理由の1つとなっていることは間違いないことだと思うのですが、それでも実は彼女もかつて反抗期の頃はイライラすることも多かったようでよくご両親と喧嘩していたというのです^^;

今の浜辺さんからはご両親と喧嘩するような姿はなかなか想像することができないのですが、それでも彼女は非常に反抗期が激しかったようで、時には父親に無理矢理車に詰め込まれて学校に連れていかれたこともあるというのですね(笑)

今の浜辺さんから想像することもできないような激しいエピソードとなっているのですが、今回の記事ではそんな浜辺さんの反抗期について見ていきたいと思います^^

【関連記事】

>> 浜辺美波はやはり性格がいい!?普段は大人しいものの意外とストイックな性格!?

スポンサードリンク

浜辺美波の反抗期は非常に激しかった?

浜辺美波さんと言えば容姿は当然のことながら美しいのですが、それと同時に内面も非常に整っている女性として有名ですよね?

普通に考えれば浜辺さんほどの人気女優となってしまえば鼻が伸び少しは調子に乗ってしまいそうなものなのですが、浜辺さんからそのような浮ついた噂は一切聞こえず、女優としてどれだけ活躍されても謙虚な姿勢を忘れない女性として有名なことだと思います^^

まぁこの辺りが浜辺さんが女優として人気を博す理由と言えるのではないかと思うのですが、それでも彼女にも実はむしゃくしゃするような時期はあったようで、一時期は反抗期でご両親とよく喧嘩をされていたというのですね(笑)

これは浜辺さんが日本テレビのバラエティ番組『おしゃれイズム』に出演された際に明かされたエピソードとなっているのですが、なんでも浜辺さんのお母さん曰く、浜辺さんは反抗期が激しく当時はよく喧嘩をしていたのだとか‥‥(笑)

気になるのはその喧嘩の内容なのですが、なんでも当時の浜辺さんはすでに仕事をしていたことから何日も学校を休むことがあったというのですね。

そしてこのように何日も立て続けに学校を休んでいると次第に学校に行きにくくなることから、当時の彼女は仕事がない日でも「学校に行きたくない!」と学校に行くことを嫌がっていたのだとか‥‥

しかし当然ながらそんなことはお母さんとしても許せないことから彼女に対して「学校に行きなさい!」と強く叱り、その結果度々「学校に行きなさい!」「行きたくない!」という口論になっていたというのですね(笑)

 番組ではトークの中で浜辺の母から入手した情報を紹介。「娘さんと親子げんかしたことは?」の問いに対する「思春期まっただ中の中学生の頃、(子供の頃から芸能活動をしていた浜辺は)仕事で学校を休むことが多かったのですが、しばらく学校を休むと行きづらくなるらしく、『学校へ行け』『行かない』でよくけんかをしました。パパが車に娘を詰め込んで送ることもありました」という母の回答が紹介された。

今の浜辺さんからはなかなか想像することができないのですが、時にはお父さんから無理矢理車に詰め込まれることもあったということなのですね^^

このように当時の浜辺さんは今では考えられないほどに生意気な女性だったということなのですが、確かに引っ込み思案な浜辺さんからすると仕事で何日も休んだ後に学校に行くというのは少々つらいことかもしれません(笑)

ちなみに私であればむしろ「美波ちゃん、この前ドラマ出てたでしょ!」などというふうに言ってもらえる可能性があることから学校に行くことは楽しみになりそうなものなのですが、生来の引っ込み思案気質である浜辺さんからすればそのような考え方は決してできなかったのでしょう(笑)

まぁこの辺りも浜辺さんらしくていいところだと思うのですが、それでも浜辺さんは今ではかつてのこのような振る舞いを反省しているようで、番組では「申し訳なかったです」と懺悔していたというのですね(笑)

とは言えやはり幼い子供の頃なのですから親に対してわがままを言ったり生意気を言ったりするのは誰でも通る道であることでしょう。

あの浜辺さんもさすがにご両親の前では少しわがままな一面が出てしまうようで、このように度々衝突してしまっていたというのですが、実は浜辺さんの場合はご両親とだけではなくマネージャーさんとも度々喧嘩していたというのですね(笑)

浜辺美波はマネージャーとも喧嘩していた!?

ここまで浜辺さんは意外にも反抗期が激しく、ご両親(特に母親)と度々喧嘩していたということについて見ていったのですが、実は思春期の頃の浜辺さんはご両親とだけではなくマネージャーさんとも度々喧嘩していたというのですね(笑)

――思春期のころにマネージャーさんとケンカして「地元に帰ってやる!」と羽田空港に向かったというエピソードも面白かったです(笑)

同じ人かもしれないです。厳しい人だったのでケンカもよくしましたが、長くついてもらいました。

――その時、帰らなくてよかったです。

そうですね(笑)

今では人気女優として活躍されていることからこのように不安定だった頃の時期の姿は想像することができないのですが、浜辺さんはご両親とだけでなくマネージャーさんとも喧嘩していたというのですね(笑)

とは言えあの浜辺さんがここまで素の感情をさらけ出すことができていたのですから、個人的にはこのマネージャーさんのことを信頼されていたのではないかと思うのです^^

浜辺さんの性格上それほど仲良くない方に対してはなかなか自分から意見を言うことはできないのではないかと思うことから、私としてはむしろこのマネージャーさんを信頼していたからこそ喧嘩することができていたのではないかと思うのですね。

そしてこのように浜辺さんは意外と思春期の頃は感情が不安定でご両親やマネージャーさんと喧嘩されていたというのですが、それでも現在の浜辺さんはご家族に対して感謝の気持ちを忘れていないようで「家族のためにも頑張ろう!」と思っているというのです。

――著書『気ままに美波』によると、お母さまは浜辺さんが小さいころから「いつか結婚しても、絶対に車で10分以内の場所に住んでね」と言い聞かせていたと。東京でのひとり暮らしは心配されたのでは?

すごく大切に思ってくれる家族なので、本当は止めたい気持ちがありつつも送り出してくれたんだと思います。寂しいだろうなっていう思いは感じましたね。

だからこそ、家族に後悔させないようにお仕事を頑張ろう。「あの時、送り出さなきゃよかった」って思われないように…っていう力にもなりました。

前章でのエピソードを見ると浜辺さんとお母さんは仲が悪かったのではないか?とも思えるのですが、実際にはそのようなことはまったくないようでお母さんも浜辺さんを大切にされており、逆に浜辺さんもご家族を大切にされているということなのですね^^

浜辺さんを見ると本当に若いにもかかわらず一切調子に乗らずに謙虚な姿勢を失わない素晴らしい方だと思わされるのですが、その背景にはやはり愛情深いご両親の存在があったのではないかと思うのです。

浜辺さんはまだ20歳(2020年11月現在)と非常に若い方なのですが、これだけ若いにもかかわらずここまでご両親に対して感謝の気持ちを素直に伝えることができる方はそう多くはないのではないかと思うのですね。

若いにもかかわらずご両親とこのような関係を築くことができる理由はやはり、ご両親も浜辺さんもお互いがお互いを大切にされており、そしてそれがお互いにしっかりと伝わっているからなのではないかと思うのです。

まだまだ若いことから今後は女優としてのさらなる飛躍が期待されている浜辺さんなのですが、どうかこのような部分は変わらず、今の謙虚な姿勢を大切にしたまま女優として飛躍してほしいものですね^^

スポンサードリンク
Pocket